follow me

西田眞人氏 記念講演会 夏のワークショップ 

みなさん、こんにちは。

夏休みに入り美術館も週末はさまざまなイベントが開催されています。

特に今年は夏の節電対策として、

神戸私立の多くの文化・レジャー施設がクールスポット対象施設になっています。

みなさんも暑いお昼間の避暑に美術博物館をご利用くださいね。

さて、美術館の先週末の催しは、

神戸ファッション美術館では28日にハッピートイズワークショップ、

神戸ゆかりの美術館では「輝く街、染まる街 西田眞人が描いた神戸風景」

の関連企画として、親子対象のワークショップ、ゆかり親子ミュージアムと、

日本画家 西田眞人氏による記念講演会が二日連続で開催されました。

まず、28日(土)は20名の親子参加者が

岩絵具を使って絵手紙づくりに挑戦しました。

好きな神戸の絵を見つけてスケッチ。

次は、下絵をトレーシングペーパーを重ねてなぞり、

はがきに転写します。

ものすごく真剣な表情ですねflair

続いては、楽しい彩色です。

水干絵具と岩絵具の質感の違いを味わいながら色をつけました。

ここでもみなさん集中して描いていました。

最後にはとっても素敵な絵手紙をつくってくださいましたよ。

続いて翌日は、日本画家 西田眞人氏を講師にお迎えしての講演会。

12時から入場整理券を配布しましたが、あっという間に定員に達し、

用意した追加席分も埋まり、結果123名のお客様にご参加いただきました。

西田先生からは、作品に込めた作者の思いを

1時間以上かけてお話していただきました。

神戸生まれ神戸育ちの西田先生のお話は

神戸にお住いの方にとって共感する点も多い様子で

頷きながら聞き入るお客様の姿が印象的でした。

ご参加いただいた方からは、

「先生のお人柄とひたむきな制作姿勢に感動した」

という感想をたくさんお寄せいただきました。

こうしたワークショップや講演会をとおして、

より美術に対して身近に感じ、親しみをもって作品鑑賞を

楽しんでいただけたらと思います。

美術館の夏休みイベントはまだまだ続きます、

ホームページでチェックしてみてくださいね。

http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/yukarimuseum/index.html

re*eco