follow me

新着図書のご紹介☆

神戸ファッション美術館、3Fライブラリーより、新着図書のご紹介です。

ウエディング雑誌が1冊、ファッション関連の書籍が10冊入ってきましたlovely

まずは雑誌からご紹介させていただきますね。

                                                                                  ○「WHITE Sposa」(ホワイトスポーザ)

イタリア発Wedding雑誌。(年4回発行)

閲覧室のウエディングコーナーの棚に配架していますshine

イタリアで有名なドレス業者のウエディングドレスのグラビア写真が盛り沢山。今回はNo.40~入ってきました。これからドレスをオーダーメイドされる方などは、一度目を通して自分の好きなドレスのデザインを選んでみられてはいかがですか?virgo

             

続いて、書籍のご紹介です、書籍は現在処理中で、11月11日(月)に閲覧室の新着コーナーの棚に配架予定ですshine

kate Moss  請求記号:0406/KAT

ケイト・モス自身が 彼女の過去20年間のキャリアにフォーカスした一冊。

Marisa Berenson  請求記号:0406/MAR

モデルを特徴としている300以上のショットをまとめた一冊。

Muses  請求記号:0407/MUS

Stylists  請求記号:0407/STY

Influence Mary-Kate Olsen Ashley Olsen  請求記号:0407/INF

New lcons of Fashion Illustration  請求記号:0408/NEW

Fashion Drawing Encyclopedia  請求記号:0408/FAS

Piet Paris Fashion Illustration  請求記号:0408/PIE

Antonio Lopez  請求記号:0408/ANT

Figure Drawing for Men’s Fashion  請求記号:0408/FIG

                                                                                

以上となります。

ただいま1Fでは特別展示「日本の男服―メンズ・ファッションの源泉―」を開催中ですflair

展示をご覧になった後は、ぜひ3Fライブラリーにもお立ち寄りくださいませ。

book

  • 2013/10/31 |
  • 11:57 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

冬の六甲アイランド

台風が過ぎ去り、いっきに冬の到来を肌で感じます。

そんな中子ども達は元気なもので...

先日10月26,27日に行われた、六甲アイランドハロウィンフェスティバル!!

いろんな仮装をした子どもたちがお菓子をもらうために六甲アイランド中を駆け巡っていましたhappy01 

白雪姫やシンデレラ、マリオとルイ―ジ兄弟や、恐竜の着ぐるみ、魔女にドラキュラ。

子ども達の仮装はカワイイですね♡

かぼちゃの形をしたかごに一生懸命お菓子を集めていく姿はとても癒されます。

他にも仮装コンテストやパレード、かぼちゃのランタン作りで島内は非常に盛り上がっていました♪

ハロウィンが去ってしまったら、次はお待ちかねのクリスマスですshine

六甲アイランドでは神戸ファッション美術館のお向かいで着々とツリーの準備が行われています。

  

点灯期間は11月30日(土)~12月25日(火)まで。

雪が降るイベントもあるみたいですよsnow

神戸ファッション美術館で『日本の男服―メンズ・ファッションの源泉―』をご覧になった後、お帰りの際に巨大なクリスマスツリーのイルミネーションはいかがでしょうか?

みかん

セミナー「仕立職人たちの格闘 ―どうにか国産紳士服が作れるようになった頃」

現在開催中の特別展示日本の男服―メンズ・ファッションの源泉―関連イベント
セミナー「仕立職人たちの格闘 ―どうにか国産紳士服が作れるようになった頃」のお知らせです。

日時:2013年11月30日(土) 開場13:30 開演14:00
会場:神戸ファッション美術館4階 第1セミナー室
申込不要/参加無料

講師:安城寿子氏
服飾史家。お茶の水女子大学大学院博士後期課程修了予定(2014年3月)。神戸芸術工科大学非常勤講師(2012年)。論文に「明治末から大正期における裁断技術の向上を図る動きについて―男性洋服の製作的側面に見る日本服飾の近代化の位相―」(2011)、共著に『ファッションは語りはじめた―現代日本のファッション批評―』(2011)など

服飾史家の安城寿子氏を講師にお迎えして、明治から大正時代にかけての仕立服の黎明期についてお話し頂きます。

 

 

KMi.

