follow me

ライブラリー書籍のご紹介

新年あけましておめでとうございますshine
お正月休みは十分楽しまれましたでしょうか?

さて、今年の干支はですhorsefuji
ということで、神戸ファッション美術館ライブラリーにある「馬に関する書籍」を何冊かご紹介したいと思います

ビジュアル博物館 馬」(請求番号:4201/BIJ)
乗馬馬術」(請求番号:3909/BAB)
乗馬の愉しみ」(請求番号:3909/JYO)

1冊目は、馬の生態を豊富な写真で紹介してあり、
2・3冊目は、乗馬馬の調教に関することが書かれてあります。

一口に馬と言っても様々な種類がありますが、
どの馬にも共通しているのは「形の美しさ」だな、と写真を見ながら感じましたeyediamond
力強く地面をける足と、優しい曲線の背中と、利口そうな黒目が魅力的ですshine

また、ファッションブランドとして有名なエルメスやグッチは、かつては馬具メーカーでした。
エルメスは現在でも、高級馬具を作っているようです。
また、馬のおしりの「コードバン」と呼ばれる革は、繊維が緻密で光沢もあるため、靴やカバンなどに使用されています。
馬はファッションと非常にゆかりがある動物なのですねcatfaceheart

寒さもいよいよ本格的になってきました。
みなさまの2014年が楽しく幸せな年になりますように!clover

imkm

  • 2014/01/09 |
  • 15:19 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!