follow me

『ファッション学のすべて』

今回は手前味噌でしかももはや絶版となっている『ファッション学のすべて』のお話しをさせていただきます。
実はこの本は、私がはじめて執筆した原稿が活字となって世に出た本です。編者は恩師の鷲田清一先生で、たくさんの錚々たる方々が書き手として参加されています。その一隅をにぎわすような感じで、5本の短文を掲載していただきました。
本の出版が1998年、神戸ファッション美術館の開館が1997年。当時、大わらわのなかでなかなか原稿が出せず、編集担当の方に大迷惑をおかけしたことが思い出されます。

当初、鷲田先生から、「広い意味での“ファッション”を総覧できるような、人物とコラムから構成された本を考えているのだけど、誰か面白いと思う人の案を出して」と言われて、思いついた名前をいくつかお知らせしました。そうすると、「じゃあ、書いて」という話になり、私は4名に関する文章と、『音楽とファッション』というテーマで書かせていただきました。

いま見直すと、私が取り上げた4名は、ファッションの本からすればちょっと変わった選定だったような気がします。今なら自分でも選ばないだろうなという思いもしますが、当時はこの人たちこそが、実は“ファッション”のサブストリームをつくっていると考えていたような記憶もあります。
その4名は、次の通りです。

まずは、マルコム・マクラーレン。ミュージシャンとしての顔を持ちますが、なんといってもヴィヴィアン・ウエストウッドとともに、パンク・バンド〈セックス・ピストルズ〉をプロデュースし、一躍スターダムに押し上げたことが功績でしょう。

次に、ジャン・バティスト・モンディーノ。マドンナやプリンスといった超有名ミュージシャンのビデオクリップも手掛けた映像作家で、この本が出た当時、私が心酔していた人です。ちょうどそのころ彼は、ジャン・ポール・ゴルチェ・パルファムのすごくかっこいいCMなども手掛けていました。

その次が、YMOです。言わずと知れた、イエロー・マジック・オーケストラ。と言っても最近の若い方は知らないかもしれませんが、1978年に小学校の私が思いきり衝撃を受けたテクノ・グループです。メンバーは、細野晴臣、高橋幸宏、坂本龍一。音楽ももちろんですが、彼らがステージで着た人民服に小学生の私はとても憧れたものです。あと、お笑い番組『オレたちひょうきん族』にも〈トリオ・ザ・テクノ〉という名で出てました。

そして、いま思えばこれが相当変わったセレクトだと自分でも感じるのが、ファキール・ムサファーです。この人はピアシングやタトゥーなどの身体加工の達人とでも申しましょうか、かなりインパクトが大きいです。当時は〈モダン・プリミティヴ〉という言葉がサブカルチャー雑誌なんかでちらほら語られていました。つい先ほど久しぶりに気になってGoogleで検索してみたら、まだまだ現役でがんばってらっしゃるようで、うれしくなります。

この本が出てから14年。ファッションを取り巻く環境やその世界を構成するメンバーも大きく様変わりしました。いまもし「誰か面白いと思う人の案を出せ」と訊かれたら誰の名前を挙げようか、などとふと考えてみたりしています。

MOMO

  • 2012/12/13 |
  • 10:28 |
  • ファッション
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

*ホリデイシーズン*

ここ数日、さらに寒さが増し、冬らしすぎる気候が続いていますが、

先週からは神戸ルミナリエもスタートし、

この時期は街中がさまざまな光に照らされています。

大阪駅周辺でも、百貨店や通路などが

綺麗なイルミネーションやクリスマスに向けたツリーやオーナメントで装飾されており

寒さに震えながらも目に楽しい今日この頃です。

百貨店のひとつ、JR大阪三越伊勢丹ではクラウス・ハーパニエミ氏が描く

幻想的で不思議な世界観で彩られ、楽しませてくれています。

また、リニューアルしたばかりの

阪急うめだ本店9Fのアートステージでは12月19日から25日まで

神戸ファッション美術館3Fミュージアムショップ「museum in museum」が

限定ショップ「museum in museum ポップアップショップ」として登場しますのでshine

大阪駅周辺にてイルミネーションや装飾を楽しみつつ、

さまざまな作家さんの素敵な作品と出会えるポップアップショップにも

この機会にぜひ足をお運びくださいませ!

ribbon

  • 2012/12/11 |
  • 15:10 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

museum in museum ポップアップショップ☆

museum in museum ポップアップショップ

 

会期

2012年12月19日(水)―25日(火)

10:00-21:00 ※最終日は18:00まで

会場: 阪急うめだ本店 9Fアートステージ

**

神戸ファッション美術館3Fミュージアムショップ「museum in museum(ミュージアム・イン・ミュージアム)」が阪急うめだ本店9Fアートステージに限定ショップ「museum in museum ポップアップショップ」として登場します。

 

クリスマスまでの期間限定ですが、素敵なショップを展開したいと思います。期間中は、美術館スタッフに加えて毎日かわるがわる作家さん本人が来られますよ。

※JOHNWILLIAMHart のオーダー靴のみ12/19~12/24は16:00-20:00、12/25は11:00-16:00 の時間帯でお客様の足の採寸を行います。

