follow me

楯の会の制服

現在開催中の『日本の男服』展は、大きく分けて二分することができます。
1872年の太政官布告によって制定された大礼服に始まり、軍服、礼服、さらには背広へと続く変遷を第一部とすると、1960年代以降に登場したVANやエドワーズといった既製服ファッションへの変遷は第二部になります。

第一部はいわば日本が洋装化してきた中で、国家のあるいは社会の“制服”として「着なければならない服」の変遷と捉えることができるでしょう。これらの衣装における「ねばならない」というのは、法律や服制によって定められており、個人の趣味や好みで勝手に変更することが原則的に許されないということです。背広もまた、都市で働き生活をする男性たちにとっては、「着なければならない服」だったのです。

そのような“制服”の時代から打って変わって、お洒落のための普段着として雰囲気やイメージを重視して服を着る時代へと移行していくのが1960年代以降で、VANやエドワーズがその先鞭をつけました。

『日本の男服』展の会場では、そのような一部から二部へと移る場所に、楯の会の制服を展示しています。楯の会とは、三島由紀夫を中心に1968年に「祖国防衛」を旨として結成された民兵組織です。三島由紀夫は、『潮騒』や『金閣寺』など多くの名作を遺した作家として有名ですが、1960年代の後半に日本という国の現状と将来を憂いた発言と行動が目立ちはじめ、やがて楯の会の結成へとつながっていきました。
この楯の会の制服は、本展に展示されているような他の軍服のように服制にて定められたものではなく、あくまでも私設の軍隊の制服、イメージとしての軍服としてデザインされました。ですから、この制服には「ねばならない」の要素はなく、男らしい逆三角形のシルエットを効果的に演出する腰のシェイプや胸元のボタンの配置など、三島自身の美意識や意図が濃厚に反映しているように見えます。

展示会場に置かれたこの衣装を見ていると、1960年代から70年代へと日本が大きく変わりゆくなかで、三島由紀夫という人が抗おうとし、同時に呑まれていったこの時代の流れというものについて、ふと考えてしまいます。この時期に「着ることの意味」も相当変わったと思われます。縦の会の制服越しに大礼服や軍服が並ぶ様を眺めてみると、眺めている自分自身が着ている衣服もまた、いつもと違った見え方がしてくるのです。

楯の会制服  一宮市博物館所蔵

MOMO

フェリシモ ハッピートイズ ワークショップ

フェリシモ ハッピートイズ ワークショップ in 神戸ファッション美術館のお知らせです。

 

フェリシモ ハッピートイズ ワークショップ in 神戸ファッション美術館

着られなくなった洋服やおうちにある布、毛糸などで愛情を込めて作ったぬいぐるみが、世界中のこどもたちへと贈られて、その先々で、ひまわりみたいな笑顔を咲かせていく。
「ハッピートイズプロジェクト」は、そんな素敵なことを引き起こす手づくりイベント。
神戸ファッション美術館では趣旨に賛同し、毎年お披露目展示会とワークショップを開催しています。今年のキャラクターの「ランRUNうまくん」を、いっしょに作りませんか?

http://www.feli.jp/toys/

月   日 11月23日(土・祝)、12月7日(土)、12月21日(土)
時   間 各回13:00 ~ 17:00(参加時間は自由/要申込)
会   場 神戸ファッション美術館 1Fロビー
定   員 各回10 名(小学校高学年以上)
参 加 費 500 円(参加キット代:型紙、説明書等。材料は含まれません。)
申込方法 電話またはFAX・メールにて受付。お名前、電話番号、希望日、希望のキット(ぬいぐるみ・あみぐるみ)をお知らせください。(定員になり次第締め切りますが、空席がある場合のみ当日参加も可能です。)
持 ち 物 ぬいぐるみ
はぎれ(古着等のリサイクルもOK)ポリエステル綿約80g
裁縫道具(針、手縫い糸、はさみ、チャコペンまたは濃い鉛筆)
目用ボタン約1cm2個 手足ジョイント用ボタン約1.5cm4個あみぐるみ
並太毛糸 A色(顔と手足) 約43g B色(ズボン)約43g C・D色(手足先他)各約18g
かぎ針7号(糸の太さは変更可 それに合う針をご使用ください)
毛糸用とじ針 目用ボタン約1cm2個 ポリエステル綿約50g

TEL 078-858-0050  FAX 078-858-0058
e-mail workshop@fashionmuseum.or.jp
※材料は会場にも多少用意してあります。 お手持ちのない場合はご利用ください。

ハッピートイズお披露目展示会開催
11 月14日(木) ~ 12 月24 日(火)
神戸ファッション美術館1F ロビー(無料スペース)

神戸ファッション美術館

芸術の秋

みなさんこんにちは。

この週末は台風の影響が心配ですね。sad

そんな中ですが、神戸ゆかりの美術館では、
26日土曜日に講演会を予定しています。flair

洋画家石阪春生さんと上尾忠生さんを講師にむかえ
「神戸洋画家会の現在、創立会員から受け継いだもの」
という題目です。

昭和20年から現在までつづく美術団体の歴史と、
創立会員、現会員たちの人と作品について対談していただきます。
http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/yukarimuseum/event/

講師の先生方の体験談がメインですので、
今しか聞けない貴重なお話がありそうです。
この機会をお見逃しなくbleah
みなさまのご参加お待ちしております。

詳細は神戸ゆかりの美術館(TEL078-858-1520)までお問い合わせください。
(台風の影響次第で開催中止となる場合もございますのでご了承ください。)

さて、話は変わりますが、happy01
昨日あいちトリエンナーレ2013にいってきました!

