follow me

観賞ツアーが始まりました!

夏休みの幕開けとともに、ファッション美術館ではさまざまなワークショップが始まりました。

その中のひとつ、観賞ツアー「ファッション美術館へようこそ!」が、23日の月曜日に開催されました。今回は、夏といえば、海水浴!に、プール!というわけで『水着のおはなし』をしました。

昔の人たちは、どんな水着を着て、夏を楽しんでいたのでしょうか?実物を見ながら、外国の水着と、その頃の洋服の歴史をお話ししました。

1890年代以降の水着と洋服には、今の私たちが身に着けているものと比べて、いろいろな変化が見られます。肌を見せること(露出すること)への考え方や形状の変化、素材の進化・・・。一緒に観賞しながら発見したことについて、参加の方々と言葉を交わしながら展示室をめぐりました。

展示室には、衣装や水着だけでなく、水辺のファッション写真やファッションプレート、水泳帽、海辺で映える小物なども並んでいます。季節モノということもあって、いつもはなかなか登場しない作品も紹介しています。

観賞の後は、今日の発見や感想を布や紙に書いて(描いて)留めつけました。

針を手にして、アイデアの湧き出てくる参加の方々の様子には、スタッフも楽しい気持ちを分けてもらいました。

この観賞ツアーは、8月31日までの毎月曜日と毎金曜日の午後2時から行っています(8/13月と8/17金はお休みです)。

次回は、7月27日(金)  「色のおはなし」です。                                                                                                                        私たちの身のまわりには 、数えきれないほどたくさんの「色」があります。 色に注目しながら、展示室の作品を見てみましょう。 絵の具を使って、ちょっとした実験にも挑戦します。どんなすてきな色が見つかるかな。。 

次々回は、7月30日(月) 「織物のおはなし」 です。                                                                                                                                                          毎日着ている衣服の多くが織物といえます。 そこで、織物はどのようにできているのか、体験談をまじえながらお話しします。そして、みんなでカラフルなコースターを織りましょう。

その後のおはなしのテーマは、こちらで紹介しています!

お子さんから大人の皆さんまで、月曜日と金曜日の昼下がり、美術館で展示作品を見ながらワクワクと発見のひとときを共に過ごしませんか。