follow me

ミュージアム活用術はじまりました

みなさん、こんにちは。

以前告知しましたが、神戸ファッション美術館、神戸ゆかりの美術館も参加している

美術館・博物館と学校の連携を考える研修会、

『先生のためのミュージアム活用術』が始まりました。happy02

昨日7日(土)に第1回目の研修会が無事終了しましたのでご報告いたします。happy01
会場は神戸市立博物館です。flair

博物館では『ボストン美術館浮世絵名品展北斎』にあわせて
浮世絵版画刷り体験の研修が行われました。

刷るのは「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」の縮小バージョン。

使用する版木は京都の彫師さんに彫っていただいたものだそうです。

__ 2

 

本画サイズでもかなり繊細な彫りですが、縮小版はもっと緻密。さすが職人技。

__ 1

主版からはじめて、波、船、空と版を重ねていきます。

ムラなく美しく刷るためには、絵具の濃度、糊の分量、

版木への絵具のなじませかた、紙の湿り具合、

見当あわせ、バレンの動かし方等々、注意する点がたくさんあり、

段取りと慣れが必要です。

 

刷りみなさん慎重かつ丁寧に刷り体験をされていました。

もう一つは組上絵(立版古)の体験。

天岩戸の場面を組み立てます。

かなり根気のいる工作です。wobbly

たてばんこ

体験後は、展覧会を鑑賞していただきました。

刷り体験をしてから、浮世絵の見方が変わった?かもしれませんね。happy01happy01happy01

幼稚園から高校まで様々な学校教員のみなさまにご参加いただきました。

明日からの授業に活用していただけたらと思います。

お土産に、子供のための鑑賞ガイド付。

北斎についての面白情報や浮世絵豆知識など、大人も楽しめます~present

ガイド

ガイド2

次回は6月28日(土)に開催します。

会場は神戸アートビレッジセンター(最寄駅:新開地)です。

テーマは「作家とともに映像作品を見ることについて考える」です。

 

ミュージアム活用術2014

興味を持たれた方は、神戸市立小磯記念美術館までお問い合わせください。(078)-857-5880

 

re*eco