会期が27日までとあと数日。
大慌て&駆け足で会場を回ってきました。

http://aichitriennale.jp/

早朝神戸を出て、朝一は名古屋市美術館からスタートです。

横山裕一さんのプリウスラッピングカーが
玄関でお出迎え。

藤森照信さんの作品「空飛ぶ泥船」。

居心地の良い空間は、北欧風茶室?
5人で乗船、一期一会のひと時でした。
名古屋市美術館の常設展もトリエンナーレチケットで見れるのでお得でした。

続いて長者町会場へ。sweat01

地下鉄の入口も作品。

地下街含め、町全体に昭和の匂いが残っているので、
作品も場所にあったレトロで面白いものがたくさん。

コシバ食堂入口。
奥のギャラリー「WE-LOW collection 展~ Hせんせいの部屋から ~」
はなんだか感慨深かったです。

時間がないっ!午後は急いで、愛知芸術文化センターへ。sweat01

ここは作品がたくさんありすぎて、
全部見るには時間がかなり必要です。

テレビ塔にもオノ・ヨーコさんの作品が。

見逃した作品も多数、岡崎市にも会場があるので
やっぱり一日で全部回るのは無理!sweat01でしたが、
楽しい人と作品との出会いを満喫した一日になりました。

みなさんも芸術の秋、楽しんでくださいね。
明日も良い一日になりますように。

re*eco

  • 2013/10/24 |
  • 17:24 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

museum in museum作家 個展情報

こんにちは。
神戸ファッション美術館3階ライブラリーのミュージアムショップより、
作家の個展のお知らせですthunder

◆Sieii Nidosani A new exhibition ‘Story of life’

2013. 9. 8~12月初旬まで(予定)
時間:15:30~18:00
場所:イマジン語学スタジオ HP
芦屋市大原町11-24-219

台湾の牛斗山の出身。 作品の多くは、和紙に墨で描かれた即興的なドローイングです。
台湾芸術大学で専門的に学んだ伝統的な水墨画の確かな技術を背景にして、
水墨画を新たなポップアートに展開します。

Sieii Nidosani ホームページ sieii.tanihost.com/www/

////////////////////////////////////////////////

◆KiKKOU 2013 Exhibition 「uneven」

2013. 10. 25(金)~11. 3(日) ※31日(木)は定休日
時間:12:30~19:30(最終日は17:00まで)
場所:tape style HP
大阪市中央区南船場4-4-17-B1

変わりゆく日常と変わらない気色に

うつろいゆく色のかさなり。
偶然の一瞬を取り出した、
アクセサリーの新作展示会を開催します。
秋から冬にかけての小さな楽しみを
見つけにいらして下さい。

KiKKOU ホームページ www.kikkou-handmade.com/

museum in museum

新着図書のご案内です

みなさま、こんにちは。
本日は神戸ファッション美術館3階ライブラリーよりshine新着図書bookのご紹介をいたします。
今回は映画・舞台芸術・音楽の書籍です
新着本
 ■■■ 映画 ■■■
・Hitchcock, Piece by Piece  請求記号:3106/HIT
・Federico Fellini  請求記号:3107/FED
・James Bond Encyclopedia  請求記号:3107/JAM
・Sergio Leone Once Upon a Time in Italy  請求記号:3107/SER
・Gary Cooper Enduring Style  請求記号:3111/GAR
・James Bond 50 Years of Movie Posters  請求記号:3117/JAM
・Soy Cuba  請求記号:3117/SOY

 ■■■ 舞台芸術 ■■■
・Fashion Designers at the Opera  請求記号:3203/FAS
・Ballet Photographs of the New York City Ballet  請求記号:3204/BAL
・Ballets Russes The Art of Costume  請求記号:3204/BAL
・La source par Christian Lacroix  請求記号:3204/CHR
・Talk About Contemporary Dance  請求記号:3205/TAL
・Broadway Musicals  請求記号:3206/BRO
・能の四季  請求記号:3208/NOU
・舞台衣裳のデザイン  請求記号:3210/BUT

 ■■■ 音楽 ■■■
・Bossa Nova  請求記号:3305/BOS
・Freedom, Rhythm and Sound  請求記号:3305/FRE
・Reggae Soundsystem  請求記号:3305/REG
・We Want Miles Miles Davis vs. Jazz  請求記号:3308/MIL
・The Beatles on the Road 1964-1966  請求記号:3309/BET
・David Bowie Is…  請求記号:3309/DAV
・レディー・ガガ クリティカル・マス・ファッション  請求記号:3309/GAG
・Kylie / Fashion  請求記号:3309/KYL
・Punk Press  請求記号:3309/PUN
・Rihanna  請求記号:3309/RIH
・The Rolling Stones 1972  請求記号:3309/ROL

以上、計26冊です。
今回の一押しはこちらHITCHCOCK Piece by piece』です。
下が資料用のファイルです
こちらの書籍にはいくつかのポケットがついており、そこに収納されていた付属資料の数々はまさに必見です。
有名な『鳥』の絵コンテや、衣装デザインスケッチの複製などが収録されています。
見やすいようファイルにまとめてみました。興味を持たれた方はぜひご覧になってください。
なおこちらの付属資料は閉架資料でございますので、閲覧される際はライブラリーカードまたは身分証の提示をお願いしております。

すべて月曜日に配架済みなので今すぐ読めますよ。
神戸ファッション美術館で『日本の男服―メンズ・ファッションの源泉―』展をご覧になってから、ぜひお立ち寄りください。

きこchick

  • 2013/10/22 |
  • 10:00 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!