follow me

museum in museum 春の作家ワークショップ

3F ミュージアムショップより
春に行われるmuseum in museum 作家ワークショップのお知らせです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

●LIGURU  帆布と革でつくる「Graffiti bag」

一枚の帆布にみんなでGraffiti(落書き)をしよう!フリーハンドはもちろん、スタンプやステンシルを使ってオリジナル帆布をつくります。完成した生地を人数分に切り分け鞄に仕上げます。どんな「Graffiti bag」に仕上がるかは当日のお楽しみ!

【日程】2014年5月3日(土)

【時間】13:30~15:30(2時間)

【定員】12名 ※先着順

【参加費】2000円(材料費込)

【会場】神戸ファッション美術館 4Fセミナー室2
【受付】13:00
※汚れてもいい服装でお越しください。

【申込方法】4月26日(土)までに受講希望者の住所・氏名・電話番号・FAX番号を記入の上、電子メール(件名:グラフィティバッグ)またはファックスで下記に申込下さい。

Eメール:shop@fashionmuseum.or.jp

ファックス:078-858-0065

講師プロフィール:二木 奈緒(LIGURU)
帆布や革を使った鞄ブランド「LIGURU」を展開。ロードやMTB、ミニベロなど自転車に取付ける鞄やマザーズバッグ、その他オーダーメイドの鞄を製作中。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

●mogmog ROSETTE BROOCH

ロゼット。それは、ヨーロッパに古くから伝わるリボンを使った勲章のことです。
かわいいパーツなどをレジンに閉じ込めて、とっておきのロゼットブローチを作りましょう!

【日程】2014年5月31日(土)

【時間】13:30~15:30(2時間)

【定員】8名 ※先着順

※定員に達した為、募集を締め切らせていただきました。

【参加費】1500円(材料費込)

【会場】神戸ファッション美術館 4Fセミナー室2
【受付】13:00

【申込方法】5月24日(土)までに受講希望者の住所・氏名・電話番号・FAX番号を記入の上、電子メール(件名:ロゼットブローチ)またはファックスで下記に申込下さい。

※お申し込みの際、リボンの色を写真の3色(ピンク・ブルー・紫)よりお選び下さい。
なお、リボンの色希望は4月29日(火)までとさせていただきます。
4月30日以降にお申し込みをされる方はリボンの色がピンクとなりますのでご了承ください。

Eメール:shop@fashionmuseum.or.jp

ファックス:078-858-0065

講師プロフィール:MEG(mogmog)
「どきどき わくわくする 毎日」をコンセプトに樹脂(レジン)を使ったアクセサリーを製作しています。

みなさまのご参加をお待ちしております

museum in museum

  • 2014/04/01 |
  • 16:23 |
  • ミュージアムショップ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

消費税引き上げ初日と私ごと みたいな

いよいよ2014年4月1日です。今年はいつもの、当たり前の4月1日ではないのです。確かに、例年通り、劇的な(?)別れと出会いは繰り返されましたが、ただ一つ違っていたのは、消費税が8%になってしまったのです。前から解っていたことなので、年明けから頑張って、3月までにいろいろお金の有意義な使い方を考えていたのですが、結局、昨日まで何も浮かばず、今日が来てしまいました。残念でしたが、本朝、郵便局で伊右衛門1本いただきました。嬉しかったです。

日本の最初の消費税の導入は、1989年4月1日(3%)、平成元年で、25年も前です。年号が変わってバタバタしている透き間を突かれたような思い出があります。個人的にはその一月後に結婚しました。5%への引き上げは1997年4月1日。また個人的にはその一月後に神戸ファッション美術館が開館しました。バブルも終わり、冷え切った経済や社会の中で、神戸市はファッション美術館をこの六甲アイランドに誕生させました。そして何故か映画「タイタニック」と「もののけ姫」がメガヒットしましたよね。忙しくて中々見に行けなかったことを思い出します。

何年かしたら、この8%の消費税引き上げを思い出すでしょうか?桜が咲いて、散ってしまう時期に合わせているのは、年度替だけでは割り切れない、日本人の奥底に訴える別れと出会いを表現しているようですね。

世界の歴史、社会そのものである『羊をめぐる冒険』の展覧会は2013年度と共に去り、もう直ぐ当館18年目の新しいコレクションの在り方をお見せする「ドキドキ・ワクワク ファッションの玉手箱 ―ベスト・セレクション123―」展がスタートします。当館の収蔵品の魅力を100%知っていただけるよう頑張ります。それと、20年間作り続けたマネキンも、今回で一応の完成と考えています。

私ごとですが、今回一応究極を目指した最終マネキン製作しました。10種以上、100点以上のマネキンも衣装と写真と合わせてお楽しみください。交通費は消費税分上がりますが、入場料は据え置きですので、是非お越しください。

Bx-16S