follow me

2013年度 春期服飾文化セミナー

『ファッション微熱教室 ― いま気になる3つのイシュー』

相も変わらずメディアは盛り上がり、街は華やかな春の装いであふれています。そんなとても楽しいファッションではあるものの、その実ちょっと気になっている。まだまだ大した病ではないし、寝込むほどでもないのだけれど、でもどことなく憂わしい。そんな“微熱”にも似た、いくつかのファッションにまつわる〈イシュー=課題〉を取り上げてみます。
白熱した教室とまではいかなくても、じんわりと熱を帯びながら、今まさに取り組まなければいけないと思しき課題について、ここで考えてみたいと思います。

5月11日(土)
身体性
第1回目のテーマは、『身体性』です。
当たり前のことでしょうが、衣服は身体とは不可分です。その関係について、〈身体図式〉や〈型〉といった新たな視点を交えながら、とらえ直してみます。さらには衣服が身体に与える影響や、「着こなすということ」についても、考えていきます。

6月15日(土)
正装
第2回目のテーマは、『正装』です。
次第にカジュアル化が進み、ドレスコードもあいまいになりつつある今日この頃ですが、だからこそちゃんと着ることの意味が問われるはずです。「着崩し」や「遊び心」を楽しみがちな時代において、“正しく”装うということについて考え直してみます。

7月13日 (土)
サスティナビリティ
第3回目のテーマは、『サスティナビリティ』です。
サスティナブルとは「持続可能な」という意味ですが、昨今ではファッションに関する大きな課題として、非常に注目されている言葉です。海外での様々な取り組みを紹介しながら、これからのファッションと持続可能性について考えてみます。

講 師:百々 徹(神戸ファッション美術館 学芸員)
会 場:神戸ファッション美術館4階 第1セミナー室
交 通:六甲ライナー アイランドセンター駅下車 徒歩5分
時 間:開場13:30 開始:14:00 ( 所要時間90分程度 )
受講料: 一般1回500円 3回通し1000円
高校生・65歳以上1回300円 3回通し600円
問合せ:078-858-0050

※「友の会会員」の方は上記の金額の半額になります。
※身体障害者手帳等をお持ちの場合、ご本人(またはご本人と介護の方)が無料になります。(詳しくは受付でお問い合わせください)
※ご予約は承っていません。当日会場にてお申し込みください。

  

神戸ファッション美術館

住吉散策!香雪美術館へ

sun六甲ライナーへの乗換駅であるJR住吉駅から、山手へ15分程歩いたところにある「香雪美術館」に行ってきました!happy01sun

ただ今、香雪美術館では、女流日本画家「小倉 亀遊 展」を5月6日まで開催中です。

お昼頃住吉駅に着いたので、ランチができるお店を探していたところ「アクアヴィテ」というハンバーグが自慢のお店を発見restaurant!!

残念ながら、人気のハンバーグセットランチは売り切れということで、煮込みハンバーグランチを注文。

<スープ、メインとサラダ、ライス、ドリンクがついて 1000円>とお得ですnote

こちらのお店は、すぐ近くの老舗精肉店「マルヨネ」さん直営だけに、こだわりのあるハンバーグはとってもジューシーで美味しかったです!  

お腹も満たされたところで、美術館に出発!!

山手の閑静な住宅街を抜けると、香雪美術館に到着!迎賓館のような落着いた雰囲気の美術館です。

お庭には、しだれ桃が満開で、なんとも美しいcherryblossomcherryblossomhappy01shine

明治生まれの小倉遊亀さんは、女流日本画家の先駆者とも呼べる方で、なんと105歳まで絵筆を握って、活躍されたそうです!

大胆なおおらかな作風で、作品は野花や果物、器など身近なものを題材にしたものも多く、飾らないぽってりとしたあたたかみがある作品が

多かったですnotes。明治から平成の時代を生き抜いた、作者の力強さとあたたかなまなざしを感じます。

お庭も美しく、お散歩がてら、ふらりと立ち寄れるような、さわやかな空気感溢れるステキな美術館でした。

皆様も是非、お立ち寄りくださいませnotewink!!

hanimaru

  • 2013/04/16 |
  • 10:00 |
  • 神戸観光
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!