follow me

写真関連資料

みなさま こんにちは

只今、神戸ファッション美術館1階展示室では、セレブの肖像 ―ケヴィン・ウエステンバーグの視線が好評開催中です。写真展にお越しの際には、ぜひ3階ライブラリーへもお立ち寄りいただき、さまざまな写真の世界をご覧になってみてはいかがでしょうか。ライブラリーでは、写真に関する書籍・雑誌・視聴覚資料を数多く所蔵しております。


雑誌棚(写真ジャンル)

雑誌のバックナンバー所蔵年代などの情報は、カウンターのリストでご覧いただけます。


書籍棚(両側の棚すべて写真関連の書籍です)

背表紙のラベルにある請求記号 3001~3107 が、写真関連の書籍です。
それぞれの番号の件名は以下のとおりです。ご参考になさってくださいね。

3001 写真辞典
3002 写真史
3003 写真論
3004 写真作品集 ヨーロッパ篇
3005 写真作品集 アメリカ篇
3006 写真作品集 その他諸国・世界篇
3007 写真作品集 日本篇
3008 モード
3009 人物 ヌード 肖像
3010 都市
3011 地方
3012 植物 動物
3013 静物 抽象
3014 報道
3015 その他写真作品集
3016 写真全集 シリーズ
3017 撮影方法 カメラ 機器
3099 その他写真関連

館内設置の検索機、またはこちらから、所蔵資料を検索していただけます。

「件名」欄に、大きく絞り込みたい場合は「写真」を、細かく絞りたい場合は上記の件名を入力していただきますと、本がより探しやすくなります。

また、資料区分を「全資料」「書籍」「雑誌」「視聴覚資料」の中から絞ったうえで検索も可能です。

ぜひ、ご活用ください。

  • 2012/07/26 |
  • 10:00 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

観賞ツアーが始まりました!

夏休みの幕開けとともに、ファッション美術館ではさまざまなワークショップが始まりました。

その中のひとつ、観賞ツアー「ファッション美術館へようこそ!」が、23日の月曜日に開催されました。今回は、夏といえば、海水浴!に、プール!というわけで『水着のおはなし』をしました。

昔の人たちは、どんな水着を着て、夏を楽しんでいたのでしょうか?実物を見ながら、外国の水着と、その頃の洋服の歴史をお話ししました。

1890年代以降の水着と洋服には、今の私たちが身に着けているものと比べて、いろいろな変化が見られます。肌を見せること(露出すること)への考え方や形状の変化、素材の進化・・・。一緒に観賞しながら発見したことについて、参加の方々と言葉を交わしながら展示室をめぐりました。

展示室には、衣装や水着だけでなく、水辺のファッション写真やファッションプレート、水泳帽、海辺で映える小物なども並んでいます。季節モノということもあって、いつもはなかなか登場しない作品も紹介しています。

観賞の後は、今日の発見や感想を布や紙に書いて(描いて)留めつけました。

針を手にして、アイデアの湧き出てくる参加の方々の様子には、スタッフも楽しい気持ちを分けてもらいました。

この観賞ツアーは、8月31日までの毎月曜日と毎金曜日の午後2時から行っています(8/13月と8/17金はお休みです)。

次回は、7月27日(金)  「色のおはなし」です。                                                                                                                        私たちの身のまわりには 、数えきれないほどたくさんの「色」があります。 色に注目しながら、展示室の作品を見てみましょう。 絵の具を使って、ちょっとした実験にも挑戦します。どんなすてきな色が見つかるかな。。 

次々回は、7月30日(月) 「織物のおはなし」 です。                                                                                                                                                          毎日着ている衣服の多くが織物といえます。 そこで、織物はどのようにできているのか、体験談をまじえながらお話しします。そして、みんなでカラフルなコースターを織りましょう。

その後のおはなしのテーマは、こちらで紹介しています!

