follow me

新展示2日目、シンポジウム開催中です

ちまたは三連休。。。
神戸の天候は、快晴。
陽射しはまだまだ強いものの秋風のようなものが、朝晩はそよそよと吹き少し涼しくなりました。

神戸ファッション美術館では昨日10月11日(金)、秋の新展示「日本の男服-メンズ・ファッションの源泉-」が開幕いたしました。
(2014年1月7日まで)

2日目の今日、 早速、特別展開催記念イベントを開催しています。
今回の展示にご協力いただいたメンズファッションの時代をつくった方々との座談会や、服飾専門家の方々がご登壇されるシンポジウムです。もちらん展示の裏話もお聞きいただけるはず!詳細はこちらもご覧ください。

 本日、17:10まで開催しています。申込不要、入場無料です。
お近くの方はぜひお越しください。

Clothing Japan 141シンポジウム
1960s―メンズ・ファッションの黎明期

2013年10月12日(土) 
開場9:30 開演10:00 終了予定17:10
会場:神戸ファッション美術館 5階 オルビスホール
申込不要/参加無料

シンポジウム『1960s-メンズ・ファッション黎明期』は、日本の洋装化140 周年を記念して2012 年からはじまったClothing Japan という研究プロジェクトの一環として、また特別展示『日本の男服―メンズ・ファッションの源泉』の関連企画として開催されます。
長らくの鎖国を破り近代国家への道を辿りはじめた日本は、1870 年代初頭から、試行錯誤を重ねながらも洋装化を推し進めました。明治・大正・昭和と、日本の男たちは礼服や軍服、学生服、さらには背広などの制服や正装を基としながら、次第に西洋服に馴化してきたのです。
終戦後しばらく経ち、経済が右肩上がりで伸び、欧米文化に憧れた若者たちが新たな潮流をつくりはじめた1960 年代、男子がめかし込むことへの欲求が高まり、かつてない市場がそこに誕生しました。これが言わば、メンズ・ファッションのはじまりなのです。
現代のわれわれの生活に、いまだ少なからず差し響いているであろうこの1960 年代という時代を、ファッションやデザイン、メディアなど、様々な視点から見直します。

 

第1 部 座談会 10:00-11:30

参加者:石津祥介 氏(ファッション・ディレクター)、くろすとしゆき 氏(服飾評論家、元VAN企画本部長)、白井俊夫 氏(信濃屋 取締役仕入担当)、畑埜佐武郎 氏(元エドワーズ・デザイナー) [50音順] 
進行:百々徹(神戸ファッション美術館)

 

第2 部 報告 13:00-16:00

『1960 年代のファッション』13:00
成実弘至 氏(京都造形芸術大学准教授)

『現代メンズ・ファッションへの軌跡』13:45
石関亮 氏(京都服飾文化研究財団学芸員)

『1960 年代のデザイン』14:30
井上雅人 氏(武庫川女子大学専任講師)

『1960 年代のメディア環境』15:15
難波功士 氏(関西学院大学教授)

 

第3 部 ディスカッション 16:20-17:10

パネラー:成実弘至 氏、石関亮 氏、井上雅人 氏、難波功士 氏 [第2部報告順]
進行:百々徹(神戸ファッション美術館)