follow me

年の瀬に思うこと

こんにちは。

昨日からまた一段と寒くなりましたね!

クリスマスイブまであと一か月、今年も残りわずか。

兵庫の地も舞台となった大河ドラマ「清盛」もクライマックスですね。

時代劇と言えば…

先日「のぼうの城」を見ました。

この映画は、天下統一を果たした豊臣軍が、唯一落とすことができなかった実在の“忍城”(おしじょう)を舞台にしていますが、実は私の故郷・埼玉県行田(ぎょうだ)市にあったお城なんです!(笑)

物語は戦国時代、16世紀終わり頃の設定なのですが、不思議と私が知ってる故郷の風景と重なります。

行田市は、いわゆる関東平野に位置していて、今でも市街地をのぞけばのどかな田畑が広がっています。

青い空、白い雲、稲や麦の緑の穂…このシンプルで美しい3色の風景が、昔から変わらず続いているのかな…と思うとうれしく思います。

劇中に出てきた場所や地名は今でも残っているところが多く、かつて幼い頃によく遊んだ場所がスクリーンの中に登場するというのはなかなか不思議な体験です。

しかもそれを、神戸という遠く離れた地で見ているというのも感慨深いものですね。

故郷のアイデンティティを感じすぎて、上映中嗚咽するぐらい号泣してしまいました(笑)

神戸は、数々のドラマ、物語の舞台になった地ですね。

今年の「清盛」だけでなく、「龍馬伝」ゆかりの場所もあったりと、関東の田舎育ちの人間からするとうらやましい限りです。

神戸に住んでるけど、地元のことよく知らないな…という方は、難しい歴史書は気が引けても、映画やドラマなどの物語をきっかけに知ってみるというのはいかがでしょうか。

現在神戸ゆかりの美術館で開催中の「没後10年 小松益喜と歩く神戸風景」では、戦前から阪神・淡路大震災前までに、洋画家・小松益喜によって描かれた異人館を中心とする神戸風景をご覧いただけます。

近くにあるけどなかなか異人館は見に行かない…昔はあったけど今は取り壊されてなくなっている異人館を見てみたい…という方はぜひぜひお越しくださいませ。

nataco

  • 2012/11/24 |
  • 10:00 |
  • 神戸観光
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

フェリシモ クリスマス アーカイブコレクション展・ハッピートイズお披露目展示会

紅葉も色づき始めましたね~~!

神戸ファッション美術館の周辺も紅葉がとてもきれいです(●^o^●)

そして今日から3連休chick

本日から12月25日(火)まで『フェリシモ クリスマス アーカイブコレクション展・ハッピートイズお披露目展示会』が、神戸ファッション美術館の1Fロビー(無料スペース)で行われております。

フェリシモが所有する10万点もクリスマスコレクションの中より、ツリーオーナメントや小物をご紹介しています!

FELISSIMO HAPPY TOYS PROJECT 

フェリシモハッピートイズプロジェクト

クローゼットの中に眠る服やハギレ、毛糸などを使ってぬいぐるみを手づくりし、笑顔の親善大使として世界中のこどもたちへ贈るプロジェクト。

16回目の開催となる今年のキャラクターは「やさしいコアラさん」。全国のボランティアの手により完成したハッピートイズは、クリスマス時期に合わせ国内外の会場でお披露目された後、世界中のこどもたちに贈られます。

同じ型紙で作られたコアラさん。

しかし、じっくりみるとひとつずつ表情が違います!

この3連休、ぜひ神戸ファッション美術館へ足をお運びください~~(^O^)/♥♥♥

もぐ

 

新着図書

sunこんにちは
3階ライブラリーより新着図書のお知らせですhappy01
食に関する書籍が多くはいってきました


洋菓子
●The Birthday Cake Book 請求番号1903/BIR
●Leon. Baking & Puddings 請求番号1903/LEO/3


●The Heart of Bordeaux 請求番号2006/HEA
●Punch Parties 請求番号2006/PUN 
●The Seasons of Veuve Clicquot 請求番号2006/SEA

