follow me

クリーニング

ただいま今年10月に開幕する『日本の男服 ―メンズ・ファッションの源泉―』展の準備を進めています。この特別展では、明治時代の日本の洋装化黎明期からはじまり、“メンズ・ファッション”が萌芽する1960~70年代までに焦点をあてた、男服をテーマとした展示をおこないます。
そちらで展示する予定の資料のなかに、VANでアイビーやトラッドの仕掛け人として企画に携わっておられたくろすとしゆき氏からご寄贈いただく衣装が含まれています。くろす氏からは、ご自身が所蔵されていた衣装や小物、アイデア・ソースにされていた書籍や雑貨などを多数頂戴する運びになっており、現在、整理の作業を進めています。

その資料の一部にあまりコンディションの良くないものがあり、そのままでは展示することも適わないと判断されるものが数点あったため、クリーニングをお願いすることにしました。そこで今回、神戸ブランメル倶楽部の集まりでも存じ上げていることもあって、カワキ屋の石崎さんにご相談することにしました。

石崎さんにお伺いすると、カワキ屋の創業は1901年だそうで、創業100年以上の老舗クリーニング店になります。創業の地は広島とのことですが、1914年に神戸に進出したそうです。当時は既製服などもちろんなく仕立服しかない時代です。神戸は近代洋服発祥の地とも言われ、また阪神間の地域は名士も多いことから、洋服のクリーニングにもこだわりのある方々も多かったのではないでしょうか。そんなことからカワキ屋は洗い方や仕上げについて長年研究と研鑽を重ね、今もその姿勢は失わないと、石崎さんは語ります。
ただ最近では、料金の安さを競う傾向も強く、そのような市場の在り方との整合性をとるのが難しいともおっしゃっていました。

昨日、夙川の工場にお伺いして、今回クリーニングをお願いすることになった衣装数点について、職人さんたちを交えながら入念にそれぞれその対処法をご相談して作業の方針を定めました。
石崎さんは「緊張しますね」と笑いながらも、最後には力強く「お預かりします」との言葉をいただきました。

MOMO

美術館の裏側のお仕事 ~美術品撮影講座~

みなさん、こんにちはsun

先日、神戸ファッション美術館のお隣、神戸ゆかりの美術館で「美術館バックヤード講座」が開催されました。

今日はそのご報告です。happy01

さて、美術館で展覧会を作る際に、様々なお仕事があります。flair

展覧会を作るには、私たち美術館スタッフ以外にも、様々な専門家の方々の協力が必要です。今回はその中でも、美術品の写真撮影についてです。

ポスターやカタログに使われる、美しい美術品の写真。shineshineshine

その撮影技術を知るために、プロのカメラマンの方に実演していただきました。

今回の講師、加藤成文先生です。camera

まずは、カメラの説明から。ポジフィルムとデジタルの違いについての説明をいただきました。先生の説明も熱が入ると、聞き慣れないカメラの専門用語も出てきて、カメラを使い慣れない参加者は少し難しい場面も。でも、豊富な撮影経験のある先生だからこそ得た貴重な技術です。実演では、神戸ファッション美術館、神戸ゆかりの美術館それぞれの所蔵品を撮影していただきました。

立体作品と平面作品ではライティングが違います。仕上がりは美術館学芸員の好みも反映されますので、撮影したモニターを確認しながら映り具合の相談をします。

最近のデジタルカメラの性能が良いので、かなり画像補正が可能です。

でも、美しく仕上げるためには、撮影前の準備を念入りに。

また出来る限りデータ完成後の補正をしないで済むように

撮影する技術を紹介していただきました。

今日から、展覧会カタログを見る目が少し変わりますね。book

加藤先生、ありがとうございました。camera

re*eco

新着書籍のご紹介です。

みなさま、こんにちは。
本日は神戸ファッション美術館3階ライブラリーより、shine新着図書bookのご紹介です。今回は装飾小物の本が多めでございます。
こちらの図書は7月29日に配架されますので、ご覧になりたい方はまた明日もお越しくださいませ~catface

■レディスファッション
・「Rick Owens」
 Terry Jones  請求番号:0403/OWE
・「Raf Simons」
 Annick Volk  請求番号:0403/SIM

