follow me

新着図書★★

diamonddiamond神戸ファッション美術館3Fライブラリーより、新着図書のご紹介ですdiamonddiamond

DSCN9274

キッチンとダイニングのレシピ   2404/KIC
Designing with Flowers   2506/DES
Hello Kitty Collaborations   2505/HEL
100 Classic Toys   2505/100
クラシカルスタイルのド−ルーコ−ディネイト・レシピ   2505/KUR
メタモルフォシス   2505/MET
和のドール・コーディネイト・レシピ 着物、小物作りから、ヘアアレンジまで   2505/WAN
The French-Inspired Home   2410/FRE
Rachel Ashwell   2410/RAC
Handmade Living   2410/HAN
Ribbons & Trims   2410/RIB
Rivolta Carmignani   2407/RIV
Tifaifai   2407/TIF
American Toile   2407/AME
Quilts and Color   2407/QUI
キャス・キッドソンのつくり方   2407/CAT
Retro Furniture Classics   2406/RET
看板建築・モダンビル・レトロアパート   807/KAN

以上となります。これらの書籍は各書棚に配架しております。

是非ご覧ください。

train

  • 2014/12/27 |
  • 12:43 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

特集展示「衣服にできること―阪神・淡路大震災から20年」関連イベント

特集展示「衣服にできること―阪神・淡路大震災から20年」関連イベントのお知らせです。

特集展示「衣服にできること―阪神・淡路大震災から20年」関連イベント

■トーク
阪神・淡路大震災20年・語り継ぐこと/リレートーク vol.2ファッションとアートの繋がり
阪神・淡路大震災20年の節目に、被災地エリアの館での震災関連事業として、各館担当者が会場をリレートーク形式でつなぎ震災を語り継ぎます。
日時2015年1月24日(土)14:00-15:00
会場展示室およびフリースペース
お話松本ひとみ(デザイン・クリエイティブセンター神戸)、和田かおり(当館学芸員)
※申込不要/要入館料
[連携館]  明石市立文化博物館、芦屋市立美術博物館、C.A.P.、神戸アートビレッジセンター(KAVC)、神戸ゆかりの美術館、デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)、BBプラザ美術館、兵庫県立美術館/12月1日現在。
詳しくは「阪神淡路大震災20年・語り継ぐこと/リレートーク」のFacebookページをご覧ください。http://www.facebook.com/relaytalk

 

■トーク
心を繋ぐ衣服と伝統文化
日時2月8日(日)14:00―15:30(13:30開場)
お話し眞田岳彦(衣服造形家、女子美術大学教授、東北芸術工科大学客員教授)、 日髙真吾(国立民族学博物館准教授)
会場4階セミナー室
定員100名(先着順)
※要申込/参加無料

人は古くから、地域の祭や工芸を災害からの復興に役立ててきました。
被災地で文化財の修復と伝統芸能復興支援をする日高氏と、災害による心の傷の緩和を衣服と繊維の特性を活かし「心を包む衣服」を制作してきた眞田氏が、「文化」の視点から「人をつなぎ、心をまもる防災」を考えます。また、今回の展示作品「Prefab coatrice KOBE」(日本産米を含有したシート)の非常時の利用法もご紹介します。

日髙真吾/学生と共に行った被災文化財の応急処置作業 2011年 眞田岳彦/「心の布」体験会 「越後妻有アートトリエンナーレ大地の祭り林間学校2011夏」
写真左:日髙真吾/学生と共に行った被災文化財の応急処置作業 2011年
写真右:眞田岳彦/「心の布」体験会 「越後妻有アートトリエンナーレ大地の祭り林間学校2011夏」

 

■ワークショップ
繋げてつくろう!わたしだけのスペース
日時3月15日(日)①11:00―12:30 ②14:00―15:30(終了予定)
講師津村耕佑(ファッションデザイナー、武蔵野美術大学教授)
対象4歳から大人まで(小学生以下は保護者送迎)
定員各回ペア15組(応募者多数の場合は抽選)
参加費入館料(小中高65歳以上250円、一般500円)
申込締切3月8日(日)当日消印有効
協力川上産業株式会社、ダクロン(R)ブランド
※要申込/要入館料(のびのびパスポート持参で、小中学生は無料)

展覧会出品作家の津村耕佑さんと一緒に、プチプチ®でできたパズルを組み合わせてオリジナルのスペース(空間)を作りましょう。たくさんの種類のパズルから使いたいものを選び出し、どんなスペースにするか考えながら組み合わせていく、身体全体を使って造形するワークショップです。

 

[トーク・ワークショップの申込方法]
Eメール・FAX・往復ハガキのいずれかに「住所・氏名・年齢・性別・電話・参加イベント名・参加希望時間」 を明記の上、 お申込みください。
Eメール:workshop●fashionmuseum.or.jp(●を@に変えて送信して下さい。) 
FAX:078-858-0058 
往復ハガキ:〒658-0032神戸市東灘区向洋町中2-9-1神戸ファッション美術館

 

■ギャラリートーク
日程2月14日(土)、3月21日(土)、4月4日(土)
時間いずれも14:30~(約30分)
解説当館学芸員
※予約不要・展示室をご覧の方は無料

 

神戸ファッション美術館