follow me

ソウルアート巡り

私事ですが、半月ほど前韓国に行ってきました。
韓国には何度か訪れたことがあったのですが大抵弾丸食の旅。
今回は比較的時間がとれたので、昨年開館されたばかりの国立現代美術館ソウル館に行ってきました。
美術館

ちなみにここ、以前まだ建設途中の頃に通りかかった時から気になっていたのです。

建設途中

その頃の写真です。遊び心溢れる仮囲い…しかしとても際どい…(笑)



中庭 外
ミュージアムショップ カフェ

地下から地上3階まで、複数の展示室はもちろん、ブックカフェや図書館、映画館等とても充実していました。
展示は現代美術らしく、個性的なものが多かったですが、
絵や彫刻に限らず、映像や音声、体感型のものなど、本当に様々なジャンルのアートを楽しめました!
国立現代美術館ソウル館のHPは、日本語閲覧も可能です。→コチラ


お次は今年三月オープンしたばかりの、東大門デザインプラザへ。
元々球場などスタジアムがあった場所の跡地に作られた、アート・デザインに触れられる観光名所。

デザインプラザ

ここで「CULTURE CHANEL, The Sense of Places」展が開催されていました。
ガブリエル シャネルに多大なるインスピレーションを与えた数々の場所を通じて、「シャネル」のクリエイティブな物語に迫る展覧会。

シャネル展3

シャネル展1 シャネル展2 シャネル展4
照明を極力落としたとても雰囲気のある空間でした。

 

韓国語はまったく読めない、話せないのですが、アートに国や言語は関係ないことを改めて実感。
とても有意義な旅になりました。

神戸ファッション美術館は展示替え期間に入っております。
一週間ほど準備の為お休みを頂き、10月18日(土)より、
第三期展「ファッション史の愉しみ ―石山彰ブック・コレクションより― 」の展示がスタートします。
楽しみにしていてくださいね!

clock

  • 2014/10/09 |
  • 14:07 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!