follow me

7月28日講演会「涼を愉しむ―着物や絵画に表現される夏―」

特別展示「涼をよぶロマンキモノ展―夏の愉しみ―」が開幕し4日が過ぎました。
お着物や浴衣で来館下さる方の姿もお見かけし、会場が華やいでいます。

7月28日(日)には、講演会「涼を愉しむ―着物や絵画に表現される夏―」を開催いたします。

講演会:「涼を愉しむー着物や絵画に表現される夏」

絵画には、夕涼みをはじめとした夏の風景や色鮮やかな着物が数多く描かれています。ロマンキモノから時代を遡りながら、浮世絵や図案などに表現された夏の風景や着物の意匠をご覧いただきます。また、本展覧会の着物の取り合わせは、京都市内で生まれ育った昭和初期を知る方にご協力いただき、実現しました。聞き取り調査から浮かび上がった、当時の夏の過ごし方や着物の愉しみをご紹介します。展覧会とはひと味違った夏の着物をお愉しみください。

日時: 7月28日(日)14時―15時30分(13時30分開場)

講師:山本真紗子(日本学術振興会特別研究員)
      加茂瑞穂(立命館大学専門研究員)

会場:神戸ファッション美術館4階セミナー室

事前申込不要・参加費無料 


着物に表現される模様や、絵画から見てとれる夏について、さまざまお話を伺える機会です。
皆さまのお越しをお待ちしております。
pisces