follow me

夏の終わりに

こんにちは。

大雨が通り過ぎたら急に秋の気配がしますね。

しかし、まだまだ夏休みは残されています。

悔いのないよう充実した休暇を過ごしてください。

さて、神戸ゆかりの美術館では秋の展覧会に向け準備が進んでいます。

次は38人の洋画家の作品展示です。

展覧会に関連した講演会や実技講座もご用意しています。

神戸の画家によるお話と、実技指導に興味のあるかたはぜひご参加ください。

次回展に出品&講師をしていただく上尾忠生さんの作品です。

※去年の実技講座の様子。
上尾忠生さんに動物園で写生の実技指導をしていただきました。今年は同じく上尾さんを講師に迎え森林植物園で開催予定です。

詳細は神戸ゆかりの美術館(TEL:0178-858-1520)までお問い合わせください。

re.eco

  • 2013/08/27 |
  • 16:53 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

新着図書のご紹介

みなさん、こんにちは。
本日は神戸ファッション美術館3階ライブラリーよりshine新着図書bookのご案内です。

今回はすべて写真集!
初めて当館を訪れる方も、手に取りやすいジャンルなのではないかと思います。

・GRAND INTERIORS  請求記号:3004/GRA
・LE SIECLE DE WILLY RONIS  請求記号:3004/RON
・LEE FRIEDLANDER  請求記号:3005/FRI
・Lewis Hine  請求記号: 3005/HIN
・Dennis Hopper  請求記号:3005/HOP
・FIRST PICTURES  請求記号:3005/JOE
・William Klein ABC  請求記号:3005/KLE
・LISETTE MODEL  請求記号:3005/LIS
・SAM SHAW  請求記号:3005/SAM
・NOMAD  請求記号:3006/NOM
・東京ポートレイト  請求記号:3007/KIK
・モノクローム 請求記号:3007/MOR
・カラー  請求記号:3007/MOR
・来たるべき言葉のために  請求記号:3007/NAK
・Hiroshi Sugimoto  請求記号:3007/SUG
・The Essential Cecil Beaton  請求記号:3008/BEA
・Coming into Fashion  請求記号:3008/COM
・TERENCE DONOVAN FASHION  請求記号:3008/DON
・GRAPHIC FASHION  請求記号:3008/GRA
・FOREVER YOUNG  請求記号:3008/JAC
・SIEFF FASHION  請求記号:3008/SIE
・Deborah Turbeville  請求記号:3008/TUR
・David LaChapelle  請求記号:3009/DAV
・OMIAI  請求記号: 3009/OMI
・SPIRIT OF ECSTASY  請求記号:3009/RAN
・V2  請求記号:3009/RUS
・RUSSELL JAMES  請求記号:3009/RUS 

以上、計27冊です。
今回の私個人のお勧めは『OMIAI(オミアイ)』です。


タイトルから予測できるように、載っているのはすべてお見合い写真。しかも全て同じ女性がモデル。
単調かと思いきや決してそうではなく、むしろページをめくるたびに「こんなにもメイクと服装の変化で雰囲気がガラリと変わるのか!」と驚いてしまいます。
ファッションをテーマとする当館にふさわしい一冊ではないでしょうか。

ご紹介した本はどれも20日に書架へ配架済ですので、ご来館いただければすぐに読んでいただけますよ~。
涼をよぶロマンキモノ-夏の愉しみ」をご覧になったあとに、ぜひ3階ライブラリーにもお立ち寄りください。

きこchick

  • 2013/08/26 |
  • 10:00 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

mimワークショップ 「世界で1枚のTシャツを作ろう!」

8月18日(日)、神戸ファッション美術館4Fセミナー室2にて
ステンシルでトントントン♪世界で1枚のTシャツを作ろう!」を開催いたしましたshine

音楽と動物と自然を愛する人に送るデザインTシャツブランド、MUSIC ZOOの安藤直人さんを講師にお迎えしました。
ステンシルで自分だけのオリジナルTシャツやバッグを制作するワークショップです。
まずは講師の安藤さんより自己紹介やステンシルTシャツ作りの手順などを話していただいてから制作開始

