follow me

「丸山景観」全集大成展に行ってきました。

先日、東京の表参道ヒルズで開催されていた、
デザイナー、丸山敬太さんの20周年記念「丸山景観」全集大成展を見てきました。

entrance
提灯の門をくぐると、ファンタジーな世界観に一気に気分が高揚!
どこを見ても華やかで可愛らしく、どこから見て行こうかとワクワクしました!

K.M1
繊細な刺繍や大胆な色合いに目をひかれ、まるで物語のなかにいるような気分になります。

K.M2

K.M3
撮影可能なブースが限られていたため、勿論写真はほんの一部です。

丸山さんが多く手掛けているDREAMS COME TRUEの衣装も30点展示されていました。
あのときの紅白で見た衣装だ!と懐かしく思ったり、
似合いそうだなぁとご本人を思い出したり。
衣装だけでなく、テキスタイルも綺麗で興味深く、
色々な形で丸山さんのデザインの世界を感じることができた展覧会でした。
展覧会は残念ながら終了していますが、ファッションプレスの記事
少し中の様子を覗き見ることができます。

また、印象に残ったのは、ケイタマルヤマの衣装を身に纏ったモデルさん、女優さんたちの写真。
皆さんとってもイキイキ、キラキラしていて、本当に綺麗でした。
当然のことながら、やはり衣装は、「人」とつながっているのだと強く感じました。

神戸ファッション美術館では、「世界のファッション ―100年前の写真と衣装は語る―」を開催中です。
時代のなかで人々がどんな衣装を身に纏っていたのか、ぜひ触れてみてください。

clock

  • 2014/08/24 |
  • 10:00 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!