follow me

新着図書のご紹介です。

みなさま、こんにちは。
神戸ファッション美術館3Fライブラリーよりshine新着図書bookのご案内です。

新着本一覧
5月27日に新しく配架した書籍です。
ファッション関連のものは少しでも多く皆様の目に留まるよう、入り口付近の雑誌棚の上に配架しております。
ジャンル別にご紹介させていただきます。

■デザイナー関連本
・「THE LITTLE BLACK JACKET CHANEL’S CLASSIC REVISITED」
 Karl Lagerfeld  請求記号:0403/CHA
・「DIAMONDS&PEARLS DOLCE&GABBANA」
 Massimo Ammaniti  請求記号:0403/DOL
・「CULTURE CHANEL」
 Jean-Louis Froment  請求記号:0403/CHA

■レディスファッション
・「Pattern 100 Fashion Designers, 10 Curators」
 Editors of Phaidon  請求記号:0404/PAT

■メンズウェア全般
・「ITALIAN PORTRAITS」
 Donatella Sartorio  請求記号:0503/TOD
・「IDEAS FROM MASSIMO OSTI」
 Daniela Facchinato  請求記号:0503/IDE
・「Walter Van Beirendonck Dream the World Awake」
 Walter Van Beirendonck  請求記号:0503/BEI

■デニム
・「MARITHE ET FRANCOIS GIRBAUD DE LA PIERRE A LA LUMIERE」
 Farid Chenoune  請求記号:0504/MAR

■バッグ
・「FENDI BAGUETTE」
 Silvia Venturini Fendi  請求記号:1205/FEN

私の一押しは「THE LITTLE BLACK JACKET CHANEL’S CLASSIC REVISITED」です。
有名な欧米の女優はもちろん、日本で有名な歌手やモデルの写真も掲載されています。
ぜひお手に取ってご覧ください。

きこchick

  • 2013/05/31 |
  • 10:00 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

たちのぼっていました

いつもより早めの梅雨入りですね。
早速蚊にさされました。

このあいだ、伊丹市立美術館で26日まで開催されていた
棚田康司さんの個展「たちのぼる。」を見てきました。

美術館の展示室だけでなく、隣接する旧岡田家住宅・酒蔵にも作品が展示されており、
こちらは撮影OKということでしたので、ぱちりさせていただきました。
江戸時代の建物と現代の彫刻が不思議にマッチしてます。

木彫の少年少女たち。

「ほっそり」というよりもう二、三歩ぐらいは細長い身体ですが、
それで不健康なかんじかといえばそうでもなくて、
近寄ってよく見ると、唇や爪は淡いピンクでつやつや。
ひとりずつ色のちがう瞳もうるんできれいでした。

スッ。繊細だけど芯がありそうな。

まったく印象のちがう昔の作品もひそんでいる。

すてきな時間をありがとうございました。

伊丹市立美術館 行かれたことがないという方はぜひどうぞ。
工芸センターのショップを見るのもいつも楽しみです(^^)

・・・・

もしファッション美術館のマネキンさん達がここに立ったらどうなるのか。

「!!!」

(みなさん興味津々です)

場所が変わるとちがった魅力に気付くかもしれませんね!

めP

  • 2013/05/30 |
  • 17:24 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

鳥取砂丘・砂の美術館に行ってきました。

5月ももうすぐ終わり、毎日暑い日が続きますね。
6月といえば梅雨ですが、今日はまさにむしむしと熱くなりました…
こんな時期こそ、美術館でゆったり涼しく過ごすのがおススメです

そんな私も先日、帰省の際に、鳥取砂丘の砂の美術館に行ってきました
入口から既に、砂のアートがお出迎えしてくれます。

当日はよい天気でしたが、雨の日などハラハラしますね…!

現在砂の美術館では、「砂で世界旅行・東南アジア編」が開催されています。
展示室内には、東南アジア特有の神秘的な世界が広がっていました。
どの作品もとても繊細で美しく、また作品の大きさにも始終圧倒されました…!



動物の皮膚や人物の表情も、砂でここまで表現できるんですね。踊り子さん達、とても美人さん!


こちらは影絵劇の様子。砂で出来ているのがウソのようです。


農作業中の彼らですが…

よ~くよく見ると二人の間に緑が芽吹いていたのは…仕様なんでしょうか?(笑)

屋外に出て展望台に向かう道の途中にも、小さなアートが並んでいました。

探しながら歩くのも楽しかったですよ♪


写真は展示作品のごくごく一部です。
特に一番大きな作品は、あまりの壮大さに写真で紹介するのは納得がいかなかったので、直に見て頂くのがいいかと思います。
会期は来年の1月5日まで。鳥取に行かれた際には、ぜひ覗いてみてはいかがでしょう!

