follow me

干支巡り

新年あけましておめでとうございます。
皆様の元には年賀状は届きましたか?

今年の干支は「巳」。いわゆる「蛇」といわれる動物です。
巳は「探究心と情熱」を意味し、巳年生まれの人は理解力があり辛抱強い性格で、
お金に恵まれるとも言われています。

本日はそんな巳年のパワーを得られるような、神戸の干支スポットを紹介させていただきます。


【2013年干支展「蛇—Do You Love巳(ミー)—」】 神戸市立須磨海浜水族園
会場には日本産のシマヘビやヒバカリのほか、外国産も合わせて5種類のヘビたちが展示されています。
企画展のほかにも、日本最大級のオオアナコンダとその子どもたちや、3種類のウミヘビも常設展示中。
さらに館内には、オオアナコンダの顔出しパネルが設置されています。
※1月8日(火)まで

【干支展「ヘビとその仲間たち」】 神戸市立王子動物園
ここでは蛇にちなんだ特別展が開催されています。
ヘビの不思議な体の仕組みや生態、日本に生息するヘビや園内で飼育している
ビルマニシキヘビの仲間などを標本や写真で紹介しています。
※2月28日(木)まで

【干支の作品展「巳」】 KOBEとんぼ玉ミュージアム
恒例の干支の作品展「巳」を開催いたします。
来年の干支・巳、蛇をテーマにした公募作品19点を展示しております。
※1月31日(日)まで

【巳年巨大絵馬】
生田神社
今年の干支「巳」を描いた縦2メートル、横3メートルの巨大絵馬が奉納されています。
※1月末まで

【干支飾り】 神戸市立森林植物園
針葉樹のアスナロの葉など、植物を素材に手づくりした「干支飾り」を展示中です。

【巳の花時計】 神戸市役所前
神戸市役所北側の花時計(中央区加納町6)の図柄が、ヘビをかたどったデザインに植え替えられています。
今回のヘビは、白と赤の葉ボタン計約2400株を使い「巳」の文字を表しています。
※1月中旬まで

なお当館で開催中の、「巨匠フォルチュニュイの夢2012絹見聞録」の期間が
1月8日(火)までと残りわずかとなっております。
干支巡りを終えましたら、ぜひ神戸ファッション美術館にも足をお運びくださいませ。
皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

bullettrainのぞみ

  • 2013/01/06 |
  • 10:00 |
  • 神戸観光
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!