follow me

金沢美術工芸大学 修士ファッションデザインコース修了制作展

現在、美術館1階ロビーホールでは、金沢美術工芸大学 修士ファッションデザインコース修了制作展を開催しています。

金沢美術工芸大学は石川県金沢市に位置する美術大学で、「手で考え、心でつくる」をモットーに創造力を高め 人間味溢れる個性と倫理を涵養し、未来社会を拓くクリエーターの育成を目指しています。ファッションデザインコースは、大学院のみのコースとして9年前に開設されました。

神戸ファッション美術館との連携授業では、ファッション・服飾史に於いて、資料に接しながらこれまでのファッションの流れを理解し、さらに未来に向けて自分達がどのように進んで行くべきかを考察しています。


金沢美術工芸大学の修了展示での特徴的なことは、ブランド構築を想定して(自分でブランドを立ち上げると想定して)様々なリサーチや多角的な視野からターゲット等も絞り込んで制作されていますが、発表形態としては、それを店舗として魅せている事です。

また修了展示では、環境デザイン科2年生との共同授業として、クライアント(ファッションデザインコースの修士2年)と依頼を請け負うデザイナー(環境デザイン科の学部2年)といった関係性のもと、ファッションデザインコースの学生達が意向を伝えた上で、それらの店舗や什器のデザイン・設計・設置を実際に行なっています。

今回の展示は、修了制作の一部(縮小版)となりますが、ゼロからファッションを学び、マーケティング・ブランディングまでに取り組んだ成果をぜひご覧ください。

・・・金沢美術工芸大学 修士ファッションデザインコース修了制作展・・・

●期間 3月29日(土)~5月6日(火) 水曜日休館

●時間 午前10時~午後6時(最終入館は午後5時30分)

●会場 美術館1階 ロビーホール(無料スペース)

pisces