follow me

「涼をよぶロマンキモノ展―夏の愉しみ―」関連イベント

今日は久しぶりに穏やかな夕暮れでした。夏至が過ぎて少しずつ夜が短くなっていきますね。
夏のお楽しみごとに、7月18日から始まる展覧会「涼をよぶロマンキモノ展―夏の愉しみ―」関連イベントをご紹介します。

■講演会:「涼を愉しむー着物や絵画に表現される夏」
絵画には、夕涼みをはじめとした夏の風景や色鮮やかな着物が数多く描かれています。ロマンキモノから時代を遡りながら、浮世絵や図案などに表現された夏の風景や着物の意匠をご覧いただきます。また、本展覧会の着物の取り合わせは、京都市内で生まれ育った昭和初期を知る方にご協力いただき、実現しました。聞き取り調査から浮かび上がった、当時の夏の過ごし方や着物の愉しみをご紹介します。展覧会とはひと味違った夏の着物をお愉しみください。

日時: 7月28日(日)14:00-15:30(13:30開場)

講師:山本真紗子(日本学術振興会特別研究員)、加茂瑞穂(立命館大学専門研究員)

会場:神戸ファッション美術館4階セミナー室

事前申込不要・参加費無料

 

■講演会:「乙女の憧れ〜抒情画にみる夏のよそおい~」
大正から昭和にかけての女性ファッションの流行は、『婦人倶楽部』や『少女画報』などの雑誌に抒情画家たちが描いた女性像が牽引していました。この講演では、本展で再現展示を試みる高畠華宵をはじめ、竹久夢二や蕗谷虹児など当時人気を博した画家たちの作品から、女性たちが憧れを抱き、髪型や化粧、着こなしの参考にした夏のよそおいを紹介します。

日時: 9月1日(日)14:00-15:30(13:30開場)

講師:田中圭子(京都造形芸術大学専任講師)

会場:神戸ファッション美術館4階セミナー室

事前申込不要・参加費無料

 

■講演会と着付け実演「大正・昭和の着物と暮らし」
大正・昭和の着物には独特の色彩とデザインがあります。特に夏の着物は美しい色彩や色柄にあふれ、いまではもう再現することのできない技法も多く使われています。その魅力について、実際のモデルをつかったデモンストレーションで、当時の着付けや帯結びについて実演で解説します。本物の手触り・質感をぜひ会場でご覧になってください。また装いと密接につながる暮らしについて、夏から秋の歳時とともにご紹介します。

日時:9月15日(日)14:00-15:30(13:30開場)

講師:似内惠子(NPO法人京都古布保存会代表理事)、里見美代子(日本高等美容専門学校講師)

会場:神戸ファッション美術館4階セミナー室

事前申込不要・参加費無料

 

■夏着物展と灘の地酒と料理を愉しむ夕べ
土曜の夜はちょっとおしゃれして美術館はいかがですか。展示室でロマンキモノを楽しんだ後は、灘五郷の杜氏さんのお話を伺いながら地酒とお食事を楽しみましょう。パートナーや気の合う仲間を誘ってお洒落な大人の夜をお過ごしください。

日時:8月10日(土) 18:00-21:00(終了予定)

対象:20歳以上の方

定員:50名

参加費:3,500円(飲食代)

協力:灘五郷酒造組合、ホテルプラザ神戸

後援:神戸市、東灘区、六甲アイランド地域振興会

申込締切:7月30日(火)当日消印有効

 

■浴衣を着よう!
六甲アイランドの夏祭り、サマ―イブニングカーニバルに浴衣でおでかけしませんか。夏になると一度は袖を通したい浴衣!先生のお手本に習って、着崩れしにくいポイントや帯結びを練習し、お手入れ方法を学びましょう。

日時:8月31日(土)①13時30分-14時30分 ②15時―16時

講師:里見美代子(日本高等美容専門学校講師)

対象:どなたでも(英語対応可能)

定員:各回10名

参加費:500円

持ち物:浴衣、帯、スポーツタオル2枚、腰紐3本、伊達締め、帯板、履物

申込締切:8月17日(土)当日消印有効

 ■■「夏着物展と灘の地酒と料理を愉しむ夕べ」「浴衣を着よう!」は事前申込みが必要です。
Eメール、FAX、往復ハガキのいずれかに①イベント名と希望時間、②住所、③氏名(ふりがな)、④年齢、⑤性別、⑥日中連絡のつく電話番号を明記の上、締切日(当日消印有効)までにお申込みください。
・Eメール:workshop●fashionmuseum.or.jp(●を@に変えて送信して下さい。)
・F A X:078-858-0058
・宛  先:〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中2-9-1 神戸ファッション美術館「(希望イベント名)」係
※応募者多数の場合は抽選し、結果はEメール又はFAX、ハガキでお知らせします。

 

■ギャラリートーク
7月20日(土)、8月24日(土)、9月21日(土)14:00より約30分  解説:展覧会担当者  要入館料

 

高田喜佐 ザ・シューズ展会期も残すところ10日ほどです。800点の靴と喜佐さんのデザイン画やイラストなどの世界をぜひ体感ください。

 
pisces