定着液と絵具を筆でグルグルと混ぜます。
混ざったら筆でたたくようにステンシル
動物や植物、昆虫など様々なデザインのある型から好きなものを選んでトントントン

グラデーションを使ったり、自分の名前を入れてみたり、十人十色のオリジナル作品が完成しましたheart04

最後に参加者みなさまで集合写真を撮って終了club
2時間があっという間の、子どもから大人まで楽しめる
素敵なワークショップになりました

講師の安藤さん、素敵なワークショップをありがとうございました

また、神戸ファッション美術館3階ミュージアムショップはただいま阪急うめだ本店9階アートステージにて8月27日(火)までmuseum in museum ポップアップショップとして期間限定で出店しております。
終了日まであと少しですが、mimでは販売していない新作もありますので、お近くに来られた際はぜひお立ち寄りくださいup

museum in museum

  • 2013/08/25 |
  • 17:45 |
  • ミュージアムショップ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

◇モダンなフォルム◇

神戸の街は、なにかと「洋」のイメージが強いようですが、
よくみればけっこう「和」のものもあるなぁと思います。

元町駅のすぐ近くの元町商店街にも、呉服店や和装小物のお店がちょこちょこあります。

四角いきんつばの発祥:本高砂屋の本店も、ここにあります。
(ちなみに本社は美術館と同じく六甲アイランドにあります)

「大正から昭和にかけては、新開地で評判の映画や芝居を見て、

神戸一ハイカラな元町通を歩き、行列に並んできんつばを買う。

そんな風俗が神戸っ子の間に定着」

 したのだそうです。(こちらのページより引用)

開催中のロマンキモノ展に展示しているような、
モダンな和装の女の子たちも、お店の前に行列を作ったかもしれません。

先日お店をのぞくと季節限定の栗入りきんつばが出ていました。
そろそろ夏休みもおしまいですね。

鑑賞ツアー最後の一回は、29日(木)15:00からですよ(^。^)お楽しみに。

ロマンキモノ展は、のこすところあと一ヶ月です。
関東や九州など、遠方からお越しくださる方も多く、とても嬉しいです。

六甲アイランドから元町へ行くには、電車のほかに、バスも便利です。
バスは20分ほどで三ノ宮駅に到着するので、
そこから(寄り道する時間を差し引いて)徒歩10~15分くらいです。
のりばや時刻については、どうぞお気軽に受付カウンターへお尋ねください。

わたしも大好きなきんつば◇ おすすめです。
本店には喫茶コーナーもあるので、ぜひぜひ神戸を満喫していってくださいね。

◇めP◇

  • 2013/08/25 |
  • 10:00 |
  • 神戸観光
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

『夏展示と灘のお酒と料理を愉しむ夕べ』のご報告

今月の10日神戸ファッション美術館の特別展示関連イベントで『夏着物展と灘の地酒と料理を愉しむ夕べ』を開催しました。
 夕方6時、美術館の一般開館時間が終了してから、ご応募いただいた方々に展示をご覧いただいて、場所をお隣のホテルプラザ神戸18階(最上階)の穹(そら)の間に移動。 
 
  当初は50名の募集をしていましたが、たくさんの方々から応募いただき、最終的には66名の参加となりました。ご希望いただいていたのに参加いただけなかった方々には本当に申し訳ございませんでした。

 白鶴酒造㈱のお酒づくりの専門家の方にお酒の歴史や造り方のお話をしていただき、 

日本酒に合うお料理を用意してくださったホテルの料理長から料理の説明をしていただいて

灘五郷酒造組合様からご提供いただいた灘の銘酒で乾杯し、会がはじまりました。

途中、今回の特別展にご協力いただいた特定非営利活動法人「京都古布保存会」代表のお話しや、日本高等美容専門学校の先生から簡単な帯の結び方を参加者の皆さまに伝授していただいたり、本当になごやかなうちに予定の2時間があっという間に終わってしまいました。
 参加いただいた皆さまからは、美味しいお酒とお料理をいただき、お酒の話も聞けて、楽しいひと時だったよ、というお話しを聞かせていただきました。
 美術館では、特別展示に併せて色々な関連イベントをしていますが、今回は特別展示を見ていただいた後に、おいしいお酒とお料理をという、いつもとはちょっと違った趣向のイベントを行いました。
 手前みそですが、参加者の方々からもご好評をいただいて嬉しかったです。
 ただ、もちろん美術館だけではこのような会を催すことは不可能です。
灘五郷酒造組合様、白鶴酒造様、ホテルプラザ神戸様の大きなご協力をいただいたからこそ行うことの出来たイベントでした。

これからも、色々な方面の方々のご協力をいただきながら特別展示や関連イベントを行っていきたいと思っています。
美術館では、HPやちらしで特別展示関連イベントのご紹介もさせていただいています。
ご興味ある方は(出来ればそうでない方々も)HPや、各所に置いているちらしを手に取ってご覧になってみてください。

 

YOU