follow me

KOBE ALOHA BREEZE 2013

みなさま こんにちは

5月らしい陽気と爽やかな風を感じる季節ですね。

この週末は、ハワイの風を思う存分感じてみませんか?

神戸ファッション美術館に隣接する、サン広場で今日と明日、

フラダンスや音楽の演奏をいろいろな団体が交替で行うイベントが開催されます。

フラ関連の衣装や、ワンピース、スカート、ハワイアン小物(髪飾りなど)のお店など、ハワイアンファッションやフラダンス関連小物の販売ブースも出店します。

 

KOBE ALOHA BREEZE 2013

神戸がハワイになる2日間

■ 開催日
2013年5月25日(土)26日(日)

■ 開催時間
5月25日 サン広場 11:00-
5月26日 サン広場 11:00-
■ 会場
神戸ファッションプラザ・サン広場、及びその周辺
兵庫県神戸市東灘区向洋町中2丁目9-1
http://www.kfp.co.jp

雨天決行

観覧無料

主催 NPO法人 カルコムKOBE
後援 ハワイ州観光局
助成 公益信託神戸まちづくり六甲アイランド基金
運営管理 KOBE ALOHA BREEZE 実行委員会
協力 Kobe Fashion Plaza, Aloha Walker
特別協賛 Hilo Kume

神戸アロハブリーズhttp://www.kobealohabz.com/index.html

・・

神戸で最大規模のフラエキシビジョンとハワイアンマーケットは今年6回目を迎え、

今回は、文化交流ワークショップも開催されます。

 

=LAUHALA WEAVING WORKSHOP=

ハワイ産ラウハラを使ったLAUHALA WEAVING(ラウハラ編み)のブレスレットを制作します。

開催日  5/25 5/26両日
開催場所  神戸ファッション美術館4F ギャラリー
開催時間  3回 12:00 15:00 18:00 各90分 定員30名/各回
           *26日12:00のワークショップは定員に達しました
料金  アロハブリーズ出演者 2,000円(材料費含む)  一般 4,000円(材料費含む)

お申込みはこちらから、フォームでお申し込みください。

受付は先着順となります。

残席があれば、当日の受付も可能です。

お問い合わせ先 

運営事務局 外山(とやま)090-5366-0643  E-mail: office@kobealohabz.com

・ ・

神戸ファッション美術館1F展示室では、只今、シューズデザイナー高田喜佐が、靴のファンタジーを追い続けた41年間の軌跡を紹介する高田喜佐 ザ・シューズ展と、アメリカを代表するオートクチュールデザイナーが描きだす、ヨーロッパ・モードと異なるダイナミックなアメリカ・オートクチュールの世界を堪能できるアーノルド・スカージ展が同時開催中です。

みなさまのご来館をお待ちしております。

KISSAのゴムのズック靴

高田喜佐 ザ・シューズ展 の会場のはじまりは
たのしいズックの広場です。

喜佐さんがデザインした ファッションズックは
「おしゃれで履きやすい」と、たくさんの女性に支持され続けました。

中でも、オールゴムでできたズック靴は
独特のかわいいフォルム。 

 

「ズック靴で使うゴムは、絵の具と同じように自由に色出しできるので、デザインを考えるのがとても楽しい。」と、喜佐さんも著書の中で書かれています。

6月2日のワークショップでは、そんなゴムのズックのミニ版の制作をお楽しみいただきます。

応募は先日締切りましたが、大勢の方にお申込みいただきました。
抽選を行わせていただき、その結果をお知らせしています。
ご抽選にもれた方には申し訳ありませんが、どうぞご了承ください。

KISSAを手掛けていた日進ゴム㈱のご協力のもと、喜佐さんとゆかりのある講師の方に、今回のためにミニサイズのゴム靴の制作を考案していただきました。思い出のエピソードも伺いながら楽しい制作の時間を持ちたいと思います。

    

 fuji H.O

イチゴ狩り

先日、北区にある二朗にイチゴ狩りに行って参りました。bus
二朗駅から一歩出たとたん、目の前にはイチゴのビニールハウスが並んでいました。
当館と同じ神戸市内ですが、少し電車に乗っただけで、なんだか遠くに来たような気分になります。
実を言いますとあまりイチゴが得意でなかった私ですが、ここのイチゴはすごく甘くておいしい!
気がつけば一人で黙々と食べていました…。

いただいたのは「章姫 (あきひめ)」という品種だそうです。

小さいかわいい花も咲いていました。

神戸市内でこんなにおいしいイチゴを食べれるところがあるとは驚きでした!happy02

シーズンは6月上旬までとなっております。
まだイチゴを食べてない!いっぱい食べたい!という方はぜひ足を運んで下さい!

神戸ファッション美術館では、「SHOES DESIGNER高田喜佐 ザ・シューズ展 」
同時開催 受贈記念展「 アーノルド・スカージ展 アメリカのオートクチュール・デザイナー 」を開催中です。
近くのバラ園もきれいに咲いていますよ~!

bullettrainのぞみ

  • 2013/05/23 |
  • 12:00 |
  • 神戸観光
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

ハッピートイズ。

今年もフェリシモさんのハッピートイズプロジェクトが始まりました。

ということで、神戸ファッション美術館では、ワークショップを企画中です。
まずは、いつものように作り方を見て、丁寧に作っていきます。ひとつめは、手探り状態なので、かわいく仕上げるコツを考えながら。ちょっと時間がかかります。
ぬいぐるみはまずまずの出来ぐあい。

あみぐるみは、たてがみの分量がびみょう…?
たてがみをバランスよく配置するのにちょっと苦労しながらなんとか仕上がりました。
しっぽもかわいい。

ワークショップまでにかわいく作るコツを研究する予定。
ワークショップの詳細は、後日またこちらでご案内しますので、お楽しみに。

福。

民族衣装を群馬県・日本絹の里へ貸出中です。

お昼間は、初夏のような陽射しが続きます。気候がいいと遠出をしたくなりますね。
現在、群馬県の日本絹の里では、 「日本絹の里第62回特別展 絹とアジアの民族衣装~蚕からの贈り物~」が開催されています。
こちらは日本絹の里の創立15周年を記念した展覧会で、アジアの民族の愛用している、絹の魅力に満ちた衣装約200点が紹介されています。


本展では、蚕品種による絹糸の特質、織りや染の技法等の視点から民族をとらえ、絹を生み出すカイコとともに歩んできた多様なアジアの民族衣装の紹介を通じ、人類の歴史における絹文化の重要性と親近な存在としての絹を考察していきます、と紹介文にありました。

この展覧会で、当館の所蔵する韓国、中国、カンボジア、ラオス、インド、トルコ、ウズベキスタンの衣装11点をご紹介いただいております。
作品はインドの精緻の極み、モチ刺繍の施されたガガラ(ギャザースカート)用布や、中国の皇帝用儀礼服、トルコのカフタンやウズベキスタンのハラトなど、見どころに満ちています。

会場内では、日にち限定の「真綿から糸づくり及び座繰りによる糸づくり体験」や、毎日開催の「民族衣装の体験コーナー」などの関連行事もあって、見てまとって絹の魅力を体感できる貴重な機会です。
絹の里の近くには、国の重要文化財に指定されている富岡製糸場もあります。
お近くへお訪ねの際はぜひ、絹のルーツをたどってみてください。
pisces