follow me

★ファッション新着★

神戸ファッション美術館3階ライブラリーより新着図書の紹介をしますshine

今回はファッション関連の新着図書ですvirgo

●キッズファッション
・Kids Fashion Designers  請求番号:0603/KID
・Kids Fashion キッズファッション  請求番号:0603/KID

●アンダーウェア
・The Story of Men’s Underwear  請求番号:0702/STO
・Irresistible  請求番号:0703/IRR
・Lingerie  請求番号:0703/LIN
・Contemporary Lingerie Design  請求番号:0703/CON
・Second Skin  請求番号:0703/SEC
・Emilio Cavallini  請求番号:0704/EMI

特殊服
・Le Style Rene Lacoste  請求番号:0805/LAC
・Cycle Style  請求番号:0899/CYC

以上10冊です。


これらの書籍は閲覧室、レディスファッション雑誌棚の上に配架していますcute

少しずつ秋が近づいてきましたねmaple
読書の秋、芸術の秋を体感しに神戸ファッション美術館にぜひお越しくださいart

maytaurus

  • 2012/09/24 |
  • 10:00 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

『セレブの肖像』展、まもなく終了します!

ようやく猛暑も少しやわらぎ、朝晩は特に過ごしやすくなってきました。雲にも空の色にも秋の気配があらわれています。

さて、7月19日にはじまった『セレブの肖像-ケヴィン・ウエステンバーグの視線』展もいよいよあますところ一週間ちょっととなりました。2か月半もあると思っていた会期ですが、本当に早いものです。まだご覧になっていない方は、ぜひ六甲アイランドまで足をお運びください。

ちなみに現在、三宮の乙仲通りにある写真専門ギャラリーTANTOTEMPOでは、『Sound From The Back Stage』が開催中です。こちらの会期は10月7日まで。神戸ファッション美術館で展示されているセレブ(有名人)なミュージシャンたちの、美術館とはまた異なった肖像が観ていただくことができますし、当館では展示されていないセレブも登場していますので、当館の展覧会と併せてこちらもぜひ足をお運びください。

TANTOTEMPO『Sound From The Back Stage』

この二つの展覧会の撤収作業が近づく今週末には、ケヴィンさんご自身が再度来日されます。この機に乗じて、現在展覧会についてアンケートにお答えいただいた方々から抽選でプレゼントする予定の『セレブの肖像』のカタログに、ケヴィンさんにサインをしてもらおうと狙っています。いそがしい時間をぬってのことなので、うまくサインをしてもらえるか否かは定かではありませんが、なんとかがんばりたいと思います。

くれぐれもまだご覧になってない方、神戸ファッション美術館にお急ぎください。
心よりお待ちしております。

MOMO

ロココスタイルの手づくりウエディングドレス

 ローブ・ア・ラ・フランセーズは、18世紀にヨーロッパで流行した女性のドレス。当時のファッションリーダー、マリー・アントワネットが着用していた宮廷衣装として、多くの女性の憧れの的です。神戸ファッション美術館では当時の実物の所蔵品とともに復元したレプリカを展示し、解説付きの1/5パターンも販売しています。

今回はそのパターンを使ってご自身のウエディングドレスを作成された方をご紹介します。shine

 関東にお住まいのO夫妻。ご結婚の半年くらい前にパターンをご購入いただき、何度かメールでご経過を知らせてくださっていたので、完成のご報告をいただいたときはとても嬉しかったです。この夏ご来館くださり、お式のお写真も見せていただきました。許可をいただきましたので、ご披露させていただきます。

 大きく横に張り出した形のスカートと、背面にたたまれた深いボックスプリーツがこのドレスの特徴ですが、動くとこんなに優雅なシルエットを作りだすのですね。ご本人のフランセーズのお気に入りポイントは、可憐な二段重ねのフリルの袖口だそうです。

 とってもよくお似合いで素敵ですよね! ご報告、ありがとうございました。 どうぞいつまでも お幸せにheart04! 

お仕立てのポイントは
 パターンは収蔵品のサイズで作られているのでご自身の体型に合わせて補正が必要。特に背幅や丈など。ボディの形をつくるためにボーンを使用したり、胸元のラインも少し上げるなど工夫もされたようです。
 
生地は広幅の中肉のシルクを10m用意されたそうです。

 人生の中での大切な日の装いを自分の手で仕上げられたという経験は、とても素晴らしい思い出になります。 皆さんもぜひチャレンジしてみられてはいかがでしょうか。

 fuji H.O
                                                                                                   

mim news 木村のぞみ展『25th Anniversary Exhibition』

3Fミュージアムショップ、museum in museum にご参加いただいている

木村のぞみさんの個展のお知らせです。

 

木村のぞみ展

『25th Anniversary Exhibition』

2012年10月3日(水)―10月28日(日)

10:00-19:00(最終日17:00まで)

月・火休み/祝日営業

■関連イベント

カフェトーク

10月7日(日)18:00-

(参加費500円/ドリンク付)

木村のぞみHP http://thuileri.web.fc2.com/

会場:cafe&shop Y3

〒650-0003
神戸市中央区山本通3-19-8
神戸市立海外移住と文化の交流センター内

museum in museum

  • 2012/09/21 |
  • 11:00 |
  • ミュージアムショップ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

タイトル読み

突然ですが読書の秋ということで

私の家の本棚にある本でタイトルがかっこいいベスト3(ジャンル混合)

を発表しますcrown

  

◆赤瀬川原平『千利休 無言の前衛』

一人暮らしをはじめる時に実家から持ってきた愛読書です。

◆夏目漱石『それから』

お話の内容としては、『三四郎』の方が好きなのですが…

◆Th.W.アドルノ『不協和音―管理社会における音楽』

大学の授業のため購入。「この先読むことがなくても、本棚にあったらかっこいいでしょ」先生のおっしゃる通り今も当時のままの美しい姿です(すみません)

 

それぞれポイントは、

単語の絶妙な組合せ/音読したときの響き/なんかよくわからんけどすごそうな字面

かと思います。

 

snow番外 

 『「いき」の構造』 『ドグラ・マグラ』 『妄想銀行』 『まひるの月を追いかけて』

 このへんもいいですね。

あえて中身の紹介はやめておきます。

『沈黙』 『堕落論』 『陰翳礼讃』 『江戸芸術論』

ふむ…全部漢字だと大体かっこよく見える気もしてきました。

よろしければ音読してみてください。

もし気に入ったタイトルがあれば、手にとってみてはいかがでしょうかbookshine

  

そういえば次回展も漢字ですね、「絹見聞録」

あっでも「絹」の読みはわざと「シルク」になるのでちょっと特殊ですね。

上にタイトルを挙げた本も展覧会も

おや気になるぞ…と思って頂けたらうれしいですsnail

めP

  • 2012/09/20 |
  • 11:00 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!