follow me

タイトル読み

突然ですが読書の秋ということで

私の家の本棚にある本でタイトルがかっこいいベスト3(ジャンル混合)

を発表しますcrown

  

◆赤瀬川原平『千利休 無言の前衛』

一人暮らしをはじめる時に実家から持ってきた愛読書です。

◆夏目漱石『それから』

お話の内容としては、『三四郎』の方が好きなのですが…

◆Th.W.アドルノ『不協和音―管理社会における音楽』

大学の授業のため購入。「この先読むことがなくても、本棚にあったらかっこいいでしょ」先生のおっしゃる通り今も当時のままの美しい姿です(すみません)

 

それぞれポイントは、

単語の絶妙な組合せ/音読したときの響き/なんかよくわからんけどすごそうな字面

かと思います。

 

snow番外 

 『「いき」の構造』 『ドグラ・マグラ』 『妄想銀行』 『まひるの月を追いかけて』

 このへんもいいですね。

あえて中身の紹介はやめておきます。

『沈黙』 『堕落論』 『陰翳礼讃』 『江戸芸術論』

ふむ…全部漢字だと大体かっこよく見える気もしてきました。

よろしければ音読してみてください。

もし気に入ったタイトルがあれば、手にとってみてはいかがでしょうかbookshine

  

そういえば次回展も漢字ですね、「絹見聞録」

あっでも「絹」の読みはわざと「シルク」になるのでちょっと特殊ですね。

上にタイトルを挙げた本も展覧会も

おや気になるぞ…と思って頂けたらうれしいですsnail

めP

  • 2012/09/20 |
  • 11:00 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!