follow me

心もポカポカ。

皆様こんにちはshine

毎日寒い日が続いていますね。

12月に向けて街はクリスマスムードが広がっています。

キンと冷えたとある朝、出勤前にタリーズコーヒーさんに寄り道してきました。

アイランドセンター駅を下車すぐ、神戸ファッションマートの1階に。

今の時期は少し寒いですが、広々としたテラス席もある店舗ですribbon

朝顔を出したお日さまから放たれる光が木々を輝かせ、凛と咲く花々がとても美しかったです。

店内もクリスマスの雰囲気で溢れており、オリジナルのグッズもとても可愛かったです。

気になっていたティードリンクを熱々にして入れて頂きました。

心も身体もポカポカに。。。素敵な一日のはじまりを迎えることができました。

お忙しい中、バリスタさんありがとうございました!

神戸ファッション美術館内のロビーでも、世界のクリスマスツリーが飾られ華やかな雰囲気です。

展示室では、「日本の男服-メンズファッションの源泉-」をご覧いただけます。

展示と共に、クリスマス気分も味わっていただければ幸いですxmas

そして、休息にカフェでほっこりされるのもお勧めですshine

本日もお読みいただきありがとうございます。

lysconfident

ライブラリーのうまくん

こんにちはshine

ただいま神戸ファッション美術館1階ロビーではクリスマスツリーの展示とフェリシモハッピートイズの展示がされていますが、3階ライブラリーにもハッピートイズのうまくんがいるのはご存知でしょうか?

ライブラリー内には合計8頭のランRUNうまくん達がいて、お客様を歓迎していますhorse

少し分かりにくい所にいる子もいますので、是非探してみてください★☆

そしてそんなフェリシモハッピートイズのワークショップが本日当館で開催されますheart
まだ12月にも2回開催しますので、このブログを見てうまくんを作りたくなった方は是非ご参加下さいませhappy01

詳しくはコチラ

ハッピートイズのキットは1階と3階でも販売していますので、ご興味のある方は自分だけの「うまくん」を作ってみませんか?horse
フェルトのキットは材料込みなので、購入後すぐ作成できるようになっていますshine
あみぐるみやぬいぐるみより少し小さいサイズになりますが、この小さいサイズ感が個人的には気に入っていますeye

神戸ファッション美術館にご来館された際はぜひ3階のライブラリーにもお立ち寄りくださいdiamond少しだけですがクリスマス仕様になっているので、注目してみてくださいねsnow

maytaurus

職人たちの格闘

1週間後の11月30日(土)に、服飾史家の安城寿子さんのセミナーがあります。

テーマは、『職人たちの格闘―どうにか国産紳士服が作れるようになった頃』です。

安城さんは特に日本の紳士服史について深く掘り下げて研究されている、稀有な方です。
残念ながら、日本にはほとんどと言っていいほど紳士服を専門に研究している方がいらっしゃいません。評論家という方々はいらっしゃいますが。
そのような状況下で、西洋の紳士服史についてもさることながら、国内の紳士服史についてはこれまでほとんど語られる機会はなかったのではないでしょうか。
今回、『日本の男服』という展覧会を企画し、その準備過程の中で自分でもいろいろと調べ、また展示資料を通じて新たな知見もたくさん得られましたが、なかでもこれまで日本人が辿ってきた洋装化の道を振り返ることで、獲得したものと失ったものの双方が非常によく見えてきた気がします。

安城さんのお話は、もともと直線裁ち直線縫いの和裁しかできなかった日本の職人たちが、いかにしていせ込みや肩入れなどの二次元の布を三次元に仕立て上げる技術を獲得し、仕立屋となっていったのかを様々な事例を紹介しながら、語っていただくものです。
紳士服の来し方に興味がある方ばかりでなく、婦人服の歩みに興味を持たれている方々にも、ぜひとも聴きに来ていただきたいと願います。

MOMO

秋の博物館さんぽ(須磨海浜水族園)

こんにちは。sun

昨日、神戸の須磨水族園に行ってきました。

秋の特別展示を開催中。fish「鮫のフカいい話~ 第二部「もっと教えよう鮫の世界!!」fish

神戸ゆかりの美術館のイベントで昨年お世話になった「金魚さん」flairこと

阿久津さんが作成した骨格標本が展示されていました。fish

鳥や、サンショウウオ、亀など金魚さん作の骨格標本たち。fish

サメってほとんど軟骨でできていて、

骨格標本にするのにとっても手間がかかるらしいです。

ハンマーシャーク(シュモクザメ)の骨格標本、

たしかに背骨や頭部以外に目立つ

硬骨がありません。fish

http://sumasui.jp/common/pdf/H25.11.2sametokuten2-2.pdf

オリジナルグッズのサメ下敷きを購入して、

サメクイズに挑戦してきましたが、

これがめちゃくちゃ難しい。coldsweats02coldsweats02coldsweats02

必死で展示から答えを探して、なんとか全問正解?