食品
●Bought, Borrowed&Stolen 請求番号2104/BOU 
●Food France 請求番号2104/FOO
●Leon 請求番号2104/LEO/1 
●Leon 請求番号2104/LEO/2
●Quay 請求番号2104/QUA
●The World’s Market 請求番号2199/WOR

食器
●Georg Jensen 請求番号2205/GEO
●Kuchen Werkzeug/Kitchen Tools 請求番号2206/KIT
●Flair 請求番号2207/FLA
●Ricevere da maestro 請求番号2207/RIC
●Table Arrangements 請求番号2207/TAB
●Tablescapes 請求番号2207/TAB

1階展示室では「巨匠(マエストロ)フォルチュニィ 2012絹(シルク)見聞録」が好評開催中ですlovely
神戸ファション美術館にお越しの際は是非3階ライブラリーにもお越し下さい

  • 2012/11/22 |
  • 10:00 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

「シルク見聞録」展の刺繡作品と刺繡体験

木々がカラフルに色づいてきました。現在開催中の特別展示「巨匠(マエストロ)フォルチュニィ 2012絹(シルク)見聞録」の展示会場でも、さまざまなシルクの質感を生かした、色鮮やかな衣装やテキスタイルをご紹介しています。

今日は特別展より、多様なシルクの質感を引き立てている装飾のひとつ、刺繍の施された作品をご紹介します。

日本の着物に見られる刺繡は、縮緬地を生かしながら友禅染をより立体的に見せたり、躍動感が感じられます。

フランスの男性衣装、アビ・ア・ラ・フランセーズ(左)とスウェーデンのイヴニング・ドレス(右)。
ジャケットのベルベット地が細やかな草花刺繍で埋め尽くされています。ボタンもベストも…そして後ろの部分にもご注目ください。
イヴニングドレスは、クレープ地のボディスの前身頃部分の下にうっすらと見えているのはクリスタル刺繡です。

キャロ姉妹店、エルザ・スキャパレリ、ピエール・バルマンなどヨーロッパのデザイナー衣装に見られる刺繡は、それぞれの時代の最新素材や技法が駆使されていることがわかります。

インドの衣装には、サテン地に多色絹糸で大変繊細な刺繍が施されています。
実物を見て頂くと、布の全体に均一な模様が施されているのでプリントに見えるかもしれませんが、すべて刺繡です。右の作品はキラキラと輝くミラーも留められています。

特別展内のごく一部の刺繍作品をご紹介しましたが、展示室には他にもさまざまな加飾の施された作品が並んでいます。
装飾技法が凝らされるのは、シルクの光沢やなめらかさ、透け感など、布を織りだすことで生まれる質感をより際立たせることにあるんだなと実感します。
ぜひ会場で、シルクのさまざまな表情をドレスやテキスタイルから、じっくりとご覧ください。

 ● ○ ● ○ ●

実際に刺繡をしてみたいなぁと思われる方に、朗報です。
11月24日(土)、25日(日)、26日(月)の13時~16時京都刺繡協同組合の皆さまによる、「手ししゅう京繡(きょうぬい)体験」が、神戸ファッション美術館にて開催されます。※事前申込制です
日本の伝統的な刺繍である京繡(きょうぬい)を職人さんから習うことのできる貴重な機会です。

本日現在、各日若干名のお申し込みを受付中です。
ワークショップの詳細はこちらのブログをご覧ください。
お申し込みは、℡)075-493-4006(京都刺繡協同組合・担当:村山さま)まで、どうぞ!

pisces

神戸ファッション美術館facebookページ

今話題のfacebook(フェイスブック)みなさんも活用していますか?

神戸ファッション美術館の公式ページのご紹介です。

http://www.facebook.com/kobefashionmuseum.official

facebookページではHPにも載せきれなかった展覧会の写真等も掲載しているかも。
facebookを活用されている方は是非「いいね!」を押して神戸ファッション美術館の情報をチェックしてみて下さい。

神戸ファッション美術館 facebook

facebookとは、世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)サービスです。SNSとは、インターネット上で人と人がつながる場所(コミュニティー)を提供するサービスのこと。友人などと登録し合って、気になる情報などを交換し合う場所として使われています。

 

KMi.