follow me

夏真っ盛り、灘五郷の地酒と料理を愉しむ夕べ

こんにちは。
夏真っ盛り。大阪は昨日・今日と天神祭。
お気に入りの浴衣に、うちわをさしてしゃなりしゃなりとお出かけし、
かき氷を頬張りながら花火でも・・・
はすべて妄想で現実は花火の時間を避けていそいそと電車で帰宅するのみ。

そんな私は、日々太陽が灼熱さを増す中で、
求めるものは「冷たいもの」「涼しい場所」。
ということで、先日、どうしてもかん袋さんの氷くるみ餅が頂きたくなって堺へ。
ここは、メニューがくるみ餅だけ。シングルかダブルかだけ選べます。
氷の下をかきわけると白玉とさわやかな緑の餡が~
おいしすぎて一人でシングル×2を食しました。

そんな中、くるみ餅のサンプルの横に黒いお餅のようなものが。
これはとうとう新しいメニューかと思い、
おばちゃんに「横にあるこれはなんですか、これをください」と聞くと
「これは重しにつかっているただの『石』です。」と
恥ずかしかった件についてもご報告しておきます。
まさに「花より団子」。
私の夏は冷たいもの限定の食欲の夏でもあります。

話は変わって、この夏の神戸ファッション美術館での愉しみの一つは、
夏着物・浴衣を着て(着なくてもよい)、
涼しい館内で「涼をよぶロマンキモノ展-夏の愉しみ-」展の案内を楽しんだ後、
ホテルプラザ神戸さんで灘五郷のお酒とお酒にぴったりの和食を愉しむ会です。

お酒といえば、私はいわゆるそんなにいける口ではありませんが、
BS TBS放送の『吉田類の「酒場放浪記」』をよく視ます。
日本の酒場をめぐる旅番組で、吉田氏が「どーもどーも」と暖簾をふとくぐる。
「おすすめは?」、「今日は○○がいいよ、」と隣の見知らぬ客。
差しつ差されつ、あーだこーだとお喋りがくり広げられ、主人やお店の言われを聞いたり、
初対面の人とワイワイ楽しむ。おいしいお酒を愉しんでいる姿ほどよいものはないですね。
平和そのもの。何よりオジサマ方の健康にはよさそうです。

最近では女性や外国の方にも人気だという日本酒。
灘五郷の各蔵元でも見学ツアーやレストランをされているところもあります。
機会があればぜひ一度こちらもご覧ください。

灘五郷は神戸ファッション美術館もある神戸市東灘区、
そして灘区、西宮市を含む有名な酒どころです。
今回は、灘五郷酒造組合様とホテルプラザ神戸様のご協力をいただきまして、
神戸ファッション美術館での枠な夏のイベントの開催が可能となりました!
(イベント詳細は下記・ホームページをご覧ください。)
この機会に夏の贅沢を挙ってお楽しみください。
申し込みの締め切りは、7/30(火)に迫っております。(少々お急ぎくださいませ)

nj

■夏着物展と灘の地酒と料理を愉しむ夕べ
土曜の夜はちょっとおしゃれして美術館はいかがですか。展示室でロマンキモノを楽しんだ後は、灘五郷の杜氏さんのお話を伺いながら地酒とお食事を楽しみましょう。パートナーや気の合う仲間を誘ってお洒落な大人の夜をお過ごしください。
・日時:8月10日(土) 18:00-21:00(終了予定)
・対象:20歳以上の方
・定員:50名
・参加費:3,500円(飲食代)
・協力:灘五郷酒造組合、ホテルプラザ神戸
・後援:神戸市、東灘区、六甲アイランド地域振興会
・申込締切:7月30日(火)当日消印有効

【申込方法】
Eメール、FAX、往復ハガキのいずれかに①イベント名と希望時間、②住所、③氏名(ふりがな)、④年齢、⑤性別、⑥日中連絡のつく電話番号を明記の上、締切日(当日消印有効)までにお申込みください。
・Eメール:workshop●fashionmuseum.or.jp(●を@に変えて送信して下さい。)
・F A X:078-858-0058
・宛 先:〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中2-9-1 神戸ファッション美術館「(希望イベント名)」係
※応募者多数の場合は抽選し、結果はEメール又はFAX、ハガキでお知らせします。

夏の日の1ページ

30度越えの真夏日が続いていますね。
日差しと蝉の声に夏本番を感じる今日この頃です。
先日北海道へ夏風景を楽しむ旅に出ました。
北海道といえども、やっぱり日中は暑い!

