follow me

ワークショップ「ガリ版でMyファッションプレート」

アーティストの水口菜津子さんを講師に、ガリ版をつかって、ファッション・プレートを制作するというワークショップを開催します。

ワークショップ「ガリ版でMyファッションプレート」

皆さまは「ガリ版」という言葉を耳にされたことがあるでしょうか。
50代前後から上の方は、小学校の先生がつかっていたなと思い出される方もいるかもしれませんね。実は日本で発明されたものなのです。
ガリ版とは、1894年に滋賀県の近江商人であった堀井新治郎父子によって開発された印刷法で、謄写版とも呼ばれています。蝋原紙にやすりをのせて、鉄筆でガリガリと下絵をこすっていく、その音からガリ版とも呼ばれているようです。今回のワークショップでは、3色の色をつかってファッション・プレートを作成します。

ワークショップ「ガリ版でMyファッションプレート」

3時間ほどのワークショップで、始めにガリ版について少しお話していただき、その後、各自で制作にはいります。

ちなみに「ファッション・プレート」というのは、写真が発明される以前に、当時の最先端のファッション、流行を伝えるために描かれたファッション画のことです。特にフランス人のジャン・ソーデによるポショワールという技法をつかったファッション・プレートは、淡く美しい色合いを特色とし、その精緻な技法により見るものを魅了します。
現在開催中の「ファッション史の愉しみ-石山彰ブック・コレクションより-」では、約450点のファッション・プレートをご覧いただくことができます。
見て愉しむ、ワークショップで制作して楽しむ!
ぜひ皆さま、「ガリ版でMyファッションプレート」にご参加ください。

 

「ガリ版でMyファッションプレート」
日時:11月3日(月・祝)13:00-16:00
会場:神戸ファッション美術館4階セミナー室
参加費:1000円
定員:20名
対象:中学生以上
申し込み方法:「住所・氏名・年齢・性別・電話・「ガリ版でMyファションプレート参加」と明記の上、Emailかファックス、往復はがきでお申し込みください。
E-mail: workshop●fashionmuseum.or.jp(●を@に変えて送信して下さい。)
Fax: 078-858-0058
往復はがき:〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中2-9-1 神戸ファッション美術館