follow me

RICエコアートカプセル2013

少し遅くなりましたがご報告を(●^o^●)
この一か月で、かなり冬に近づきましたね

去る10月20日(日)、
第11回目となるRICエコアートカプセル2013が開催されました。

雨が降ったり止んだり微妙なお天気でしたが、
たくさんのご参加、ありがとうございました!

神戸ファッション美術館は、ワークショップ「まきまき!ペーパービーズをつくろう」
を出展。昨年の「扇」につづき、チラシやポスターを材料に使った工作です。
今年は、紙のビーズでブレスレットをつくりました。

ほかにも盛りだくさんすぎて、F美ブースに行く時間がなかった!というみなさんへ…
作りかたを簡単にご紹介します。

このように細長~~く切った紙を、

棒、もしくは定規、えんぴつ、竹串などに

まきまき・・・

地道にまきまきまきまきまき

まきまきま(中略)巻き終わりをボンドでしっかり貼り付けてから、
棒からはずすと、このようなかんじになります。

できあがったペーパービーズを、腕のサイズに合わせて切った紙やゴムにとおして、

       \ 完成です /

 

この日は、細長い二等辺三角形に切った紙を使いましたが、
紙の形を変えると、ビーズも違った形になるかも!?

紙の長さや幅を変えて。巻き方(まっすぐ/ななめ)や、巻くものを変えて。
たくさん方法が見つかりそうですね!

さらに、完成したビーズに、透明のマニキュアや木工用ボンドを重ね塗りすると、
つやつやなめらか、かつ丈夫になります。

乾かすのに時間がかかるため、
エコアート当日は、何も塗らずそのまま持ち帰っていただいたのですが・・・
簡単にできるので、ぜひおうちでも試してみてください。 

それでは、また来年!!

めP

いろんな『秋』ですね。

秋と言えば、私にとっては『食欲の秋』ですが、世の中の人々にとっては『スポーツの秋』、『芸術の秋』がより一般的なのかも…

今日、神戸では神戸マラソンが行われています。

2万人を超える人たちが、神戸の町なかを走る姿は見ているだけでも元気を貰えるのでしょうね。

といっても、私は今日美術館で仕事をしているので、多分行われているだろうとの想像でしかありませんが

朝のJR三ノ宮駅では、多分マラソンに参加されるだろう人々が、大勢見受けられました。

いずれの人たちも、普段から走っておられるのだろうなあ、という体型をしておられて、お腹の出張った私は、その集団からそそくさと離れました。

併せて、今日は関西文化の日です。

関西の美術館や博物館などで、無料や特別料金で入館できることで普段以上に芸術に触れていただける企画です。

 

神戸ファッション美術館もこの企画に賛同させていただいて、昨日と今日は無料で入館いただけます。

このブログを今日ご覧になった方で、今日はとりあえず予定がないなあ…という方は、どうぞ夕方の5時半までに美術館にお越しになってください。

神戸ゆかりの美術館ともども、無料でご覧いただけます。

ちなみに、ファッション美術館では『日本の男服―メンズ・ファッションの源泉―』展を開催中です。

明治から昭和にかけての男服を一堂に展示しています。

どうぞお越しください。

 

YOU

「コノ山ニハ、何カアル」~六甲山~

神戸ファッション美術館が人工島の六甲アイランドにあることは言わずもがな。
しかし、ここは神戸。少し足を運ぶと六甲山がすぐそこに。
以外と知らない(かもしれない)六甲山の愉しみについて2点ご紹介します。

六甲山と一口に言っても、複数の断層からなり、東西に約10kmも連なる六甲山系。
その最高部は約900mにも達する日本三百名山として知られ、
トレッキングルートは整備が行き届き、週末ともなれば本格的な登山を楽しむ人々で賑わっています。

 そんな六甲山では、現在、毎年恒例の山の芸術祭「六甲ミーツアート芸術散歩2013」が開催されています。(11月24日(日)まで。もうすぐ終了!)

