follow me

『セレブの肖像』 もう一つの楽しみ方

7月19日より、『セレブの肖像-ケヴィン・ウエステンバーグの視線』展が始まりました。
会場には、ミュージシャンを中心に国内外のセレブリティ(有名人)の写真67点が展示されています。
B.B.キングやロッド・スチュワート、ザ・ローリング・ストーンズ、デヴィッド・ボウイ、スティング、U2などの大御所たちから、マドンナ、ボン・ジョヴィ、ニルヴァーナのカート・コバーン、コールドプレイ、エミネム、ビョーク、レディオヘッド、ザ・ホワイト・ストライプスまで、色とりどりのオーラを放つセレブ達の肖像が、空間に散りばめられています。
会場内には、神戸在住のアートユニットGoDFaMilyのアンビエントなサウンドが流れていて、色とリズムに満ちたウエステンバーグの作品世界を際立たせています。

この空間そのものを、存分に楽しんでいただきたいのですが、ご自身のお気に入りの一曲をご持参していただいて、ヘッドフォンで聴きながらそのアーティストの写真の前に立って鑑賞するというのも、この展覧会のもう一つの鑑賞方法かと思います。
たとえば、神々しささえ感じさせるエマ・シャプランの写真の前では『Fifth Heaven』、どことなくスペーシーなコールドプレイの写真の前では映画『宇宙兄弟』でもお馴染みの『Every Teardrop Is A Waterfall』などなど。
皆さん、それぞれにお気に入りの曲を携えて、思い思いに『セレブの肖像』展を楽しんでください。

MOMO

  • 2012/07/31 |
  • 10:00 |
  • ファッション
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!