follow me

mim作家展示会

神戸ファッション美術館 3階 museum in museum より作家さんの展示会のお知らせです。

New Jewelry -PLUS- @ CLASKA

NJ

【会期】
2014年9月5日(金) 16:00-20:00 レセプションパーティー
※簡単なフードとドリンクをご用意しておりますので、どなたさまでもお気軽にご来場下さい。
2014年9月6日(土) 11:00-20:00
2014年9月7日(日) 11:00-19:00
【 会場】
CLASKA The 8th Gallery
Add. 東京都目黒区中央町1-3-18 CLASKA 8F
Tel. 03-5773-9667
URL. CLASKA HP

2010年よりスタートしたNew Jewelryは、ジャンルやカテゴリーを問わず、新しくクリエイティブなジュエリーを一般のお客様に向けて紹介する展示販売会です。
今年で5周年を迎える”New Jewelry”の新しいプラットフォームとして、来る9月に初出展のブランド45組を集めた”New Jewelry -PLUS-”を開催いたします。
New Jewelryでは初お目見えの可能性に満ちたブランドが、新しい感性のジュエリーを多数発表。
「見て、買って、体感する」のコンセプトはそのままに、参加するクリエイターがお客様と交流してこそできる”New” Jewelryを、あなた好みの1品を、誰より先に発掘しに、是非いらして下さい。

Exhibitor

A.I.bijoux / Ai Kojima / amiinah / annie an / Antamina / bico / carula / chiiiiiiico / ciito / COSMOS NOSTALGIE / DD:WW / eMu / F&F / Fil et bijou / funayama naoko / Hallelujah / HISTORIE / hHOME / Hitomi Hashimoto / jardim / kakaano / KARIN -inspired by nature- / KiKKOU / Lamie / Lissita / Luce macchia / Manon Flier / mieux / MINIMUMNUTS / mk / moi.toi. / MONMANNEQUIN / ohrora / phenomena collection / Smoet / somnium / uM / Veriteco / warm warm / Wittina / XSORI / yu / 呼波 / 鶫 tsugumi 銀小物製作所 / ミズイロトシロ

New Jewelryを新しく盛りたててくれる、新しい数々のブランドに、是非ご期待下さい。

énigmatique
mizobe sachina exhibition

enigmatique1 enigmatique2

【会期】
2014年9月13日(土) - 27日(土)
OPEN:火・木・土・日 12:00-18:00

【会場】
MARUNI
神戸市中央区栄町通3-1-7
栄町ビルディング4F 402号

鞄とわたし。
鞄を身につけると一体となり
離れると 分身するように
かたちを変えて 存在する。

革に魅せられる不可思議なかたち

秋冬の展示販売会、鞄・アクセサリー・オブジェを発表します。

énigmatique HP

みなさん、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

museum in museum

  • 2014/08/28 |
  • 18:14 |
  • ミュージアムショップ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

くれぐれもお忘れなきよう

神戸ファッション美術館では展示品の保護のために傘の持ちこみを禁止させていただいています。

そのため、美術館玄関には大きめの鍵付傘立てを用意しています。

今年の夏は天候が不順で、傘をお持ちになってのご来館が多くいらっしゃいますが、その分傘の忘れ物も多くて…

一定期間置きっぱなしになっている傘は美術館で保管することも可能なのですが、鍵付の傘立てのため、傘をはずしても鍵無しでは利用できません。

神戸ファッション美術館 傘立て

置き去りにされた傘達を見ていると、多くはいわゆるビニール傘なのですが、一部は結構高価そうな傘もあります。

傘を忘れて帰られても、島内の方以外は運賃を払ってまではなかなか取りに来られません。

それと、コインロッカーもあります。

神戸ファッション美術館 コインロッカー

ここでも、時々荷物をお忘れになる方がおられます。

美術館では、不審物の危険もありますので数日経つと鍵を開けて中の荷物を取り出し、一定期間保管したのち、取りに来られない場合は遺失物として警察に届けています。

忘れられた傘や荷物達も可哀そうなので、美術館に傘や荷物を持って来られた方は是非忘れずにお持ち帰りください。

 

現在展示会開催中の「世界のファッション展―100年前の写真と衣装は語る―

手前みそながら、ポスターのキャッチコピー『西洋がコルセットを脱いだ時、世界は何を着ていたのか?』がなかなかいいねってお言葉を聞かせていただくことがあります。

このコピーを考えた学芸はちょっと鼻高々かも…です。

会期は10月7日までです。

9月に入るとむしむし加減も少しは和らぐと思いますので、みなさんどしどしお越しください。

 

YOU