follow me

『創られた伝統』

今回は、エリック・ホブズボウム/テレンス・レンジャー編の『創られた伝統』です。
紀伊國屋書店の文化人類学叢書から出ています。
この本によって提示されている視点は、私にとって大きな一撃を与えてくれました。
この本の表紙の言葉にはこうあります。

「伝統」という言葉は当然のように、「遠い昔から受け継いできたもの」と思われている。だが、「伝統」とされているものの多くは、実はごく最近、それも人工的に創り出されたのだと本書は言う。

かくいうこの本は、私たちがその民族固有の歴史ある伝統だと思っていた、スコットランドの伝統衣装であるタータン文様のキルトやバグパイプにはじまり、英国王室の儀礼や儀式などにいたるまで、それらが19世紀以降の社会の近代化に伴っていかにして形成されてきたのかをつまびらかにしています。

たとえば、私たちがスコットランドの伝統衣装と聞いたときに、タータンチェックのキルトというスカート状の衣装を着けた男性たちを思い描くでしょう。ところがこの本の中で、ヒュー・トレヴァー=ローバーは、色と柄によってクラン(氏族)を表すというタータン文様のキルトは18世紀末にイギリスの産業家によってデザインされたもので、19世紀初頭の国王のスコットランド訪問にあやかった商売上手な商会の存在が、その普及に大きく寄与していると書いています。ちょうど当時のイギリスは産業革命の真っただ中にありますし、世界に先駆けた近代国家を普請中でもありました。そんな時期にキルトという“伝統衣装”が創られたのだ、という視点は、私にとって歴史や伝統に対する見方を根っこからひっくり返したのです。

その視点に立てば、日本における“伝統”についても再考してみることもできるでしょう。私たちの江戸の先祖たちは、みな一様に現在私たちが思うところの小袖という着物を着ていた訳ではありません。このことについては柳田国男の「国民服の問題」(『木綿以前の事』岩波文庫に所収)にも紹介されていますが、当時は武家や町民の一部が小袖を着ていたものの、職人や農民などの労働者たちは、筒袖に細袴をはじめより動きやすい衣服を着ていたようです。
それが、日本においても近代化の過程の中で、様々な“伝統”が形成されていくなかで、衣服に関しても“伝統衣装”が固着化されて捉えられるようになったのだと思われます。

このように歴史を振り返るときに、その事実の形成時期とその時代背景をしっかりと把握していくことの重要性は、歴史の研究者には当然のことなのでしょうが、私にとっても服飾文化の流れを考えていくうえで、よくよく注意をしなければならないと、『創られた伝統』は教えてくれたのです。

MOMO

  • 2012/10/25 |
  • 10:00 |
  • ファッション
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

手ししゅう 京繡体験

美術館前の桜並木にも、黄色く色づきつつある葉が見られます。                                                                                少しずつの秋の気配です。                                                                                              秋といえば「手ししゅう 京繡体験」! 共催事業の参加者募集のご案内です。

京繡(きょうぬい)は京都の伝統的な刺繡です。                                                                               お好きな色の正絹の袱紗地を選んで、
金泥で描かれた下絵をひと針ずつ刺繡していきます。                                                

刺繡糸は?針の刺し方は??                                                                                                                               ・・・初めての方もご安心ください。                                                                                  わからないところは、現役で活躍されている伝統工芸士さんが教えてくださいますよ。                                                 刺繡をほどこした布は、持ち帰って包み袱紗や信玄袋なども作ることができます。

伝統工芸士さんから直接習うことのできる貴重な機会です。                                                                        華麗で繊細な模様を、ご自身の手で刺繡してみませんか。 

○ ● ○ ○ ● ○ ○ 

日程 2012年11月24日(土)、25日(日)、26日(月)                                                                     

時間 13時~16時                                                                                            

対象 小学校4年生以上(小学生は保護者同席) 初めての方も歓迎です!                                                           

定員 各日30名                                                                                             

場所 神戸ファッション美術館 4階セミナー室                                                                                   

参加費 1000円(材料費を含む)                                                                                                

申込方法 ①住所・②氏名(ふりがな)・③電話番号・④希望日を明記の上、                                                                   FAXでお申し込みください。
(参加申込いただいた方の個人情報は、京繡教室に関する目的以外では使用しません)                                                                                                                                                                     

申込FAX番号 075-493-4012 (京都刺繡協同組合 村山)                                                                                         

受付期間 11月19日(月)まで ※定員になり次第、締め切らせて頂きます

●●お問合せ 075-493-4006 (京都刺繡協同組合 村山)

主催 (財)伝統的工芸品産業振興協会、京都刺繡協同組合                                                                共催 神戸ファッション美術館    

                                                       pisces                                                                                                                                                   

羊毛フェルトでオリジナルバッグをつくろう

日増しに秋が深まってまいりましたが、皆さまお元気ですかflair

昨日は、六甲アイランドで【RICエコアートカプセル2012】が開催されましたsunお天気にも恵まれ、さまざまなワークショップのブースがあり、とても盛り上がっていましたhappy01来年も楽しみですねnote

さてさて、当館での12月のワークショップの一つをご案内させていただきますbell

羊毛フェルトでオリジナルバッグをつくろうshine

日時:12月9日(日) 10:00~12:00(終了予定)

参加費:500円(材料費)

定員:10名(小学生[要保護者送迎])

締切:11月18日(日)

