follow me

【報告】春期服飾文化セミナー2014「食とアートでつながる淡路島」開催しました

2014年度の春期服飾文化セミナーは、衣×食住遊:暮らしの未来を創造するをテーマに開催します。
本日開催の第1回は、「食」と人とのつながり のお話しです。Fkeys+代表で淡路島を耕す女・やまぐちくにこさんを講師にお迎えして、「食とアートでつながる淡路島」と題して開かれました。
IMG_8472
淡路島の概要や特産物のお話しに続いて、やまぐちさんが事務局長を務められている、NPO法人淡路島アートセンターの活動についてご紹介がありました。

多くのプロジェクトの中からの気づきをいくつかあげますと、「すべての生き物を同じ高さのテーブルで食す会」を通して、アートにも食わず嫌いがあるのでは?ということ、廃校となった学校にアーティストを誘致して開かれたノマド村・ノマドカフェに、他府県ナンバーの車が並ぶことで、地元の人が淡路島の良さを認識する機会となるなど、10年間の活動の中には、島の人と島の外の人がつながること、またそのきっかけが積み重ねられていました。
その積み重ねは、地元のお母さんがお料理を提供する、「まるごキッチン」としてこの4月から始まるなど、新しいなりわいも生み出されています。
IMG_8361.JPG

後半は3-4人のグループに分かれて、作業着スタイルの人が写ったプリントをもとに、どんななりわいの人か、またどんな生活を送っているかを想像しました。
また、働く現場が写ったプリントでは、白抜きになった人型から、どんな服装で働いているか、またその素材やデザインについても考え、グループごとに意見をシェアし、発表しました。
IMG_8362.JPG IMG_7906
これらの作業服を考えるきっかけの一つには、若者に淡路島へ移住してほしいという願いがあります。ただ、農業や漁業などに就業する際に着たい服(作業服)がなく、選びたいということが出発点だったそうです。

そして、ファッションデザイナーFORM ON WORDSによる淡路島での聞き取り調査から生まれた、3点の衣装をご紹介くださいました。
大漁旗で作られたワンピース、ipodを入れたいという声を受けて、たくさんのポケット付きでストレッチ素材も要所に使って接ぎ合された作業服、通気性のよい素材を組み合わせ、胸元に淡路島特産の貝ボタンがデザインされた羽織り物など、デザインも着心地も体感しました。

IMG_5080 IMG_1201
最後には、淡路島の生産物、早生玉葱とシラスのサプライズプレゼントも!
IMG_4935  IMG_8188

「そこにあるものを想像したり背景を考えることは、形を考える=デザインすることで、これは淡路島だけではなく、皆さんの身近にもあるものです」という、やまぐちさんの言葉が印象的でした。

・・・・・
次回のセミナーは、6月21日(土) 14時より、第2回「衣」と人とのつながりをテーマに、「ともにしあわせになるしあわせ」と題して、吉川公二氏(株式会社フェリシモ 経営企画室 広報部部長)にお話しいただきます。事前申込制( workshop●fashionmuseum.or.jp(●を@に変えて送信して下さい。) )です。詳しくはこちらをご覧ください。
みなさまのご参加をお待ちしております!