follow me

【告知】5月春期服飾文化セミナー2014「食」と人とのつながり まだまだ受付中!

2014年4月1日から明石海峡大橋の大幅値下げで行きやすくなった淡路島
雑誌『Richer』に特別特集の淡路島
神戸ファッション美術館で春期服飾文化セミナーに登場する淡路島

ということで、セミナーの打ち合わせをかねて、今話題の淡路島へ行ってきました。

IMG_7977
淡路島は食糧自給率がなんと120%!

しらすや海苔などの海の幸はもちろんのこと、玉葱を代表とする陸の幸にも恵まれています。以外と広い淡路島で車を走らせるとせまりくる、玉葱畑!一面に深い緑の畑です。写真のように葱がたおれているのは、「土から栄養分を吸収し切った玉葱が収穫時期を知らせているんだよ」と教えてくれたのはやまぐちさん。

淡路島に移住2か月の方曰く、引っ越してきて今まで野菜を自分で買ったことがないとか!?なぜならご近所がおすそわけくださるから、だそうです。淡路島の豊かな食生活を垣間見た一瞬でした。

さて、今回の調査のメインテーマともいうべきは、豊かな食生活をささえる農業や漁業に従事している方々は、どういった衣服を着て作業をしているのか、です。やまぐちさんのご案内で、島の農作業着を販売するファンシーショップ「タマオカ」としらすなどの海産物を扱う藤本水産へも伺いました。もんぺや麦藁帽やら懐かしい(?)衣服がたくさん。。。移住してきた若者や嫁いできたお嫁さんたちにとって、暑い&寒い作業着、iPhoneをいれるポケットがない作業着にいろいろな思いがでてきているのは確かなようです。

IMG_7976

そういった声を吸い上げてなんとかしていくのが  やまぐちさん です。今後どのようなつながりができ、新たなプロジェクトが立ち上がるのか楽しみです!

今回のセミナーでは、これまでやまぐちさんが取り組まれてきた、つなげる取り組みや上記のような今後の淡路島での活動の展望などもお聞かせいただく予定です。そこにある資源を生かして、人やモノをつなげ、未来へとつなげていく、そんな素敵な活動を知って、自分自身の生活をよりよくするヒント得てみませんか。

 

★おまけ

淡路島ではランチにこんなものがひょいっとレストランでだされます~
穴子がまるごと一匹のった「淡路島ヌードル 海の幸のペスカトーレ」

IMG_7955

 

◇5月のセミナー(申込み方法はこちら。 6月と7月の回も同時にお申込み可)

5月31日(土) 第1回:「食」と人とのつながり
タイトル:食とアートでつながる淡路島

講師:やまぐち くにこ 氏(Fkeys+ 代表、 NPO法人淡路島アートセンター 元理事長)
兵庫県淡路島出身。自らを「淡路島を耕す女」として、アートイベントを企画運営し、アーティストと島の人々を結びつける活動に力を入れている。2005年にNPO法人淡路島アートセンターを設立し、淡路島の魅力ある人々を紹介する冊子『ぴと』を発行。「淡路はたらくカタチ研究島」で地域アドバイザーも務める。

 

 

◆開催中の展示のお知らせ

2014年4月12日(土)~7月8日(火)

特別展示「ドキドキ・ワクワク ファッションの玉手箱-ベスト・セレクション123-」

 

nj