follow me

芸術の秋。

みなさん、こんにちは。

秋ですね~maple

街に出ると、暖色系のファッションが増えたなぁと感じる今日この頃。

そして、芸術の秋です。

先日、久々に一人でふらりと映画を見に行きました。

一人だと、やっぱりやめようかなとなることが多いですが、

なぜかすごく惹きつけられてトコトコ行ってきましたcarouselpony

「ぼくを探しに」というフランス映画cafe

boku

いろいろと考えさせられる不思議な内容に色鮮やかな場面、耳にのこる音楽。。

映画館での映画鑑賞、またふらっと行きたいなと思いましたpig

さらに秋の美術館、さまざまな美術館から送られてくる案内のチラシに目を通していると

あっという間に予定がいっぱいになりそうです。

なかでも見逃せないのは京都現代美術館のロベール・ドアノー展。

何年か前に東京へ日帰りで見に行ったくらいなので(^^;

京都はまだ近いしconfident

 

当館の「世界のファッション」展にも大きなスーツケースをもって遠くから来てくださるお客様が

たくさんいらっしゃいます。とてもありがたいことですbullettrain

大きなお荷物は受付でもお預かりしていますので、ご心配のなきよう・・・(^^)

何か気になられることがありましたら、お気軽にお電話ください。

 

話は戻りまして、「世界のファッション」展、民族衣装がたくさんあるのはもちろんですが、

100年前のパリのスタイルや200年くらい前のロココの衣装、ナポレオンの戴冠式、

そして今映画で話題のイヴ・サンローランの衣装も展示されています。

R1006299

R1006303

 

時間がいくらあっても足りないと思われる方も多い、そんな展覧会だと思います。

みなさまこの機会にぜひお越しくださいribbon

stellacherry

 

  • 2014/09/12 |
  • 07:00 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!