円山動物園のアイドル・双子のシロクマも水遊びでクールダウン中。
羊蹄山の山頂の雪は風景のワンポイントに。



美瑛の丘は花が咲きパッチワーク状になる前でしたが、
360度の緑のじゅうたんは圧巻!
火山活動でできた「青の池」に映る木立は、より神秘的な空間を演出します。
どの風景も、抜けるようなブルーの空と相まって、見とれてしまうほどでした。
ただ今開催中の「涼を呼ぶロマンキモノ―夏の愉しみ―」でも、
日本の夏や美意識を表現した貴重な夏着物をご覧いただけます。
匠の手で紡ぎだされた色彩の美しさをぜひお楽しみください。

まるも

  • 2013/07/23 |
  • 14:47 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

雑誌のご紹介

みなさま こんにちは

元気なセミの声を聞くと、夏本番を感じますねhappy02

きょうは、神戸ファッション美術館3階ライブラリーより、新しく入った雑誌をご紹介します。

まずは、英国発の手芸雑誌

Mollie Makes(モーリー・メイクス)です。

イギリスならではの色づかいとセンスにあふれたファブリックや雑貨は、見ているだけで楽しい気分にさせてくれます。ページをめくるごとにカワイイがあふれてきます。今回最初に入ってきた28号には、可愛いけど大人っぽい化粧ブラシケース、縁取りをしてさらにおしゃれになったアンティークのハンカチ、裂いた生地で編んだルーム・ラグなどの作り方が紹介されています。(月刊)

つづいて、イタリア発のウェディング雑誌

VOGUE Sposa(ヴォーグ・スポーザ)です。

VOGUE ITALIAのウェディング版です。ウェディングドレス、ジュエリーや小物、ブーケなど、モード色溢れる美しい写真には溜息が漏れます。(年4冊)(2013年6月号(№25)から)

なお、VOGUE Sposaは、1992年から1999年までの巻は、バックナンバーとして書庫に所蔵があります。興味のある方はこちらもご覧ください。(利用者カードもしくは身分証が必要です)

これらの雑誌は、閲覧室のそれぞれ手芸・ウェディングのコーナーに配架してありますので、自由にお手にとってご覧くださいねwink

t-shirt

  • 2013/07/22 |
  • 10:00 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

7月28日講演会「涼を愉しむ―着物や絵画に表現される夏―」

特別展示「涼をよぶロマンキモノ展―夏の愉しみ―」が開幕し4日が過ぎました。
お着物や浴衣で来館下さる方の姿もお見かけし、会場が華やいでいます。

7月28日(日)には、講演会「涼を愉しむ―着物や絵画に表現される夏―」を開催いたします。

講演会:「涼を愉しむー着物や絵画に表現される夏」

絵画には、夕涼みをはじめとした夏の風景や色鮮やかな着物が数多く描かれています。ロマンキモノから時代を遡りながら、浮世絵や図案などに表現された夏の風景や着物の意匠をご覧いただきます。また、本展覧会の着物の取り合わせは、京都市内で生まれ育った昭和初期を知る方にご協力いただき、実現しました。聞き取り調査から浮かび上がった、当時の夏の過ごし方や着物の愉しみをご紹介します。展覧会とはひと味違った夏の着物をお愉しみください。

日時: 7月28日(日)14時―15時30分(13時30分開場)

講師:山本真紗子(日本学術振興会特別研究員)
      加茂瑞穂(立命館大学専門研究員)

会場:神戸ファッション美術館4階セミナー室

事前申込不要・参加費無料 


着物に表現される模様や、絵画から見てとれる夏について、さまざまお話を伺える機会です。
皆さまのお越しをお待ちしております。
pisces
 

 

 

午後のプロムナード

ドライブがてら、芦屋にあるヨットハーバーに行ってきました。
地図で見ると…

桟橋の形がちゃんとわかります!
六甲アイランドからは車で湾岸線を西に進めば20分ほどで行けます。
近くには小さなショッピングモールもあり、お買い物ついでにちょっと散歩するのに最適です。

近くには教会もあります。
ここではなんとクルーザーで入場できちゃうそうですship

マイ桟橋がついているお家もあります。


この日は天気が良かったので、クルーザーあまりなく…きっとクルージングに出かけてるのでしょうねcoldsweats01 魚釣り帰りの方をちらほら見かけました。
目の前の海でも時々はねる魚の姿が見られたのですが、何の魚かわからず…
海の向こうには大阪湾が広がります。

潮風が気持ちよく、沢山の方が階段でのんびりしていました。
いつか船の上で風を浴びれることを夢見ておりますlovely

神戸ファッション美術館では、7月18日から
「涼をよぶロマンキモノ展―夏の愉しみ―」がはじまっています。

ヨットハーバーからすぐ近くの芦屋市総合公園で、芦屋サマーカーニバル(7/27)も
開催されますので、ご自慢の浴衣に着替えて出かけてみてはいかがでしょうかnote

bullettrainのぞみ

  • 2013/07/20 |
  • 10:00 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!