follow me

フェリシモ ハッピートイズ ワークショップ

フェリシモ ハッピートイズ ワークショップ in 神戸ファッション美術館のお知らせです。

フェリシモ ハッピートイズ ワークショップ

 

フェリシモ ハッピートイズ ワークショップ in 神戸ファッション美術館

 着られなくなった洋服やおうちにある布、毛糸などで愛情を込めて作ったぬいぐるみが、世界中のこどもたちへと贈られて、その先々で、ひまわりみたいな笑顔を咲かせていく。
「ハッピートイズプロジェクト」は、そんな素敵なことを引き起こす手づくりイベント。
神戸ファッション美術館では趣旨に賛同し、毎年お披露目展示会とワークショップを開催しています。今年のキャラクターの「やさしいコアラさん」を、いっしょに作りませんか?

http://www.feli.jp/toys/

月   日 11月30日(金)、12月8日(土)、12月14日(金)、12月22日(土)
時   間 各回13:00 ~ 17:00(参加時間は自由/要申込)
会   場 神戸ファッション美術館 1Fフリースペース
定   員 各回12 名(小学校高学年以上)
参 加 費 500 円(参加キット代:型紙、説明書等。材料は含まれません。)
申込方法 電話またはFAX・メールにて受付。お名前、電話番号、希望日、希望のキット(ぬいぐるみ・あみぐるみ)をお知らせください。(定員になり次第締め切りますが、空席がある場合のみ当日参加も可能です。)
持 ち 物 ぬいぐるみ
はぎれ(古着等のリサイクルもOK)ポリエステル綿約80g
裁縫道具(針、手縫い糸、はさみ、チャコペンまたは濃い鉛筆)
目用ボタン約1cm2個 手足ジョイント用ボタン約1.5cm4個

あみぐるみ
並太毛糸 A色(顔と手足) 約43g B色(ズボン)約43g C・D色(シャツ)各約13g
かぎ針7号(糸の太さは変更可 それに合う針をご使用ください) 
毛糸用とじ針 目用ボタン約1cm2個 ポリエステル綿約50g

 

TEL 078-858-0050  FAX 078-858-0058
e-mail workshop@fashionmuseum.or.jp
※材料は会場にも多少用意してあります。 お手持ちのない場合はご利用ください。

 

ハッピートイズお披露目展示会開催
11 月23 日(金・祝) ~ 12 月25 日(火)
神戸ファッション美術館1F ロビー(無料スペース)

 

神戸ファッション美術館

  • 2012/10/08 |
  • 15:30 |
  • お知らせ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

美意識は資源である

10月に入ってからは、秋らしく過ごしやすくなりましたが、天高くなどと、調子にのらないようにしないといけませんね。

さて、本日ご紹介する本は『日本のデザイン-美意識がつくる未来』(原 研哉著 2011年10月20日岩波書店)です。

本書の表紙カバー裏の文章は、次のようなものでした。
「まさしく歴史的な転換期に立つ日本。大震災を経てなおさら、経済・文化活動のあらゆる側面において根本的な変更をせまられているいま、この国に必要な『資源』とは何か?マネーではなく、誇りと充足への道筋を─。高度成長と爛熟経済のその後を見つめ続けてきた日本を代表するデザイナーが、未来への構想を提示する。」といった視点や価値観の転換に触れられています。

この中で、「デザインとはスタイリングではない。ものの形を計画的・意識的に作る行為は確かにデザインだが、それだけではない。デザインとは生みだすだけの思想ではなく、ものを介して暮らしや環境の本質を考える生活の思想でもある。したがって、作ると同様に、気付くということのなかにもデザインの本質がある。(pp43-44、 2 シンプルとエンプティ「柳宗理の薬缶」)」という記述がありました。

このような視点や価値観の転換の時期になっているのは、戦後60数年、経済的にもその他のものも大きな成果を得たからでもある。
本書は著者の事務所HPには次のように紹介されています。
「大きな曲がり角に立つ日本の産業ビジョンを、目に見えるかたちで提示し、具体的なアクションプログラムとして提案していくことが、他領域を横断して活動するデザインの役割である。雑誌「図書(岩波書店)」の連載をまとめた本書は、自分と原デザイン研究所の近未来の活動のロードマップでもある。」
是非一度、手にとってご覧になってはいかがでしょうか?

次回展『巨匠(マエストロ)フォルチュニィの夢 2012絹(シルク)見聞録』は、10月18日(木)から開催します。
みなさまのご来館、お待ちしております。

kiuri

『日本のデザイン-美意識がつくる未来』(原 研哉著 2011年10月20日岩波書店)
【目 次】
序―美意識は資源である
1 移動―デザインのプラットフォーム
2 シンプルとエンプティ―美意識の系譜
3 家―住の洗練
4 観光―文化の遺伝子
5 未来素材―「こと」のデザインとして
6 成長点―未来社会のデザイン

  • 2012/10/08 |
  • 14:08 |
  • ファッション
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!