follow me

おすすめ雑誌のご紹介

こんにちは。
今日は、神戸ファッション美術館3階ライブラリーにある雑誌をご紹介しますshine

1937年11月に創刊された、資生堂制作の企画文化誌『花椿』です。
その前身は、1924年創刊『資生堂月報』と、1933年創刊の『資生堂グラフ』です。
そして、資生堂が創業140周年を迎えた2012年4月号より新創刊されたのが、
この『花椿』です。

「①美容・化粧情報の提供 ②女性へのライフスタイル提案 ③資生堂の企画文化発信」などが主な内容で、
毎号ひとつの言葉をテーマに、読者のこころ豊かで美しい生活に貢献する誌面」を目指しているとあります。
「ひとつの言葉」とは、例えば「めざめる」「しる」「あじわう」「みたす」「えらぶ」などです。

テーマとなる言葉をイメージした詩や、小説家(よしもとばなな、江國香織、堀江敏幸、西加奈子、重松清など)が書いた短い文章、季節と肌に関すること、映画や展覧会のことなど、様々な情報が載っています。
その中でも、美術家・森村泰昌のコラム「美の毒な人々」と、
歌人・穂村弘がさまざまなジャンルの人と対談する「こんなところで」という記事が面白いのでおすすめです。

資生堂の雑誌ということもあって、新品の香水や口紅の封を切るときのような、わくわくした気分にさせてくれる雑誌です。
どのページもコラージュのようで、眺めているだけで楽しくなりますよdiamond

さて、本日から特別展示「日本の男服―メンズ・ファッションの源泉―」が始まります!
女性のファッションとはまた違った、骨太で味わい深いメンズ・ファッションの展示は、
きっと秋や冬の寒い季節にぴったりだろうと、今から楽しみですmaple
ぜひお越しくださいませ。

imkm

  • 2013/10/11 |
  • 13:09 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!