follow me

15日(土)から「西村 功と神戸」開催!

神戸ファッション美術館のおとなり、神戸ゆかりの美術館にて6月9日まで開催していました、

「彫刻のまち神戸 新収蔵・藤本敬八郎の“雲水” と神戸ゆかりの彫刻家たち」に

皆様お越しいただきましてありがとうございましたsign03sign03

たくさんの人々に神戸の彫刻の魅力を感じとっていただけたなら幸いですfuji

さて、平成25年度第二期展は…!!!!

特集展示「没後10年・生誕90年 西村 功と神戸~哀歓とユーモア~」を開催いたします。

西村 功(1923~2003)は、駅やパリの街角を舞台に、そこで暮らし働く人々を描いた洋画家です。

また、異国情緒漂う洗練された神戸の街でも、地面に腰を下ろし画板を抱えて作品を描いていました。

2013年は、西村の生誕90年、没後10年の記念の年にあたり、

神戸ゆかりの美術館では、西村が描いた神戸風景を中心に展覧会を開催します。

同時開催として、BBプラザ美術館「西村 功 パリの情景」(6月15日~9月1日)、ギャラリー島田「西村 功―油彩小品・水彩を中心に―」(6月15日~7月10日)が開催されます。

この夏、神戸で西村 功の作品がたくさん見られます。是非、西村が愛したパリと神戸の風景をお楽しみください!

またまた!!神戸ゆかりの美術館とBBプラザ美術館では二館連携のスタンプラリーを開催します。

どちらかの美術館のチラシの裏に、二館両方のスタンプ集めると記念品を差し上げます。

当館では、先着100名様にご用意しております。

ぜひぜひご興味のある方はお早めにお越しくださいねhappy01heart04

nataco