follow me

写真展

最近、続けて知り合いの写真展を見にいく機会があったのですが、
撮影者自身の心象やその人のおもいがとても色濃く
写真にあらわれているとともに、
その写真それぞれに自分自身の体験や想いをのせ、
さまざまなきもちを思い出したりすることが
実際に作品を直接目にすると、
その質感を通じて、さらによく感じることができる気がします。

モノクロとカラーというおおきな差異だけではない
それぞれの作品を見たときの感じ方も異なり、それがとてもおもしろかったです。

これからも気になるものや場所には
なるべく直接おとずれ実際に体験したいものです。

現在、神戸ファッション美術館では
特別展示『ウールの衣服-源流から現在―』展を開催しております。

直接触れるコーナーなどもありますので、ぜひお越しください!

ribbon

  • 2014/02/08 |
  • 10:00 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!