follow me

新着図書のご紹介です

みなさまこんにちはhappy01
本日は神戸ファッション美術館3Fライブラリーより新着図書のご紹介をさせていただきますbook
今回は様々なジャンルの書籍をご紹介させていただきますeye
DSCN8199DSCN8198DSCN8197DSCN8200
<テキスタイル>
メンズ・ウエア素材の基礎知識  0201/MEN
日本の伝統染織事典  0203/NIH
<服飾史>
Decades of Fashion  0302/DEC
An American Style  0303/AME
<レディスファッション>
The Little Book of Chanel  0403/CHA
<特殊服>
The Queen’s Coronation 1953  0809/QUE
The Royal Baby Book  0809/ROY
<和装>
最新版 きものに強くなる事典  0901/SAI
<被服 手芸>
Felt Dogs  1005/FEL
<靴 皮革>
Sneakers  1104/SNE
<装飾小物>
ダイヤモンドと銀座  1202/DAI
<身体>
London Tattoos  1505/LON
TATOO BIBLE  1505/TAT
<ファッション文化>
A to Z of Mod 1606/ATO
<インテリア>
How To Design a Chair  2406/HOW
How To Design a Light  2408/HOW
<室内装飾品>
日本の旧家 雛めぐりの旅  2505/HIN
こけし  2505/OTO
うさぎ  2505/OTO
フラワーリース・デザイン図鑑300  2506/FUR
<建築>
●海外で建築を仕事にする  2804/KAI
<写真>
まなざしのエクササイズ  3003/MAN
SIBYLLE BERGEMANN  3004/BER
世界で一番美しいレントゲン図鑑  3004/SEK
林ナツミ 本日の浮遊  3007/HAY
幻のモダニスト 写真家堀野正雄の世界  3007/HOR
ニナデジ  3007/NIN
SUZU  3007/SUZ
フラワースピリッツ  3012/FLO
<映画>
カルトムービー 日本映画1945-1980  3103/KAR
3D世紀  3104/3D
MOVIE:BOX  3104/MOV
ワダエミ 世界で仕事をするということ  3117/WAD
大伴昌司「大図解」画報  3118/OOT
<舞台芸術>
演劇は仕事になるのか?  3201/ENG
芸術の売り方   3201/GEI
オペラ事典  3201/OPE
日本の伝統芸能講座 3202/NIH

以上ですshine
7月10日前後の配架予定ですのでしばらくお待ちくださいませ・・・

htmclover

  • 2014/06/30 |
  • 11:19 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

食のアイランド

先日、5月の春期服飾文化セミナーでテーマにもなった「淡路島」へ行ってきました。

明石海峡大橋

この日は、梅雨を忘れさせるほど美しい晴れsun対岸の神戸まで見渡すことができます。

明石海峡

淡路島はアートだけでなく、玉ねぎやしらすなどの山海の幸も豊富な島ですね。

旬を迎えた魚・鱧がこの旅の目的です。

はも

淡路島周辺は鱧の漁場として有名だそうで、せっかくなので淡路島から

船で10分程度ship離れた「沼島」でいただくことにしました。

沼島

沼島は人口300人ほどの小さな島で、1年を通して釣り客や鱧やフグを目当ての方で

にぎわうそうです。

それもそのはず。鱧のフルコースは食べきれないくらいの鱧・はも・ハモsign01

定番の落としに刺身、天ぷら、押し寿司、メインははも鍋と豪華絢爛です。

あじゆびきさしみ

はも鍋には、淡路島の玉ねぎが入るので、鱧のアラからとったお出汁に甘味が広がります。

鱧は、アラ、身、浮き袋、肝、卵まで食べることができる、捨てるところなしのお魚です。

 

秀逸なのはお鍋の〆。定番の雑炊と思いきや、なんと丼です。

残ったお出汁に鱧の卵を入れて・・・

雑炊

鱧の卵の華が咲いたら、溶き卵でとじて・・・

2雑炊

アツアツのご飯の上にのせて出来上がりrestaurantおいしくないわけがありません。

しめ

おいしい食事と美しい自然に大満足の一日でした。

神戸から車で1時間。日帰りも十分できる淡路島でのリフレッシュ、オススメです。

 

さて、神戸ファッション美術館で7月8日(火)まで開催中の「ドキドキ・ワクワク ファッションの玉手箱―ベスト・セレクション123―」もラストスパートです。

当館所蔵の珠玉のコレクションをぜひお楽しみください。

 

まるも

  • 2014/06/29 |
  • 11:25 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

6/29(日)はPICプログラム!