■装飾小物
・「The artist as jeweler」
 Diane Venet  請求番号:1203/ART
・「JEWEL BOOK 12 13」
 Jaak Van Damme  請求番号:1203/JEW
・「THE MASTERY OF TIME」
 Dominique Flechon  請求番号:1204/MAS
・「BOTTEGA VENETA」
 Tomas Maier  請求番号:1205/BOT
・「Hats」
 Stephen Jones  請求番号:1207/HAT
・「Stephen Jones & the Accent of Fashion」
 Stephen Jones  請求番号:1207/STE
・「Philip Treacy by Kevin Davies」
 Kevin Davies  請求番号:1207/PHI

■靴・皮革
・「ルイ・ヴィトン 華麗なる歴史」
 Paul‐G´erard Pasols  請求番号:1105/LOU

今回のおすすめ本は「The artist as jeweler」「JEWEL BOOK 12 13」です。
コンセントモチーフの指輪や弾丸を使ったものなど、一風変わったアクセサリーの写真が面白い2冊です。
「JEWEL BOOK 12 13」は表紙を開いた次のページにぜひご注目ください。
そして人気の大型本が新たに2冊追加です。こちらもお手に取ってご覧ください。

お客様が訪れた際、一番最初に目にとまる場所に一定期間配架しております。
お目当てがあるお客様も、「涼をよぶロマンキモノ展―夏の愉しみ―」をご覧になったついでにふらりと訪れたお客様もどなたさまもご覧ください。

きこchick

  • 2013/07/28 |
  • 10:00 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

特別を感じる。

毎日暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうかsun
学生の皆さんも夏休みに入り、遊びに勉強に忙しく、
お母様方も、いつもより賑やかになった家で毎日奮闘しておられることと思います。

そんななか私は先日、広島旅に行ってまいりました。
広島と言えば…ということで、初・宮島!


船に乗ってすぐそこの、決して遠くの島ではないのに
何かとても特別なところに来たように思える美しさでした。


到着した時間にはちょうど潮が満ちていて、海に浮かぶ鳥居を見ることが出来ました!

翌日は、昼ごろになると潮がひいて鳥居の下まで歩いて行くことも。

本当にこんなに潮の満ち引きがあるのだなぁと感動!
本やテレビを見て知っているのと、実際に目にするのとでは大違いですよね。


国内・国外問わず、素敵だなと思う場所には、やはり実際に足を運びたいと思いました。

実は宿泊した夜、浴衣に着替えてナイトクルーズに繰り出しました。

夜、船の上で、海に浮かぶ鳥居のライトアップを見る…という体験自体もそうですが
浴衣を着るとそれだけで、ちょっと特別な気分になれますね!

神戸ファッション美術館では、「涼をよぶロマンキモノ展―夏の愉しみ― 」を開催中!
着物(和装)でご来館の方は、入館料が無料になります。
勿論浴衣でのご入館も無料です!
お祭りなど何かきっかけがないと、なかなか浴衣を着ようと思いたたないものですが、
ぜひこの機会に、浴衣で涼しく、ちょっと特別な気分で夏のお出かけなどいかがでしょうかshine
皆様のご来館をお待ちしております!

DAIDAshadow

  • 2013/07/27 |
  • 13:07 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

鑑賞ツアーがはじまりました

夏休みいかがお過ごしでしょうか?

「鑑賞ツアー ファッション美術館へようこそ」

・・・昨年からはじまった夏のイベントです。今年も開催しています!

ミュージアムスタッフがそれぞれテーマを決めて、展示室の作品を見ながらお話します。

第一回(25日)のテーマは、「19世紀とクリノリン・ドレス」でした。

19世紀に広まったもの・新しくできたものには、
たとえば 写真、ファッション雑誌、ミシン、百貨店、ショーウインドー、万国博覧会
・・があります。
「ファッション」を消費する方法が増えました。
そしておしゃれを楽しむ人たちの数も増えました。

19世紀の半ばに流行したクリノリン・ドレスは、
この怒涛の社会変化を見てきたのですね

そう思うと、もうドレスに体験談をしゃべってもらいたい

いかがですか先生

「・・・・・・・」

「鑑賞ツアー」は来週も木曜日に開催します!
内容など、詳しくはこちらをご覧ください

この機会に、 すこしでもファッションを身近に感じて頂ければ幸いです。
参加してくださった方には、ささやかなおみやげも準備しています。
夏休みということで、子どもたちのご参加もお待ちしています!

めP