follow me

「羊毛糸紡ぎ体験」レポート&告知

「ウールの衣服展」も残すところあと10日となりました。
展覧会開催中は、羊毛糸紡ぎ体験を計5回実施しています。
既に4回を終え、残すところあと1回のみとなりました。

今回の糸紡ぎで使用する道具は「スピニット」
京都・等持院に事務所をおく原毛屋で羊毛専門の雑誌を発行する「スピナッツ」さんのもの。スピンドルとかぎ針が一緒になっており、紡いですぐに編めるという優れものです。小ぶりで初心者でも使いやすくなっています。

そして、羊毛は、同じくスピナッツさんにご用意いただいたイギリス産のペレンデール。弾力のあるふんわりとしたタイプで虹色に染色した羊毛です。

慣れた方はお一人で、
初めての方は二人一組でやるとやりやすくなります。
お子様は二人ペアがやりやすいかもしれません。

(写真左:スピニットを使って一人で糸を紡ぐ、右:ペアで糸を紡ぐ)

紡いでいただいた糸は、双糸にしてお持ち帰りいただくこともできます。
そのまま綾取りの糸にしたり、手にぐるぐる巻いてブレスレットにしたり、 輪ゴムに巻いてシュシュにしたり。さらに紡ぎを極めるのももちろんアリです。発想次第で自由にお使いいただけます。


(写真:紡いだ糸を双糸にする )

この「羊毛糸紡ぎ体験」最終回は、3月23日(日)14:00~16:00に実施します。
時間中であれば出入りは自由、申込み不要と自由な催しになっています。
どなた様もお誘いあわせでお越しください。

◆その他の今後開催予定の「ウールの衣服展」関連イベント
3月15日(土)14:00~ギャラリートーク(明日です!)