follow me

ナショナル ジオグラフィック ワイルドライフ写真展

神戸ファッション美術館1Fエントランスホールでは、ナショナル ジオグラフィック誌面を飾り評判を呼ぶ代表的写真ともいえる、大自然に生きる動物たちを映し出した写真7点を展示しております。

ナショナル ジオグラフィック ワイルドライフ写真展 神戸ファッション美術館

「ナショナル ジオグラフィック ワイルドライフ写真展」
2014年9月6日(土)―10月7日(火)
10:00~18:00(入館は17:30まで)
神戸ファッション美術館 1Fエントランスホール(観覧無料)

 

現在、特別展示「世界のファッション―100年前の写真と衣装は語る―」展で展示中の世界の人びとや衣装を映し出した写真群とはまた一味違った、カメラがとらえた野生動物の素顔をご覧いただきます。

是非、特別展示と併せてお楽しみ下さい。

 

神戸ファッション美術館

ならまち散策

先日、ならまちで気になるイベントがあり、久々に奈良に行ってきました。
奈良が楽しい!という話はよく耳にしていたものの
奈良は修学旅行で行ったことがあるけど…という昔の偏った記憶と、
ちょっと遠いしな~、というなんとなくの思い込みで
なかなか足を運ぶことがありませんでした。

 

ならまちエリアを訪れたのは初めてだったのですが、来てみてびっくり!
江戸末期から明治にかけての町家の面影をのこす古い街並みにわくわく、そしてどの小路を曲がってみても、あちこちにカフェや雑貨屋さん。
welcom!のボードを見つけ、明らかに人様のおうちの裏…と少し戸惑いながらも矢印の通り塀と民家の間を奥へ奥へ進むと、そこにも小さな雑貨屋さんが。
宝探しのような気持ちになりました!

途中お手洗いを借りた「奈良市ならまち格子の家」
昔の町家をモデルに建てられた施設のようで、昔の暮らしが体感できます。
格子の家2 格子の家3 格子の家
木造、離れのお手洗い、懐かしい!二階にも上れます。


裏の井戸には小さなお地蔵さん
地蔵

どこもお客さんで賑わっていましたが、みんなのんびり過ごしているからか、
ごちゃごちゃザワザワとせず、ノンビリした空気が変わりません。

 

最後に元興寺へ。
ならまちの大半は、ここ元興寺の元境内。
御朱印を頂く際に、受付の方が気さくに色々とお話をしてくださり、とても勉強になりました。
元興寺2
国宝の極楽堂。風がとても気持ちよく、少しの間ここに座ってゆっくり。

元興寺

日本最古の瓦葺き、行基葺きが美しいです。

蛙石
かえる石

今まで、行きたい気持ちはあるけど遠いし…
と、なかなか重い腰のあがらなかった私ですが、勿体なかった!と少し反省…
まだまだ回れなかった場所を見てみたくなり、また行きたいなぁと思える素敵な場所でした。
やっぱり、気になっているところには実際に行ってみなければ勿体ないですよね。

 
ただ今神戸ファッション美術館では、「世界のファッション」展を開催中です。
ファッション美術館が気になっているけど、少し遠いし…
六甲ライナーで島に渡るのは大変だし…と思っている皆様、
少し足を延ばして、ぜひ実際に、神戸ファッション美術館に来てみてくださいね。

clock

  • 2014/09/11 |
  • 10:00 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!