お子さんから大人の皆さんまで、月曜日と金曜日の昼下がり、美術館で展示作品を見ながらワクワクと発見のひとときを共に過ごしませんか。

傘立て

お肌を直撃する紫外線が気になる季節になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうかsun

そんな紫外線を防止する為の日傘を差す方をよく見かけますsprinkle
愛用者に尋ねたところ、紫外線も防止できる上に、影になるから涼しいそうです。
 私もついに今夏、日傘デビューをしてみようか検討中です。

 さて、そんな日差しの防止に大活躍の日傘ですが、神戸ファッション美術館にご来館いただいた際は、正面入り口手前の傘置場に保管してご入館下さいdanger
写真の左側にあるのが傘立てです↓

神戸ファッション美術館で展示されている作品は、お客様に間近で鑑賞していただけるようガラスケースに入っていない作品が少なくありませんflair
またお隣の神戸ゆかりの美術館でも、ガラスケースに入っていない絵画を多く展示されていますflair
そのような事情もあり、傘などで知らないうちに作品を傷つけてしまわないよう、お持ち込みをご遠慮いただいております。
もちろん雨傘もよろしくお願い致しますrain

 この傘たちですが、入館される時は雨でもお帰りの時にお天気が回復した場合、お忘れになって帰られる方もいらっしゃいますsweat01

 神戸ファッション美術館では、このような落し物や忘れ物を月の下旬頃に六甲アイランド交番経由で東灘警察署に届け出ておりますbuilding
もし、傘を別の日に取りに来られた方で、傘立てに残っていなかった場合は、東灘警察署(HP→コチラ)に問い合わせをしてみて下さい。
また、傘立てのカギを持って帰ってしまわれた場合は、お手数ですがご郵送いただければ幸いです。

 

神戸ファッション美術館では、先週から特別展示「セレブの肖像―ケヴィン・ウエステンバーグの視線―」展が始まっておりますcamera
常設展示も一部、夏らしく昔の水着コーナーなど変わっておりますt-shirt

神戸市のクールスポットにも指定されている神戸ファッション美術館、涼しく快適に作品を楽しんでみてはいかがでしょうかshine

aries

ケヴィン・ウエステンバーグ写真集を販売中

7月19日(木)より開催中の特別展示「セレブの肖像―ケヴィン・ウエステンバーグの視線―」展の写真集を販売中です。

ケヴィン・ウエステンバーグ写真集 ¥2,000

本展の作品を収録した写真に加え、 9月8日(土)よりGallery TANTO TEMPOにて同時開催予定の「Kevin Westenberg Photo Exhibition “Sounds From The Back Stage”」の作品も収録されており、見ごたえたっぷりの内容になっています。


※数量に限りがございます。

 

神戸ファッション美術館

神戸空港その18。

先月末に神戸空港の展示替えに行ってきました。今回は、夏ということでマリン・コレクションから、籐製のバッグを3点と子供用の麦わら帽子1点を持っていきました。いつものことながら、ギリギリに準備したので、どんなふうに展示するかは、現地に行ってから決めます。できるだけ美しく、前を通りがかった人が足を止めてくれるよう、毎回、時間をかけて展示しています。今回は、展示しやすいアイテムだったので、事前に仕込みなどもせず、小物だけを持って行ったのですが、展示台に置いてみるとなんだかバランスが微妙です…。4つの小物の大きさがほとんど同じだったため、単調に見えてしまうのです。たった4つの小物を2つの展示台にのせるだけ…なのですが、納得のいくバランスになりません。Oさんと悩みに悩んでいるところに空港の方が入れ替わり、入ってこられます。(展示の仕込み場所は空港の販売物のストック置き場を兼ねています。)そのたびに「すみません。」を繰り返し、なんとか一番いいと思えるところに配置して終了。

あまりに時間がかかったため、今回の空港レポはなしということで…。次回は秋頃に入れ替える予定です。神戸空港から旅立ちされる方は、ぜひご覧になってくださいね。

福。