6/29は六甲アイランドPICの日です!
今月は、六甲アイランドのアイランドセンター駅の北から南へと、
4つのプログラムが、10時から15時まで開催されます。

PIC六甲アイランド ピクニック

神戸ファッション美術館と神戸ゆかりの美術館は、
今回も参加させていただきます。
プログラムは、「エコでお洒落なペーパービーズアクセサリーを作ろう!」です。

PIC六甲アイランド ピクニック 神戸ファッション美術館 

美術館で制作したポスターやチラシから生まれるビーズは、
紙の手触りや色合いの変化も楽しめちゃう、
あなただけのオリジナルです!

他のプログラムは…
「色を選べる、フラワーペンを作ろう!」
カフェ・マメール(ホテルプラザ神戸内)

「女性限定 心も体もスッキリしよう!」
B-UP!(リバーモールEAST2階)

「親子でチャレンジ、アウトドアクッキング」
神戸フットボールセンター 東側A花壇

身体を整えたり、美味しいものを食べたり、眺めるだけで楽しくなっちゃうフラワーペンをつくったり。。。
詳細は、webもご参照ください。
しっとりとした日々になってきました。
水分を補給しながら、六甲アイランドで楽しい日曜日をお過ごしください!


pisces

エドワード・ゴーリーの世界

先日、紀伊國屋書店グランフロント大阪店で無料開催されていた
「エドワード・ゴーリーの世界展」に行ってきました。

6

エドワード・ゴーリーは1925年シカゴ生まれの作家で、装丁やポスターのイラスト等、多岐にわたり活躍しました。
中でも緻密な線で描かれた絵本は独創的な世界観で、見る人を惹きつけます。ゴーリーで有名な絵本としてあげるなら『おぞましい二人』『ギャシュリークラムのちびっ子たち』『不幸な子供』など、子供が悲惨な目に合うお話を選んでしまいますが…。

しかし今回の展示では、上記に上げたものではなく、猫のイラストが可愛い『キャッテゴーリー』の原画が数点飾られていて、猫好きの私にはとても嬉しい展示でした。
彼は大の猫好きで、生前多くの猫と暮らし、彼の移っている写真には大体猫が写っています!

3

4

物語の中で子供を殺してきた彼ですが、猫が不幸になる物語はありません!
にゃんとも猫びいきなゴーリーに、勝手に親近感が湧いてしまいました。

ゴーリー展は終了していますが、神戸ファッション美術館では1Fエントランスホールでフェリシモさんの童話シリーズ『乙女なコスプレファッション展』が無料開催中です。
こちらは6月29日(日)までとなっております。「ドキドキ・ワクワク ファッションの玉手箱 ―ベスト・セレクション123―」展と合わせて、ぜひお越しくださいませ。

ちなみに、ファッション美術館周辺には、稀に出没するネコ(通称・シロさん)がいます。
(先日たまたま見かけることができたのですが、後ろ姿しかキャッチできませんでした…)

彼(彼女?)を見た日は良いことがあるかも?

1

のぞみbullettrain

民族衣装?

数日前、ベトナムの首都ハノイに行ってきました。

ベトナムのファッションと言えば、アオザイですね。

現在、ベトナムでは女の子の学校の制服に白いアオザイが採用されていることが多いんだそうですが、残念ながら旅行中、アオザイ姿の学生さんには、お会いできませんでした。

見かけたのは、飛行機の客室乗務員やホテルやレストランの従業員などばかりです。

普通に着ている方を見たいな~と思っていたら、最終日に見かけました。

湖のほとりをデートしている女の子。

レースの綺麗なアオザイを着ていたので、お声をかけて写真を撮らせていただきました。

DSCN7023

男性もかなりおしゃれです。

(ここまでおしゃれな方はなかなかいません…。)

 

そしてもうひとつのファッションがこちら。

DSCN7016

ノンラーと呼ばれる藁でできた三角の帽子。

日よけと雨よけのために作られたというこの帽子。

農業をしている方は、100%、かぶっていました。街中に果物を売りに来ているおばちゃん。

男性はちょっと違う形をよくかぶっていました。

DSCN7029

特に男女でわかれているわけではなさそう…。ホテルのお庭をお掃除していた女性は、こちらなので…。

DSCN6871

 

そのほか、気になったのは、バイク通勤する若い女性のファッションです。

見たら、絶対びっくりします。残念ながらすごいスピードで走っていくのでうまく写真を撮れませんでした。

とりあえず、どんな感じかというと…。

派手な柄の巨大な布製マスク、小花模様の手の甲までかくれるジャンパー(←決しておしゃれなブルゾンとかではなく、派手なジャンパーです。)、フードをきっちりかぶり、紐で顔のまわりを締め付け、目のあたりしか、肌は出てません。これにぴちぴちのパンツにビーチサンダル。どうやら日焼けと砂埃を防止するためのようです。

写真がうまくとれなかったのが本当に残念。興味のある方は、ぜひベトナムへ。

DSCN6908

ブログ用パンダ福。

  • 2014/06/26 |
  • 15:27 |
  • ファッション
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!