日々の泡

皆様こんにちはshine

早いもので10月の終わりが近づいています。

暖かい灯りと温かい飲み物に心癒される季節ですね。

お家でのんびりと、また、カフェでほっこりする時間は幸せです。

さて、先日気になっていた作品を観に映画館へ足を運んできました。

三ノ宮と元町の中間に位置する、「シネ・リーブル」さん。

好みの映画がしばしば上映されるのでお世話になっています。

こじんまりとしており、ゆっくりと作品を味わうことができます。

今回観た作品は、「ムード・インディゴ」(原題:L’ecume des jours)

ボリス・ヴィアン(1920-1959)、第3作目の小説「うたかたの日々(日々の泡)」(1947)

を、ビョ―クのPV等も手掛けるミシェル・ゴンドリー監督が映画化。

ポップで美しい映像・キャスト・音楽共にとても印象に残る作品でした。

「シネ・リーブル」さんのある、旧居留地エリアはとても雰囲気が良く、路面店でのショッピングも楽しむことができますcrown

神戸ファッション美術館では、「日本の男服展-メンズファッションの源泉-」を開催中です。

じっくりと展示をご覧いただき、心に残る、良き時間を過ごしていただければと思いますshine

本日もお読みいただきありがとうございます。

lysconfident

  • 2013/10/27 |
  • 10:30 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

mim新作紹介

こんにちはvirgo

神戸ファッション美術館3Fミュージアムショップより新作商品のご案内をします

まずは10月より新しくお取り扱いの始まった作家さんを4組ご紹介します

kokochi sun³(ココチ サンサンサン)


つま先のそり上がりや、独特の加工を施した革の雰囲気、
まるで映画のスクリーンから飛び出してきたようなコミカルな風貌の靴。

そこには手仕事でしかなし得ない、やわらかな空気感が漂っています。

http://www.kutsuya-koubou.com/

SUKIMAKI ANIMATION
マルチプレーン撮影台を使った手描きの短編アニメーションを制作しています。

《雪をみたヤマネ》(2010)、《やまなし》(2011)は、世界各国のフェスティヴァルで
上映されています。

KARASKI accessaryでは手描きの絵を使った樹脂アクセサリーを制作しています。

http://sukimaki.com

Pepachal(ぺぱちゃる)
デザイン・制作 緒方 薫

色と形にこだわって、身の回りにあるものから想像上のものまで紙で作っています。

展開図を見ただけでワクワク出来るような、水彩画を描くように色を付けたペーパークラフト。
1枚の平らな紙が立体になり、過ぎていく時間が忘れられるような時を感じてもらえればうれしいです。

TALA


目が合ったとき、ちょっとあたたかい気持ちになれる作品。
ふだん見過ごされるパーツを使って、自分が使いたいどこにもないようなアクセサリーを
つくりました。
気に入ってもらえたら、うれしいです。

http://www.tala16.jp/

◆◇◆◇◆◇◆◇

続いてdi:amant、mog mog、清水麻里さんの新作をご紹介します

di:amant
秋冬商品が入荷しました。


着るだけでコーディネートの主役になるニットポンチョ
シャツをインして着ても可愛いニットワンピース
ニットワンピースと同じ配色のニットカーディガン
これからの季節にピッタリな作品ですshine

mogmog


以前より取り扱っていた幅広のリングがイヤリングとピアスに
なって新登場。
揺れるタイプに作られています

清水麻里


これまでの手ぬぐい・ストールに加え、新たにハンカチが入荷しました。
丁寧にひとつひとつ染められたハンカチは肌触りもよく、プレゼントにも
ちょうどいいサイズになっていますpenguin

◆◇◆◇◆◇◆◇

mimでは今後も新作商品などを追加していく予定ですので、この秋は神戸ファッション美術館で【芸術の秋】と【ファッションの秋】を楽しんで下さいapple
1Fでは特別展『日本の男服―メンズ・ファッションの源泉―』が開催中ですdrama

そして神戸ファッション美術館3Fミュージアムショップmimでは現在第18回公募の受付中です。
詳しくはこちら

maytaurus

  • 2013/10/26 |
  • 10:54 |
  • ミュージアムショップ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!