follow me

museum in museum 作家ワークショップ

3F ミュージアムショップより
3月に行われるmuseum in museum 作家ワークショップのお知らせです。

みなさまのご参加をお待ちしております。 

● 写真家 maraia(マライア)さんの「photocraft」ワークショップ

 お気に入りの写真で、素敵なフォトクラフトを作ってみませんか?
様々なパーツを組み合わせ、思い思いに装飾してゆきます。

写真がよりいっそう引き立つような、思わずお部屋に飾りたくなるような、
そんなオリジナル作品を作ってみましょう。

【開催日時】

平成25年3月16日(土) 13:00 ~ 16:00

【開催場所】

神戸ファッション美術館 4階 セミナー室2 

【参加費】1500 円 (小さなお子様と親子での参加の場合は2名で1500円※制作は1作品となります)

★フォトクラフトに必要な土台や装飾用小物、文房具類はこちらで用意いたします。

【参加定員】 8名(先着順)

【ご持参いただくもの】 プリントした写真数枚

【申込方法】

3月9日(土)までに受講希望者の住所・氏名・電話番号・FAX番号を記入の上、電子メール(件名:photocraft)またはファックスで下記に申込下さい。

Eメール:shop@fashionmuseum.or.jp 

ファックス:078-858-0065

【講師紹介】

maraia(マライア)

北海道出身神戸在住。maraia photography 代表。主にヨーロッパを旅しながら、定期的に写真展を行っている。

0000

oooo

● 作家 濱田菜々さんの「裂織りのパーツをつくって耳飾りをつくる」ワークショップ

もう着れなくなったシャツやブラウスを裂いて小さなフレームで裂き織りにします。

出来たパーツを使って自分の耳飾りを作りませんか?
違う柄の生地をつないで自分だけの織り地を作れます。
春に着たい服をイメージしながらそれに合う耳飾りを作りましょう。

【開催日時】 平成25年3月23日(土)13:30 ~ 16:30 
        平成25年3月24日(日)13:30 ~ 16:30
   ※2日間とも定員に達した為,募集を締切りました。

【開催場所】 神戸ファッション美術館 4階 セミナー室2 

【参加費】 1500 円(材料費実費)

【ご持参いただくもの】耳飾りの材料に使いたいはぎれ(コットン100%)があればご持参ください。

【参加定員】 8名(先着順)

【申込方法】

3月16日(土)までに受講希望者の住所・氏名・電話番号・FAX番号を記入の上、電子メール(件名:耳飾りをつくる)またはファックスで下記に申込下さい。

★ご予約時に、ピアスまたはイヤリングのどちらかをお選びください。

Eメール:shop@fashionmuseum.or.jp

ファックス:078-858-0065

【講師紹介】

濱田菜々

神戸市在住。 京都と神戸でテキスタイルとアートを学ぶ。現在も神戸で制作中。

2012年は神戸、京都、大阪、ストックホルムで作品を展示。

museum in museum

  • 2013/02/01 |
  • 15:09 |
  • ミュージアムショップ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

神戸空港。

少し前に神戸空港の展示替えに行ってきました。

前回に展示していた小物と同じシリーズの手袋。アイルランドで作られたアラン・ニットです。

実は、神戸空港の展示にあわせて神戸ファッション美術館3階にあるライブラリーの展示も入れ替えしています。こちらは、靴下。フィッシャーマン(漁師)向けの靴下は、かなり太い毛糸で編まれているため、分厚くできています。そしてこちらにもアラン・ニットのものが1点あります。写真一番右のもので、アラン・ニットの特徴である縄編みで作られています。展示をする際、つま先に毛糸が結ばれていたのでなんだろうと思ってよく見ると左右がばらばらにならないようにつけられたもの。履くときにはもちろん外して捨ててしまうものなのですが、プラスティックや金具でとめられている既製品しか見たことがなかったので、最初、何かわかりませんでした。

昔は日本でもこのようにして留められていたのでしょうか?

ちょっと気になる出来事でした。

福。