缶バッチをもらえました。wink

博物館も色々ありますね、

この日はサメについて実物も見て、展示も見て

たっぷり学ばせていただきました。

ちなみに「金魚さん」は大阪市立自然史博物館「なにわホネホネ団」

に所属、個人活動として主に魚の骨格標本を制作しています。

http://www.geocities.jp/naniwahone/

↑なにわホネホネ団HP

ng血が苦手な方は気分が悪くなるかもしれませんのでご注意を。despair

おまけ : 去年8月ワークショップに金魚を連れてきていただいた実技講座の様子。art

http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/yukarimuseum/event/archive-2012nishidajitsgi-child.html

来年1月には、再び西田眞人先生(日本画家)の実技講座を開催予定です。art

ゆかりの美術館HPでの更新をお待ちくださいね。

http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/yukarimuseum/event/

re*eco

  • 2013/11/21 |
  • 11:20 |
  • 神戸観光
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

新着図書のご紹介

みなさま、こんにちは。
本日は神戸ファッション美術館3階ライブラリーより新着図書のご案内です。
今回は美術やデザイン関連のものが多めに入ってきております。

(書籍名 : 資料請求番号)


■■■ 美術 ■■■
・アート・スピリット :3404/ATO
・阪神美術探訪 :3404/HAN
・中野京子と読み解く 名画の謎 :3404/MAL
・村上隆完全読本 :3404/MUR
・文化財の保存環境 :3405/BUN
・地域を変えるミュージアム 未来を育む場のデザイン :3405/CHI
・地域に生きるミュージアム 100人で語るミュージアムの未来II :3405/CHI
・ペーター・フィッシュリ ダヴィッド・ヴァイス :3429/FIS
・直島 瀬戸内アートの楽園 :3429/NAO
・ねこと国芳 :3433/NEK
・日本の図像 漫画 :3433/NIH
・旅する江戸絵画 :3433/TAB
・101ぴきの、くまちゃん雑貨 :3498/101

■■■ 色彩 ■■■
・色の不思議世界 :3504/IRO

■■■ デザイン ■■■
・デザインの手がかり :3601/DEZ
・クリエイティブ・マネージメント :3601/KUR
・世界デザイン史 :3602/SEK
・吉祥図案解題 上 :3607/KIS/01
・吉祥図案解題 下 :3607/KIS/02
・心に残る名作コピー :3613/KOK
・物語のある広告コピー :3613/MON
・マスコットキャラクター図鑑 :3614/MAS
・Gerhard Richter Patterns :3617/PAT
・世界のスクリーン印刷グラフィック・コレクション :3617/SEK
・昭和美少年手帖 :3618/SHO
・鈴木悦郎 詩と音楽の童画家 :3618/SUZ
・田村セツコ HAPPYをつむぐイラストレーター :3618/TAM
・ケイト・グリーナウェイ ヴィクトリア朝を描いた絵本作家 :3619/KAT

■■■ メディア ■■■
・コンピュータ・グラフィックスの歴史 3DCGというイマジネーション :3702/KON
・ブランド「メディア」のつくり方 人が動く ものが売れる編集術 :3703/BUR
・メディア・アート創世記 :3703/MED

■■■ 紀行 民俗 ■■■
・松本十二か月 :4109/MAT
・大村しげ 京都町家ぐらし :4109/OOM
・昭和路地裏大博覧会 :4109/SHO

■■■ 自然科学 ■■■
・ザ・古代魚 :4207/KOD
・深海世界 :4207/SHI
・小鳥図鑑 :4210/KOT
・世界の美しい鳥 :4210/SEK
・世界の両生類ビジュアル図鑑 :4210/SEK

■■■ 人文科学 ■■■
・おかしなジパング図版帖 :4309/OKA

■■■ 参考図書 ■■■
・図説図書館の歴史 :4405/ZUS

今回ご紹介した本は11月21日に配架されます。
神戸ファッション美術館で『日本の男服―メンズ・ファッションの源泉―』展をご覧になってから、ぜひお立ち寄りください。

chickきこ

  • 2013/11/19 |
  • 00:00 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!