follow me

季節の移ろいゆくのは本当に早いもので(年のせいかもわかりませんが)つい先日まで、蝉たちが耳が痛くなるほど鳴いていたのに、もう一匹も鳴いてなくて、トンボたちが蝉に取って替わってきました。

(食欲の秋のためか、お腹の虫は相変わらずよく鳴いていますが)

美術館の上空も抜けるような秋の青空です。

DSCN0092 (2)

(美術館紹介に使っているアングルを真似てみました)

gaikan_tate(美術館紹介用写真です)

(このブログのネタとはちょっと離れますが、美術館前の木々が大きく育って、同じアングルにしようとすると、木が邪魔になってしまいます。美術館が出来て17年です……)

 

今年の藍のワークショップを頑張ってくれた藍たちも、その役目を終えています。もう刈り取って土にすき込み来年の藍たちの栄養になってもらうことになります。

DSCN0094 (2)

本当に早いもので、現在開催している「世界のファッション」展も10月7日までと、終わりまでちょうど2週間になってしまいました。

いつもですが、展示会の終わりが近づいてくるとちょっと寂しくなってきます。

まで、見ておられない皆さま、もう一回見てみたいと思っておられる皆さま、あと2週間です。くれぐれも「あっ!気がついたら終わってた…」とならないようにお気を付けください。

 

YOU

最後の関連イベント

★「世界のファッション」展、最後の関連イベントは10/5(日)となります。

 

マガジンカフェ

ョナル ジオグラフィックの雑誌や映像などがご覧いただけるスペースで、関西で出張スタイルのコーヒースタンドとして活動するBRIDGEにより厳選された世界のコーヒーを楽しめるカフェが4日間限定でオープン。自家焙煎された世界のコーヒーと焼き菓子でゆったりとご一服ください。

出店:OWN ROASTED COFFEE 『BRIDGE』

時間:11:00―17:00(材料がなくなり次第終了予定)
申込不要/要入館料
場所:神戸ファッション美術館 カフェスペース

※ギャラリーツアー前後は混雑が予想されますので、ゆっくりとカフェをを楽しまれたい方は時間をずらしてご利用いただくことをおススメします。

10428496_521243584671247_5273002104964748335_n

ギャラリーツアー

神戸ファッション美術館と神戸ゆかりの美術館2館で開催中の関連する展覧会を 各館学芸員がリレーで世界を旅するようにご案内します。

時間:14:00―15:00(終了予定)
申込不要/要入館料
集合場所:神戸ファッション美術館 エントランスホール

DSC06862

★10月3日は、「KOBE観光ウィーク」で神戸ファッション美術館も入場料が無料となります!

 

 

 

【レポート】本屋でトークイベント

先日9月20日、おかけげさまをもちまして、
「世界のファッション」展開催記念

西谷真理子✖️葛西陽子トークショー@スタンダードブックストアが
無事終了しましたことをご報告します。

photo 2
2時間ほどの会は、
ナショジオの写真とそれらに見るファッションの系譜から始まり、
神戸ファッション美術館でも展示中のファッション写真や
山本耀司さんやヴィム・ベンダースに影響を与えたとも言われる
アウグスト・ザンダーやその他のファッション写真についても
掛け合いでご紹介いただくという、豪華な内容でした。

「100年前も今も着る人のオシャレ心は変わっていないのでは。」
という西谷さんの最高に格好いいお言葉で締めくくられ、
会は熱気を帯びたままお開きとなりました。

参加くださったお客様からは、こんな素敵な感想をメールで頂戴しました。

「ナショナルジオグラフィックの記録写真が、
ファッション写真になるって、かっこいい!
ファッションに関しては全くの素人ですが、
服って、暮らしと密接に関わっているから面白い。
その人の生活そのものを表すんですね。
自分ごととして捉えやすかったです。」

お越しくださった皆様、
西谷さん、葛西さん、
トークショーを開催くださったスタンダードブックストア様
ほんとうにありがとうございました!

★9月25日まではスタンダードブックストアのカフェがミニファッション美術館風に写真パネルをご覧いただけます。

この機会にスタンダードブックストアにもお立ち寄りくださいませ。

IMG_9777

文・写真 nj

新着図書のご案内

みなさま、こんにちはsun
神戸ファッション美術館3Fライブラリーより新着図書のご紹介をさせていただきます。

【服飾史 book 】

DSCN8680DSCN8679

Tout sur la mode  請求記号:0302/TOU
1920s Style  請求記号:0303/1920
80s Fashion  請求記号:0303/80S
Dressed to Kill  請求記号:0303/DRE
Hippie Chic  請求記号:0303/HIP
POP  請求記号:0303/POP
Prazske Modni Salony 1900-1948   請求記号:0303/PRA
Sixties Fashion   請求記号:0303/SIX
Fashion Reinvented   請求記号:0499/FAS

 

【デザイン book 】

DSCN8678

BLOWN COVERS  請求記号:3621/BLO
FULLY BOOKED  請求記号:3621/FUL
イメージ別レイアウトスタイルシリーズ  請求記号:621/IME
北欧フィンランドのヴィンテージデザイン  請求記号:3623/HOK
HOLIDA  DESIGN  請求記号:3623/HOL
nendo ghost shadows  請求記号:3623/NEN
One Day  請求記号:3623/ONE
Out of Hand  請求記号:3623/OUT

cuteこれらの本はすでに配架しておりますので、いつでもご覧いただけますcute
ご来館をお待ちしておりますbudshine

  • 2014/09/22 |
  • 13:07 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

ぶらり小京都

先日、晩夏の小京都・龍野へ行ってきました。
とてもゆったりと流れる時間の中で、まず訪れたのは町を見下ろす高台にある龍野城。
龍野城
重厚な石段を登ると、本丸御殿が見えてきました。空のブルーにとても映えます。
正面
内部に入ると、さすが大名の城。
梁や襖などの内装に手仕事で美しい家紋が施され、当時の技術力の高さが伺えます。
はりふすま玉座
でも、茶室などの純和風のお部屋がメインと思いきや・・・
茶室
何と、和洋折衷のお部屋までありました。これも明治維新の影響でしょうか?!
洋室
風景に溶け込んだお城を満喫した後は、町中をぶらり散歩。
龍野は醤油産業が盛んで、今なお現役の風情ある醤油工場がたくさんあります。
しょうゆ工場全景
自販機で醤油も買えます!ヤクルトと醤油が同居する自販機・・・面白いですね。
自販機
そして忘れてはならない龍野の名産・そうめん!
「揖保の糸」のノボリを見てしまっては食べないわけにはいきません。
にゅうめんわかめにゅうめん
一年熟成させた古(ひね)のそうめんはとてものど越しがよく、おいしかったです。
お腹も心も満たされて龍野を後にしました。

神戸ファッション美術館で開催中の「世界のファッション―100年前の写真と衣装は語る―」も、残すところあと2週間になりました。
ファストファッションとは違う、文化と時代に彩られたデザインをぜひお楽しみください。
黄色001

まるも

  • 2014/09/21 |
  • 10:00 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!