follow me

1枚の写真から

私事ですが、歴史が好きです。

物語としての英雄伝説も良いのですが、名もなき民がどのような暮らしをして一生を終えたのか、興味あるとことです。

今神戸ファッション美術館では、ナショナルジオグラフィクが撮った100年前の人々の姿と、その人々が着ていた民族衣装を展示しております。

9人息子の家族

例えば、この写真は1916年(大正5年)に撮られたカナダ東部に住む9人の息子と両親です。

当時としても珍しい家族ということで撮影がなされたかもしれませんが、この写真を見ていると、立派な髭を蓄えているわりには控えめなお父さん、9人のこどもを生んだ堂々たるお母さんの立姿、それぞれの個性がにじみ出ている息子たちの顔。

この家族の100年にわたる悠久の歴史を書けたら、一つの物語ができそうですが。

DSCN1525

DSCN1526

DSCN1527

今、神戸ファッション美術館では、「特別な日の特別なよそおい」「暮らしのなかの服装」「おしゃれな女たち」等色々なテーマで、100年前の写真とそれに関連する収蔵衣装とを展示しています。

また、旧カフェにおいても、ナショナルジオグラフィックの雑誌を見ることができます。

DSCN1537

夏の暑い一日、神戸ファッション美術館で悠久の時間を過ごされてはいかがですか。

TK