follow me

特別展示「1950-70年代の阪神間スタイル 」、特集展示「衣服にできることー阪神・淡路大震災から20年」

特別展示「1950-70年代の阪神間スタイル 」、特集展示「衣服にできることー阪神・淡路大震災から20年」のお知らせです。

特別展示 1950-70年代の阪神間スタイル

特別展示
1950-70年代の阪神間スタイル
 

2015年1月17日(土)~4月7日(火)
休館日:水曜日、1月8日(木)―16日(金)、2/12(2/11は開館)

主催:神戸ファッション美術館
協力:石田洋服店、石津事務所、上田安子服飾専門学校、株式会社 クラブコスメチックス、神戸ファッション専門学校、株式会社ヒロココシノ、専門学校 田中千代ファッションカレッジ、廣瀬忠子、株式会社マキシン、株式会社 マリークヮント コスメチックス、株式会社マンダム、武庫川女子大学
後援:Kiss FM KOBE、繊研新聞社
展示協力:大阪樟蔭女子大学

1950-70年代の鮮やかなライフスタイル

大阪から神戸へと広がる風光明媚で温和な気候の阪神間は、第二次世界大戦以前から都会的、文化的な発展を遂げた地域として知られています。戦後の混乱を脱して生活が落ち着いてきた頃、ここにも洋裁学校や洋裁教室が相次いで開設され、洋裁指導者やデザイナーにより欧米の流行を敏感に取り入れながら、鮮やかなファッションのスタイルを生み出していきました。パリファッションとの衝撃的な出会いの後、アイビー、ミニスカート、ヒッピー、フォークロアなどのムーブメントが次々と生まれました。
本展では、田中千代、原田和枝、上田安子、石津謙介、コシノヒロコをはじめとする、阪神間から時代をけん引してきたデザイナーたちの作品、百貨店と海外のメゾンとの連携で生まれたドレスなどによって、ファッションにおける阪神間の特性を紹介するとともに、服飾小物やヘアメイクの史料により、今再び注目されつつある1950-70年代のライフスタイルをふり返ります。
 

– – –

 
特集展示 衣服にできること―阪神・淡路大震災から20年

特集展示
衣服にできること―阪神・淡路大震災から20年 

2015年1月17日(土)~4月7日(火)
休館日:水曜日、1月8日(木)―16日(金)、2/12(2/11は開館)

主催:神戸ファッション美術館
企画協力:眞田岳彦、津村耕佑
協力:川上産業株式会社、ダクロン(R)ブランド、丹野最世子、藤本ハルミ、株式会社 良品計画
後援:Kiss FM KOBE、繊研新聞社
展示協力:大阪樟蔭女子大学

私たちは日々、衣服を自身の好みで選び身に纏っています。その色合いや素材の風合い、デザインが身体に寄り添うことでリラックスしたり、装う場面によっては緊張を伴うこともあります。一方災害時の選択は、厳しい環境から身を守ることに重点が置かれます。「家をなくしてしまったとき、人を最後にプロテクトするのは服になる」というコンセプトのもとに生まれた衣服[FINAL HOME]誕生後、ファッションデザイナーとしての使命を軸にファッションと社会や環境との関係性を考察する作品を発表する津村耕佑。また、アートプロジェクトと衣服を通じて「幸せに生きるきっかけ」を提案する衣服造形家・眞田岳彦が災害等の心傷の緩和を目的に制作をする「Prefab Coat」シリーズの紹介をします。本展のために神戸の人々の声を参考にした新作「Prefab Coat Rice KOBE」も展示します。
2015年は阪神淡路大震災から20年にあたります。本展では、震災後に開催された復興を支援するファッションショーで紹介された作品も展示します。

 

詳細はホームページをご覧ください。
特別展示「1950-70年代の阪神間スタイル
特集展示「衣服にできること―阪神・淡路大震災から20年 

 

神戸ファッション美術館

  • 2014/12/14 |
  • 12:39 |
  • お知らせ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

てつのくじら

先日、日帰りで広島まで足を延ばしました。

以前世界遺産の厳島神社にはお参りしたので、今回の目的地は呉です。

駅看板

駅から少し歩くと、わかりやすいランドマークの目的地が見えてきました。

道

明治期から旧海軍の軍港として栄えた呉では、昭和に入るとその卓越した造船技術を駆使して多くの軍艦、航空機を製造しました。

その一つが世界最大の戦艦「大和」。呉は大和のふるさとでもあります。

そこで、まずは大和ミュージアムから見学します。

大和ミュージアム

 

入場してすぐに見えてくるのは、1/10サイズに再現された、戦艦「大和」。

大和正面

 

当時艦上で働いていた方々の息遣いや想いが聞こえてきそうなくらい、精巧に再現された大和に思わず釘づけになります。

大和俯瞰大和1大和うしろ

 

乗組員の方の遺書やゼロ戦や潜航兵器など悲しい歴史をもつ実物展示もありました。

ゼロ戦

戦艦「大和」の生産方式は、のちに世界を先導するまでに成長した日本的生産方式の源流となったといいます。平和の尊さをかみしめる展示でした。

続いて向かった「てつのくじら館」では、何と実物の潜水艦の中を見学できるんです!

てつのくじらかん

自衛隊の潜水艦はすべてMade in KOBE。ご縁を感じながら、いざ内部に潜入です。

廊下

内部の狭さをカバーするため、居住区は驚くほどコンパクトにまとまっています。

なんと個室は艦長室だけ。

艦長室

下士官のみなさんは、寝るのにも技術がいる三段ベッドとロッカーだけが自分の城です。

下士官室

 

1日3交代制、乗員75名でこの大きなてつのくじらを動かすので、気力体力ともにハードなサブマリナーたち。それ故に食事は自衛隊一豪華だそうです。

食事

艦橋で潜望鏡も触らせていただき、気分が「ザ・海の男」になったところで、海軍カレーを頂いて呉を後にしました。

カレー

 

上記2館ではダイナミックな実物展示を堪能しましたが、神戸ファッション美術館では、繊細なデザイン・手仕事を満喫できる「ファッション史の愉しみ-石山彰ブック・コレクションより-」を好評開催中です。

会期も残り1カ月。皆様のご来館をお待ちしております。

まるも

  • 2014/12/14 |
  • 10:00 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!