follow me

白果のすすめ

 

秋の味覚のひとつ、銀杏。
神戸ファッション美術館の周りにあるイチョウの木にも、びっしりと実が付いています。

街中でよく見かける銀杏ですが、自分で採って食べる人は少ないのではないでしょうか?私も日々強烈な匂いを避けて、通り過ぎるのみです。
そもそもどんな方法で食べればいいのか知らないなと思っていたところ、
「銀杏は漢方にもなる」という記事をみつけました。
※ちなみにタイトルの「白果(はくか)」とは、銀杏の漢方(生薬)名です。

銀杏の殻を割り、中に火が通るまでから煎りし、
すり鉢で粉末にして小さじ1杯飲むと、頻尿やせき止めに効果があり、身体も強くなるそうです。なんとお子さんのおねしょにも効果があるそうです!
しかし、銀杏は食中毒の原因にもなりますので、食べすぎには注意して下さいね。

イチョウの黄葉にはまだ少し遠そうですが、アイランドセンター駅の周りの草花は見頃となっていますので、ぜひお散歩に足を運んでみて下さい。

ただし落ちた銀杏にはくれぐれもご注意をdanger

のぞみ