神戸ファッション美術館では、「SHOES DESIGNER高田喜佐 ザ・シューズ展」「同時開催 受贈記念展 アーノルド・スカージ展 アメリカのオートクチュール・デザイナー」をまだまだ開催中!
梅雨の日のお出かけに、皆様のご来館をお待ちしております♪

DAIDAshadow

  • 2013/05/28 |
  • 17:53 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

靴のかたちのメッセージ続々到着!

現在開催中の「SHOES DESIGNER 高田 喜佐 ザ・シューズ展」によせて、靴のかたちのメッセージが続々到着していますhappy02

当館に到着されるとまず目にはいる大きな黄色の物体。

前方は展示のポスターになっており、

後方には、皆様からお寄せいただいた「靴のかたちのメッセージ」を掲示しています。

開幕当初と比べると随分とにぎやかになり、今はこんなかんじ。

来館者の皆様の目を楽しませてくださっています。

原型は高田喜佐さんが80年代に制作したハイヒール型のメモ帳です。

このひとつのシンプルな形から皆さんは何を思い浮かべるでしょう?

届いたメッセージと作品の数々を見ているだけで皆さんの豊かな創造力に触れワクワク。

 毛糸や布を使った完成度の高いものから↓

 

手間暇のかかったちぎり絵もあり↓

猫がすっぽり入ってしまったり ↓

どこかでみたことのあるキャラクターも・・・ ↓

この気持ちすごくわかる(笑)

象をイメージする方も多い様子 ↓

大阪のイラストレーター集団の“なりゆきサーカス”の皆さんも力作をお送りくださいました。↓↓↓

その他にも、下記学校団体の方々もご参加くださいましたので掲示しておりますnote

東京文化服装学院シューズコース、大阪デザイナー専門学校、神戸ファッション専門学校、西宮市立学文中学校、神戸市立向洋小学校、岐阜県立大垣桜高等学校、大阪樟蔭女子大学

などなど ありがとうございますhappy02

靴のデザインに挑戦もよし、靴への熱い思いをはせるもよし、もちろんKISSA SHOESへの思いもよし。

まだまだ間に合います。

皆様お誘いあわせの上「靴のかたちのメッセージ」をお寄せください。

【参加方法はさまざま】

one1Fエントランスホール制作スペースも設けています。

思わずのめり込む方続出flairflair

完成したら、受付にお持ちください。

 

 two靴の型紙はこちらからもダウンロードいただけます。

郵送(送料は申し訳ありませんがご負担願います)ご持参のほか、データをメールに添付して投稿していただくこともできます。

送信先 は → info@fashionmuseum.or.jp

 郵送の宛先は 〒658-0032
神戸市東灘区向洋町中2-9-1
神戸ファッション美術館
靴のメッセージ係

 スタッフ一同楽しみにお待ちしております!

N7

花*はな*華

今日の六甲アイランドはぽかぽか、というより初夏の陽気。
きれいな青空に誘われて、たくさんの方が美術館前のリバーモールで楽しんでいらっしゃいます。
平日とは違って空気まで華やか、カラフルに染まっています。

まずは、お散歩中のご家族連れ。
夏の日差しには水遊びが一番。気分上々で水遊びを楽しんでいらっしゃいます。
水面がキラキラ輝くので、とてもきれいです。

そして、イベントスペースでは、ペットバザールin六甲アイランドが開催中。
作家さんハンドメイドのわんこの服やリードに首輪、さらには爪切りまで何でもそろいます。
人間顔負けのおしゃれなわんこが増えるはずですね。

さらに、KOBE ALOHABREEZE2013も大盛況。
カラフルな衣装をまとったフラガールたち。神戸ファッションプラザがハワイに大変身。

そんな華やかさに、バラ園の満開のバラがさらに色を添えます。
高貴な香りといろんな種類のバラの美しさを見ると、心が和みますね。

そして、毎週末恒例のコスプレイヤーのみなさん。
完成度の高い衣装は、キャラクターがわからなくても目を引いています。
なりきり度も素晴らしい!

ファッション美術館はというと・・・


ただ今開催中の「SHOES DESIGNER 高田喜佐 ザ・シューズ展」でも、目移りしてしまうほどの色とりどりの靴が展示されています。
会期も折り返し地点に来ましたので、お見逃しのないように!

まるも