ピクニック気分で回遊しながら、現代アートに遭遇する展覧会です。

今年の出品作品を一部ご紹介。

ひびのこづえ、六甲ケーブル山上駅

北川純、カンツリーハウス

みかんぐみ、オルゴールミュージアム

大西康明、オルゴールミュージアム

國府理、カンツリーハウス

この他にも、「音、 風、 色、 光」を五感で感じる作品が点々と展示されています。
宝探しをしている間隔で、いつのまにやら空が暗くなり、一日満喫することができました。

もう一つは、神戸にきたら一度は泊まってみたい山上クラシックホテル。元々、明治時代以降に神戸外国人居留地の欧米人によってリゾート地として開発された六甲山上付近には文化施設や保養地も点在する「山上の街」として栄えています。

その中でも最も古いのが六甲山ホテルです。

 現存する1929年開業当時の建物が、近代化産業遺産に登録され宿泊棟になっており、宿泊することができます。建物に入った瞬間、木造建築独特の香りと、ミシっミシっという昔の学校を思い出すような踏み応えのある床。館内の案内サインのフォントもレトロで雰囲気だしてます。

お高いのかと思いきや、かなりリーズナブルなお値段で+夕食+夜景+シャトルバス付き。駅から20分という立地もよいです。気温は地上よりマイナス5度と下がりますが、朝のキリリとした空気の中での山歩きというのもこの季節かなり気分のいいもんです。

 というわけで、

神戸ファッション美術館にお越しの際は、ぜひ一足のばして山を楽しんで帰るのもよいかもしれません。
またその逆もしかり。

ぜひ、ご参考まで。

N.J

  • 2013/11/16 |
  • 10:00 |
  • 神戸観光
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

◆トライやるウィーク◆

トライやるウィークで来ました、樋口です。クリスマスツリーの飾り付けや受付の仕事などをさせていただきました。クリスマスツリーの飾り付けはとてもおもしろかったです。3日目と4日目にはライブラリーで働かせてもらいました。書庫に昔の本がたくさんあり、驚きました。4日間ありがとうございました。 

トライやるウィークで一週間お世話になりました、泉です。 展示室以外にも、普段は入れないような場所でもお仕事をさせていただいて、とても充実した一週間を過ごすことが出来ました。今まであまり美術館には来ていなかったのですが、また休みの日に利用したいと思います。短い間でしたが、本当にありがとうございました。 

トライやるウィークでお世話になりました、ファーガソンです。神戸ファッション美術館には美術部の活動で、何回か見学させていただいたことがあったので、此処に働く事ができ本当に良かったです。世界中のクリスマスツリーの飾り付けや、受付の仕事など。やっていて大変なこともありましたが、楽しい事の方が多かったです。この一週間、本当にありがとうございました。

(*^^) みなさん、月火木金の4日間、おつかれさまでした!

これを機に、美術館という場所や美術館のお仕事、ちょっといいな、と感じて頂けたなら、とてもうれしいです。ありがとうございました!!

museum in museum作家 個展情報

みなさまこんにちはhappy01
急に寒くなり、冬を感じるようになりましたね。
街中はクリスマスグッズが販売されるなど、
どんどんクリスマスの雰囲気になってきていますねxmas

12月の作家イベントのお知らせですdiamond
あしたの箱のクリスマス
オートマタとアニメーションの展示 
「ふたつの足跡」
-足跡の先には一軒の素敵な小屋がありました-

2013.12.7(土)-23(月) 水・木休廊
時間:13:00-19:00(最終日17:00)
場所:ギャラリー あしたの箱 http://ashitanohako.com/

浅岡宣之
TSUBAMEDO主宰
オートマタ作家
オートマタ(西洋からくり)や木のプロダクトの展示
http://tsubamedo.com

鋤柄真希子
SUKIMAKI ANIMATION主宰
アニメーション作家
手書きのアニメーションの上映・原画の展示
http://sukimaki.com

また、神戸ファッション美術館では
「日本の男服―メンズ・ファッションの源泉―」特別展示を行っております。
ぜひお越しくださいshine

                                                                                                                htmclover

  • 2013/11/14 |
  • 12:25 |
  • ミュージアムショップ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!