※応募者多数の場合は抽選をし、結果をお知らせします。

 内容:羊毛フェルトとスパンコール、ボタン等を使って、自分がデザインしたモチーフを作りエコバッグに貼り付けます。その後、布用デザインペンで、周りを仕上げます。思い描いた夢のバックを作ってみましょう。                           

講師:鈴庄ひい奈氏                                                                            1994年、中山冨美子手芸研究師範取得。その後、イギリスのアートエンブロイダリー、フェルトワーク等、ジャンルを超えてクラフトの技術を習得。ヨーロッパのリボン・ビーズ・レース・ボタン等を絵の様に施してスタンプワーク刺繍の作品を制作。「手作りの楽しさ、暖かさ」を伝えたいと東京、大阪、広島、神戸、京都のイベントで子供から大人までが楽しめる体験型手芸クラフト教室を開いている。

 

ご応募お待ちしておりますhappy02

お茶clover

●新着図書●

神戸ファッション美術館3Fライブラリーより新着書籍の紹介です。

デザインの本を中心に出しましたdiamond

◆British Design from 1948
Innovation in the Modern Age Edited by Christopher Breweard & Ghislaine Wood

請求番号:3623/BRI

◆The Book as Art
Artists’ Books from the National Museum of Women in the Arts

請求番号:3621/BOO

◆NEW LAYOUT LOOK BOOK
請求番号:3621/NEW
雑誌・エディトリアル・ポスターなど媒体別にみるレイアウトデザイン集

◆技術もすごい! 予算もクリア!特殊印刷加工グラフィック・コレクション
請求番号:3613/GIJ
特殊印刷加工を施し、かつコスト的にも予算をクリアして作られた作品を多数紹介

◆招待状のデザイン・コレクション
美しく洗練されたインビテーションのスタイルを世界から
  
請求番号:3616/SHO
結婚式、個展、開店、展示会、セレモニーなど、デザイン、素材、スタイルで紹介

◆Eat drink graphics  請求番号:3613/EAT

◆Branding First  請求番号:3613/BRA

◆FASHION GRAPHICS  請求番号:3613/FAS

◆ECO PACKAGING DESIGN  請求番号:3612/ECO
世界のエコ&スタイリッシュなパッケージ・コレクション

◆包む-日本の伝統パッケージ  請求番号:3612/TSU
目黒区美術館主催の展覧会「包む―日本の伝統パッケージ」展の図録

◆BIG BRAND THEORY  請求番号:3613/BIG

◆フードパッケージと食品アイテムのデザイン
パッケージ・プロダクト・ブランディング・インテリア・アート

請求番号:3612/FOO
「おいしい食べ物」と「クリエイティブなデザイン」が融合した作品集

◆心に届くなごみグラフィックス  請求番号:3613/KOK
あたたかみのある表現でターゲットの心に安心感・信頼感を届けるデザイン特集

◆VISUAL STORYTELLING:Inspiring a New Visual Language
請求番号:3617/VIS

◆JUAN GATTI PHOTO GRAPHICS  請求番号:3008/GAT

◆JUAN GATTI PHOTO GRAPHICS  請求番号:3617/GAT

◆Illustrators Unlimited
THE ESSENCE OF CONTEMPORARY ILLUSTRATION
請求番号:3618/ILL

◆BLACK/ NOIR/ ZWART  請求番号:3623/BLA

◆Red, Rouge, Rood  請求番号:3623/RED

◆IMPRINT  請求番号:3621/IMP

以上20冊です
こちらの書籍は全て閲覧室所定の場所に配架しています。
わからなければカウンタースタッフにお尋ねくださいeye

18日(木)から1F展示室では特別展示
「巨匠(マエストロ)フォルチュニィの夢 2012絹(シルク)見聞録」が開催中です。
展示室を見られたあとは3Fのライブラリーにも是非お越しくださいshine

maytaurus

  • 2012/10/21 |
  • 10:00 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

特別展 2012 絹(シルク)見聞録 開催!

すっかり秋も深まり、いよいよ食欲と芸術の季節の到来。
神戸ファッション美術館では巨匠(マエストロ)フォルチュニィの夢 2012絹(シルク)見聞録展が始まり、本日は第一回のギャラリートークも催されました。

20世紀初頭にベネチアで活躍したデザイナー、マリアノ・フォルチュニィ。魔術師のようにシルクの美しさを引き出すドレスを次々に創り出した彼の審美眼にかなう、東西の絹の衣装の共演です。もちろんフォルチュニィの代表的な作品も10点展示しています。

    

登場する衣装も、なんと古代から現代…! 絹を合言葉に、この場で意外な出会いをしています。

そして今回の特色は、この展示場のマップからもおわかりのように、織り方別の展示です。

絹の上品な光沢は共通していますが、織りによる個性は、作品の表面やシルエットに表れています。

また、ところどころには、生地の糸の断面の走査顕微鏡による4000倍の写真や、マイクロスコープによる生地の拡大写真も、作品とともに展示しています。 糸の浮き沈みや絡み、さらに糸の撚りまで見ることができます。

   

蚕が命をかけて吐いた糸で作った繭から糸を引きだし、それを大切に織って生地にし、その生地を使って縫製された衣装たち。歴史や地域の広がりとともに、その時代のデザイナーをはじめいろいろな職人さんたちの奮闘とすばらしい功績を、ぜひ会場でご鑑賞ください。

fujiH.O