follow me

museum in museum作家 個展情報

こんにちは。
神戸ファッション美術館3階ライブラリーのミュージアムショップより、
作家の個展のお知らせですthunder

◆Sieii Nidosani A new exhibition ‘Story of life’

2013. 9. 8~12月初旬まで(予定)
時間:15:30~18:00
場所:イマジン語学スタジオ HP
芦屋市大原町11-24-219

台湾の牛斗山の出身。 作品の多くは、和紙に墨で描かれた即興的なドローイングです。
台湾芸術大学で専門的に学んだ伝統的な水墨画の確かな技術を背景にして、
水墨画を新たなポップアートに展開します。

Sieii Nidosani ホームページ sieii.tanihost.com/www/

////////////////////////////////////////////////

◆KiKKOU 2013 Exhibition 「uneven」

2013. 10. 25(金)~11. 3(日) ※31日(木)は定休日
時間:12:30~19:30(最終日は17:00まで)
場所:tape style HP
大阪市中央区南船場4-4-17-B1

変わりゆく日常と変わらない気色に

うつろいゆく色のかさなり。
偶然の一瞬を取り出した、
アクセサリーの新作展示会を開催します。
秋から冬にかけての小さな楽しみを
見つけにいらして下さい。

KiKKOU ホームページ www.kikkou-handmade.com/

museum in museum

新着図書のご案内です

みなさま、こんにちは。
本日は神戸ファッション美術館3階ライブラリーよりshine新着図書bookのご紹介をいたします。
今回は映画・舞台芸術・音楽の書籍です
新着本
 ■■■ 映画 ■■■
・Hitchcock, Piece by Piece  請求記号:3106/HIT
・Federico Fellini  請求記号:3107/FED
・James Bond Encyclopedia  請求記号:3107/JAM
・Sergio Leone Once Upon a Time in Italy  請求記号:3107/SER
・Gary Cooper Enduring Style  請求記号:3111/GAR
・James Bond 50 Years of Movie Posters  請求記号:3117/JAM
・Soy Cuba  請求記号:3117/SOY

 ■■■ 舞台芸術 ■■■
・Fashion Designers at the Opera  請求記号:3203/FAS
・Ballet Photographs of the New York City Ballet  請求記号:3204/BAL
・Ballets Russes The Art of Costume  請求記号:3204/BAL
・La source par Christian Lacroix  請求記号:3204/CHR
・Talk About Contemporary Dance  請求記号:3205/TAL
・Broadway Musicals  請求記号:3206/BRO
・能の四季  請求記号:3208/NOU
・舞台衣裳のデザイン  請求記号:3210/BUT

 ■■■ 音楽 ■■■
・Bossa Nova  請求記号:3305/BOS
・Freedom, Rhythm and Sound  請求記号:3305/FRE
・Reggae Soundsystem  請求記号:3305/REG
・We Want Miles Miles Davis vs. Jazz  請求記号:3308/MIL
・The Beatles on the Road 1964-1966  請求記号:3309/BET
・David Bowie Is…  請求記号:3309/DAV
・レディー・ガガ クリティカル・マス・ファッション  請求記号:3309/GAG
・Kylie / Fashion  請求記号:3309/KYL
・Punk Press  請求記号:3309/PUN
・Rihanna  請求記号:3309/RIH
・The Rolling Stones 1972  請求記号:3309/ROL

以上、計26冊です。
今回の一押しはこちらHITCHCOCK Piece by piece』です。
下が資料用のファイルです
こちらの書籍にはいくつかのポケットがついており、そこに収納されていた付属資料の数々はまさに必見です。
有名な『鳥』の絵コンテや、衣装デザインスケッチの複製などが収録されています。
見やすいようファイルにまとめてみました。興味を持たれた方はぜひご覧になってください。
なおこちらの付属資料は閉架資料でございますので、閲覧される際はライブラリーカードまたは身分証の提示をお願いしております。

すべて月曜日に配架済みなので今すぐ読めますよ。
神戸ファッション美術館で『日本の男服―メンズ・ファッションの源泉―』展をご覧になってから、ぜひお立ち寄りください。

きこchick

  • 2013/10/22 |
  • 10:00 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!