follow me

「ファッション史の愉しみ」展覧会カタログ販売中!

現在開催中の特別展示「ファッション史の愉しみ―石山彰ブック・コレクションより― 」展の展覧会カタログを販売中です。

ファッション史の愉しみ 展覧会カタログ 神戸ファッション美術館

ファッション史の愉しみ―石山彰ブック・コレクションより― 
展覧会カタログ

1,500円(税込)

16世紀の文献とファッション・プレートに始まり、19世紀のファッション・ブック、20世紀初頭ファッション雑誌の中で、最も美しくハイクオリティだった雑誌として今でも語り継がれている「ガゼット・デュ・ボントン」などのファッション・プレートや、洋装化日本の錦絵など・・・
ファッション史の愉しみがたっぷり詰まった内容になっています。

 

神戸ファッション美術館

【告知】10/25無印良品とファッション 受付中!

2014年度 秋期服飾文化セミナー第1回目が今週末の土曜日にせまってきました!

誰もが一度は目にしたことがあろう、もしくは手に取ったことがあろう「無印良品」。
関西で「無印良品」の衣服づくりの裏側をうかがえる珍しい機会です!

この機会に、神戸ファッション美術館で、
消費や流行のためだけでない暮らしのなかの衣服の在り方を考えてみませんか?

10月25日(土) 14時から15時30分 (開場13:30)
「無印良品が考える感じよい暮らしとファッション」
講師:永澤三恵子氏
(株式会社良品計画 衣服・雑貨部 企画デザイン室長)

1980年に西友のプライベートブランドとして生まれた「無印良品」は、生活者の視点から衣料品、家庭用品、食品など日常生活に不可欠なものを手がけてきました。素材を活かし、シンプルで、リーズナブルな価格の商品をめざし、結果として生産者や環境にも配慮できる商品開発をめざしている企業として、近年では「感じのよい暮らし」を提案しています。「くらし」への感心をいち早く察知し、30年以上もの間その独特の美的感覚を人びとに届けてきた無印良品が考える「感じのよい暮らし」とファッションとは?

2_1

※2回目、3回目も好評受付中です。

【第二回】11月9日(日)
「着る人と作り手を繋ぐお直し」
講師:横尾香央留氏 (手芸家)

【第三回】
12月13日(土)
「ファションのあたらしい未来をみんなでつくる、学ぶ、考える」
講師:伊豆藏直人氏(株式会社ひなや 代表取締役)