若手作家によってつくられた温かみのある逸品をひとつひとつ手に取ってご覧いただけます。プレゼントにぴったりなアクセサリーや、インテリア小物、素敵なアート作品、若手デザイナーのお洋服などなど、今年も一年頑張った自分へのご褒美にもいいですね◎

みなさまのお越しをこころよりお待ちしております。

 **

JOHNWILLIAMHart / FEELER / énigmatique / HIROMI KIM

賀川剣史 / yuoono / 八木智弘 / マライア / seimani candle /

Uneka / 濱田菜々 / 大江志織 / Sieii Nidosani

MUSIC ZOO / KiKKOU / il Quadrifoglio / PERCENTUM%

KENJI HIKINO /  pssst,sir / 木村のぞみ / 清水麻里 / 小牧博之

LIGURU /  ダブディビ・デザイン / フジワラヒロユキ

museum in museum

  • 2012/12/10 |
  • 18:07 |
  • ミュージアムショップ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

都会美人

先日東京へ遊びに行ってきました。

表参道は見わたすかぎり人の波。

おいしいパンケーキがたべられる話題のカフェ。

に、できる女子たちの行列。

を、通り越し、横道に入ってほんとにすぐのところに美術館があるのですね!

と、都会やー…!目的は太田記念美術館の月岡芳年展。以前からお伺いしてみたかったのですが、とても落ちついた雰囲気のすてきな美術館でした。さりげなく設置されていた顔はめパネルに顔はめしなかったことを、ちょっとだけ後悔。

鈴木春信の小柄かわいい少女風美人や、喜多川歌麿のセクシー美人、それから芳年の師である歌川国芳の、キャピキャピもしくはサバサバしたお洒落女子(「おきゃん」を今の感覚で言うとこんな感じかな?)などなども、それぞれ魅力的なのですが、芳年の美人もよいのですよ。切れ長の目とすっきりした輪郭が、上品にも艶っぽくもみえてすてきです。

たびたび神経の病に悩むこともあった芳年です。美人たちの細いあごや目尻のライン、それから武者絵や歴史絵の震えるような着物の線なんかに、絵師の内面のナイーヴさがにじみ出しているようで、たまりません。支えてあげたくなります。(絵の中の人を?絵師のほうを?どっちにしろ無理ですがね…)

spa

忘れずに宣伝をいたしますと、

織物の種類が分かると、浮世絵はもちろん、人物画を見る楽しみがきっと増えますよ!cancer

ということで特別展示「巨匠(マエストロ)フォルチュニィの夢 2012絹(シルク)見聞録

ぜひお役立てください。

 

め(パンケーキもあとでたべました)P

閑話休題

 (この表題は、以前プロ野球オリックス球団が神戸を本拠地にしていたころに、ほっともっと球場(当時は、「グリーンスタジアム」や「ヤフー!!BB」、「スカイマーク」と名前が変わっていましたが…)の球場長が、「閑話球題」として当時の球団のホームページに上げておられたブログの表題です。とても素敵なブログで、そんなブログがあげられればなあと思っています。)

 

 さて六甲アイランドに女子サッカーの練習場が出来上がり、INAC神戸の練習本拠地になるとのこと。先日のオープニングのときには、INACの選手たちも来られていました。

 これから選手たちを六甲アイランドでみられると思うと、ちょっとわくわくします。

 ただ、男子チームのヴィッセル神戸は最終戦で負けてしまい、来シーズンはJ2での戦いになってしまいました。

 当日は、ウイングスタジアム(これも、今はホームズスタジアムですか…)には行けなかったのでテレビ観戦をしていて、優勝の決まった広島との一戦だからやる気の点で大いに勝っているから、きっと勝ってくれると思っていたんですが、そんなに上手くはいかないのが勝負の世界ですね。

 来年の今頃には、きっと昇格の美酒を飲めることを祈ってます。

 ヴィッセルがんばれ!!

 もうひとつ

 例年、寒くなると現れる住吉川河口の鳥たちが、今年もやってきました。

 朝、出勤時に六甲アイランド方面行の六甲ライナー南魚崎駅に止まると、東側の窓から住吉川の河口に休んでいる鳥たちを見ることができます。

 (ブログアップまでに写真を撮ろうとトライしたのですが、ライナーの窓越しに鳥たちを認識できる写真が撮れませんでした。)

 季節感がだんだんと無くなっていく今日この頃ですが、このような風景を見ると自然は季節を刻んでいることを感じます。

 我が神戸ファッション美術館の特別展「巨匠(マエストロ)フォルチュニィの夢 2012絹(シルク)見聞録」も、後1カ月となりました。

 まだ、ご覧になっておられない方は、来られる道中に鳥たちを見ながらお越しください。

なんて事をブログに書き終わって、まさかなあと思って「閑話球題」でサイトを検索すると…なんと、「閑話球題」が今年のシーズン始めから「閑話球題Season2」として再開されているではありませんか!!

花木さん(現在はオリックスのプロジェクトマネージャー)すみません。ブログを再開されているのを全然知らなくて。

って、ここで謝っても花木さんが見られるわけでは無いでしょうけど

野球に興味のある方はもちろん、興味があまり無い方も一度ご覧になってください。

花木さんの軽妙な語り口が、本当に楽しいブログですから

 

YOU