follow me

一紙一字

先週辺りから寒い日が続きますね。
mapleを通り越して、冬snowがもう目の前に迫ってきている気がします。

前回のブログでもご紹介させていただきましたが、
11月15日(土)、16日(日)に神戸・元町のみなせ画廊にて茜真会書展が開催されました。
私の先生のお父様主催で、先生を始め、その生徒さんたちの作品が展示されました。

もちろん私の作品も・・・
「 義 」
祖父の名前の一文字を書きました。
力強くて、かつ何でも器用にこなす祖父をイメージして。

o-4

「 奏・願・笑 」
こちらはミニ作品です。
たくさんの笑顔を奏でられるように願いながら、過ごしていけたらという願いを込めて・・・。

o-5

どちらの作品も、額装に助けられている部分がありますが先生からもいいね!とお言葉をいただきました。

先生とお父様の合同作品もありました。
「 戯適 」
o-6

先生の作品。
遊び心満載です。
40枚以上、一発勝負で文字を書いて額に入れただけとおっしゃっていました(笑)
また鐡職人とコラボで、鉄で文字を作ったり・・・本当に自由です。
o-7

幼・小・中学生の生徒さんによる、合同作品。
練習の時に拝見しましたが、まさかこんな形に展示されるとは思ってなかったので驚きました。
これも1つのアイデアだなと感じました。
o-8

展示方法一つで、一文字一文字の印象が変わっていくのだなと今回の展示を見て感じました。
画廊を見た後に、元町や南京町、栄町など神戸の街も散策しました。
面白い雑貨屋さんやアクセサリーや手芸のパーツ屋さんなど、日曜日だったのでたくさんの人で賑わっていました。
六甲山ではミーツアートも開催中ですし、神戸の街も芸術の秋一色ですsign01

神戸ファッション美術館・ライブラリーではたくさんの書籍、雑誌を取り揃えております。
新着図書、雑誌もぞくぞく届いております。
皆様も日頃の暮らしに芸術の秋を取り入れてみませんか?
ご来館お待ちしております。

spade 青蓮 spade

  • 2014/11/17 |
  • 14:53 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!